忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5131] [5130] [5129] [5128] [5127] [5126] [5125] [5124] [5123] [5122] [5121]

「文豪ストレイドッグス(第2期)」 5→5

 なんか、小難しい理屈はいらないタイプの作品だった。最終的に文豪要素は欠片も残らず、ド派手な能力バトルものだけが残るっていう。まぁ、それで良かったんでしょうね。

 設定の妙味なんてものはほとんど無く、気付けば作家先生の名前、作品の名前だけを借りてきて、後は大味な異能力をぶつけるバトルアニメ。能力の強弱設定なんかも非常に大雑把で、2期目となる今回はラスボス軍団も揃い踏みしたおかげでインフレMAXで強さが突き抜ける。植物を操る能力と怪物を作り出す能力のどっちが強いかはよく分からないけど、闘って勝った方が正義、そこに理屈はいらないよ、というスタンス。まぁ、考えてみれば「聖闘士星矢」だってそういうジャンルなわけだし、古式ゆかしい少年漫画としては非常に正しい措置なのである。

 王道バトルものとして見てしまえば、やはり五十嵐監督×ボンズの組み合わせは圧倒的に強い。映像は毎回説得力のあるものになっていたし、ギャグとの切り替えなどの演出上のめりはりも良好。最初のうちは「こんなもん文学もクソもないやんけ」と吐き捨てていた僕も、気付けば「まぁ、なんか盛り上がってるから別にええやろ」くらいの気持ちで。クライマックスはちゃんと中島&芥川のタッグ戦で見せてくれたり、ラブあり友情ありでまっとうな盛り上がりを見せている。また、2期はいきなり太宰のポートマフィア時代の話から始まってどうなるものかと思ったが、その後も乱歩の探偵ゲームの話とか色々と探偵社内の「見たい」お話をやってくれていたので、三つ巴の戦いになって多少わやくちゃになった後も視聴モチベーションはそこまで下がらなかったのはありがたい。変な作品ではあるが、アニメ化は成功したといえる部類ではなかろうか。個人的には国木田の活躍がもうちょい欲しかったところだが。最初はメイン級の扱いだったのに、どんどん扱いが軽くなっていっちゃったのは残念。

 中の人は豪華過ぎて正直誰がどう良かったとも覚えていないのだが、女性キャストだとあみっけが「わっち」って言ってるのが何故か(?)似合いすぎてて良かったですね。そういやあっちのアニメは続編ないんですかねぇ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター