忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5133] [5132] [5131] [5130] [5129] [5128] [5127] [5126] [5125] [5124] [5123]

Lostorage incited WIXOSS」 5→4

 テメェ、最後にあきらっきーを持ってくれば全部許されると思ったら大間違いだからな。いや、正直ちょっと笑ってしまったけど。僅かな登場の隙を逃さずにきっちりラスト提クレバックを奪っていくあきらっきー大先輩、流石やで……。

 しかし、こうして前作の遺産を食いつぶしてネタにしていたことからも分かる通り、正直、駄目な作品である。期待していたものが何一つ出てこず、シナリオに全く心躍るものがなかった。これは、WIXOSSの皮を被った何か別のアニメだ。いや、前作だってWIXOSSの皮を被った何かだったけど、そういう意味でなくて。

 前作は「カードゲームの販促アニメのはずなのに一切ゲームの内容が分からないし関係無い」という斜め上の投げっぱなしから、純粋に女の子たちの愛憎劇を描くという、岡田麿里ここに極まれりという作品だったのだが、今作はそうして「ゲームと一切関係無い」部分と、前作で受けた「何となくひどい仕打ち」の部分だけを踏襲し、さらに全く関係無い次元に足を踏み入れている。その結果残ってしまったのは、行き当たりばったりの思いつき脚本だ。前作では繭というルールがおり、彼女が産みだした世界の理の中で物語が進んだため、理不尽ながらも得心のいく物語が展開されたが、今作は前作の「繭」に当たる存在がおらず、本当に「何となくひどいゲーム」としてのWIXOSSがあるだけ。適当に作ったルールも細部がガバガバで、ラストバトルなんて「それやっていいのかよ」のオンパレード。最低限のコンセンサスが無い状態でバトルアニメなんて楽しく観られるわけがないのである。

 じゃぁ、前作で最大の売りとなった「女の子の友情物語」部分はどうかというと、これも毎週の感想で少しずつ興が削がれていく過程が見えると思うが、相当駄目な部類に入る。一番のキモであるすず子と千夏の関係性があまりにも雑で、ラス前で和解する展開など、傍から見ている分には「なんでそんなんで今まで揉めてたんや!」とキレられても文句を言えないレベル。ラスボス里見も(キャラは面白いが)目的意識が低くて「適当に拵えた悪役」感が拭い切れず、本当にこの世界は「前作は血も涙もないひどい部分が受けたんやろ」みたいな感覚で作られていることが透けて見えてしまうのだ。そのくせ、清衣やらなんやら、微妙に前作の要素を引っ張り出してくるところがむしろ腹の立つところで、あれだけの完成度を誇った「selector」シリーズをないがしろにされているようで気分が悪い。いや、あきらっきーや伊緒奈さんがモデル活動で一花咲かせていることが分かったのは嬉しくはありますがね。もう、こんな茶番はどうでもいいので、「らきらき♡あきらっきー」みたいな新番組を始めてくれればそれでいいんですよ。結局カーニバルの正体は何の意味も無かったよなぁ……。もし2期目があるなら、もう少し統制の取れた状態で、1期キャラとの絡みを大事にしてほしいです。

 一応、良かった点を多少でもフォローしておくと、中村悠一劇場としては最高でした。中村、ここからWIXOSSも始めてじゃぶじゃぶ課金するんじゃあるまいな。そして結局何も無かったけどカーニバル役のアスミスも普段は聞けない声だから非常に魅力的だった。そうだよなぁ。気付いたら阿澄さんも3×歳だもんなぁ。悪役の1つや2つ、回ってくるキャリアだよなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
25 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
バーコード
ブログ内検索
カウンター