忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5293] [5292] [5291] [5290] [5289] [5288] [5287] [5286] [5285] [5284] [5283]

「チェインクロニクル〜ヘクセイタスの閃〜」 4→4

 「チェイン黒に来る」は毎週楽しみでしたよ。ふざけた明夫がぬーさんを弄るだけのアニメ。

 いや、映像面で頑張ってたのは分かるよ。結構色んなモーションを試していたし、物語の荘厳さ、雄大さを見せつけるために劇場大作みたいな構図の取り方、アオリ方が多用され、「この世界の命運を分ける大きな大きな戦いの物語なんです!」って伝えたかったのはよく分かる。よく分かるんだけど……やっぱりゲームに興味がない人間からするとどうでもいい話なんだよなぁ……。

 試合の局面は大きく2つ。1つは、この世界を揺るがす軍勢と軍勢のぶつかり合い。様々な英雄たちが織りなす、策謀と友愛の物語。ど派手な戦闘も含め、軍記物としてスケールの大きさを見せつけたい部分。でもほら、ゲーム未プレイの人間はキャラがどんどん出てきても誰一人知らないから……。色んな種族の、色んな立場の、色んな世界観のキャラがあっちこっちから飛び出してくるんだけど、一人一人解説してる余裕も無いから何となく「大人物ですわー、国を統べてますわー」みたいな印象だけで物語が進んでいく。うーむ、それでは分からんよねぇ。無駄に意味ありげな対話とかされても、そもそもこの世界の成り立ちからして知らんしねぇ。調べればいいだけの話なんだけど、話の中心がどこにあるかが分からないうちは調べるモチベーションもあがらないし、おおよその中心人物が見えてきた時にはもう後半戦だったからどうでもよくなってるっていう。うーん、今ひとつ。

 そしてもう1つの重要な要素が、黒の軍勢がガンガン味方を引き抜いていくという、善悪の問題を扱った個人レベルでの戦い。ブルクハルトさんのぶっこ抜き、そしてユーリの翻心。普通のアニメなら、こうして正義の味方が闇落ちしてかつての味方とぶつかり合う展開なんてのはアツくて充分に話の根幹を成す要素になるはずなのだが、それだってやっぱりキャラのバックグラウンドが分からないと意味は無いんだ。光にあったことが分からなければ「闇堕ち」にはならない。主人公格のユーリですら、何となく「一度は世界の命運を託された男なんだ」と説明されているだけで、彼の人となりはむしろ1話目からガッタガタだったせいで「こいつ、ホンマにそんな強いやつなんか?」という疑問ばかりが先に出る。何しろCVが石田彰だし……まともな人生が歩めるとは思ってなかったし……。

 結局、予備知識無しで見てしまうと「設定の上澄み」部分であらましだけ伝えられているようで、今作ならではの見どころとして掴むことが出来なかったのが難点であった。だからこそ、何も考えずにただ「こいつら悪い奴なんやろ」という理解だけで足りる黒の軍勢サイドの方が見やすかったわけで。これ、ラストのおちゃらけコーナーを味方サイドでやってれば、もう少しヒーロー側にも感情移入しやすくなったんじゃないかねぇ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
バーコード
ブログ内検索
カウンター