忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5454] [5453] [5452] [5451] [5450] [5449] [5448] [5447] [5446] [5445] [5444]

「フレームアームズ・ガール」 5→6

 個人的に一番気になったのは次回予告とかに出てくる「アレ」です。調べて見たら「立川市公認なりそこねキャラクター」だったらしいのだが……なんじゃいそら。立川市って色んなアニメの舞台になってる謎の近未来都市のイメージがあるのだが、そうか、なり損ねたのか……。

 「けものフレンズ」の想定外のヒットにより、「ぎこちないCGのキャラアニメ」にも新たな可能性が確認される昨今、メカ+少女のギミックを携えた作品が新たな勝負に挑んだ。これまで幾度となく繰り返されてきたコンセプト。どちらの方向にも色目を使っていいとこ取りしようと思っても上手くいかないもので、今作の場合は最初からバトルがCGになっていたこともあり、「どうせキャラとしては可愛くならないだろう」という予断があった。まぁ、実際にCGデザインの方は別に可愛くはならなかったわけだが……その分、満を持して繰り出される手描きパートの破壊力が増すという謎の副次効果が発生。オープニング映像なんかが分かりやすいが、「轟雷ってこんなに美少女なのかよ!」という衝撃が、それだけで作品を立脚させる。

 そして、バトルものとは言ってもある程度の兵器ガチャガチャ戦闘を押さえておけば、あとの部分はお気楽日常作品。まさに「可愛らしいガールズたちの日常をお楽しみ頂くために、適度な戦闘を交えたアニメ」であった。そりゃな、古来より「ちっちゃい女の子的なやつ」には一定のニーズがあることは分かってるんだしな。舵取りを誤らず、萌えとギャグに特化したシナリオラインが形成されれば、CG部分の固さと気合いの入ったアニメーションのギャップでいちころですよ。バーゼ可愛いよバーゼ。

 あとはまぁ、やっぱりあおの活躍がでかいよなぁ。「ちっちゃい女の子的なやつ」をどんな主人公のところに送り込むかってのは難しいところで、一昔前に企画が立ち上がっていたら、間違いなくオタクな男の子のところに出荷されていたことだろう。しかし、そこは逆転の発想。今回の主人公はまさかの脳天気アホ女子高生(CV日笠)。元々兵器にもバトルにも興味がなかったあおが「金目当て」という凄まじく分かりやすい目的でFAガールズとの関係を深め、最終的には契約関係であり、主従関係であり、友人関係であり、一応百合的関係でもあるというナイスな構図を作り上げた。ストレートに下衆な思考が出来るあおの実も蓋もない行動原理も素敵だ。というか、日笠ボイスがとにかく素敵だ。今期は「ロクでなし魔術講師」で悪い日笠も楽しめて、実に良いシーズンだった。悪い日笠は良い日笠。アホな日笠は最高の日笠である。

 まぁ、ベテラン(?!)ばっかり褒めても申し訳ないので、残りのFAガールズの中の人たちもちゃんと認めないことにはね。視聴前には「やたら新人が多いししんどそう……」って思ってたのだが、ホント、最近は声優業界もどんどん先鋭化しており、デビュー直後の新人さんたちでも最低限のスキルを覚えてから表舞台に上がってくるから卒のない仕事ばかりである。まぁ、ここから一際目立つ「スター」なれるかどうかはまだ分からないが、各キャスト陣にとって、よい第一歩になったのではなかろうか。

 これ、サザエさんと同じでいくらでも話なんて作れるんだし、2期目は充分あり得るんじゃないかね。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
[07/12 seachicken]
[07/07 DRAKE]
[06/24 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター