忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5128] [5127] [5126] [5125] [5124] [5123] [5122] [5121] [5120] [5119] [5118]

「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター」 5→5

 もう何が何やらよく分からなくなっている落ちこぼれ視聴者ですが、それでも最終回は無闇に盛り上がってしまうあたりが罪作りな作品だな、って思います。

 ぶっちゃけ、キャラが増えすぎていて私のような熱心じゃないファンは誰がどれで何が何なのか、把握しきれていません。前クールで別なアイドルアニメラッシュがあったこと、そして少なからずキャストが被ってることなんかも災いし、どれがスターリッシュやら、どれがヘブンズやら。そして、これだけキャラが増えてしまうとまともな1クールアニメで処理することが出来ないってんで、苦肉の策で打ち出したシナリオ展開がスターリッシュを中心にしたコラボ企画という斜め上の解決法。毎回1人のメンバーが選出されて他のチームの人間とぶつかっていくという構成は、1人1人のキャラに思い入れがある純正のファンには嬉しいサービスだったのかもしれないが、ピンと来ないレベルの視聴者からすると「個人の話よりグループでのライブの方が……」と思ってしまう内容である。各キャラのカラーを出していく必要があるために各々のエピソードはかなり温度差というか、テイスト差が広がっており、1本のアニメなのになんだか斜め上の次元が展開したり、しなかったり。まぁ、斜め上なのはいつものことなのでむしろ持ち味として正解なのだろうが……。

 そんなわけで、これまでのシリーズに比べると正直中盤は中だるみしていた感。「流石についていくのもしんどいかな」と思っていたのだが、終盤になって話をまとめ始めると相変わらずの無茶苦茶さと、全力で振り切った超作画で逃げ切ろうとするんだからずるいといえばずるい。杉田が突然暴れ始める展開とか、どう考えても無茶苦茶だし、シナリオとしてもおかしいはずなのだが、力業で「まぁ、そうなればそうするしかないんだろうな(この世界では)」みたいな謎説得力が嫌になる。私は一体何を見せられているというのだ……。

 ま、まぁ、長きに渡ったうたプリの悪夢というか、淫夢もようやく一区切り……と思いきや、まだ続く可能性があるとな?! もう、スターリッシュはどこまで羽ばたくつもりなんだよ。このまま、一時期のエグザイルみたいに「日本の男性声優の5割がうたプリです」みたいになりそうで怖いぞ。終わらないコンテンツ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター