忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5484] [5483] [5482] [5481] [5480] [5479] [5478] [5477] [5476] [5475] [5474]

「ソード・オラトリア」 4→4

 結局何がやりたいアニメだったんだろう……。ダンジョンに潜る意図がよく分からないアニメだった……。

 まぁ、例によって割と序盤から真剣に観ることを放棄してしまったのであんまり中身についてとやかく言う権利もないのだが、「ダンまち」に比べると物語を見るべき焦点がどうにも定まらない印象を受けた。一応中心人物がヴァレン某なのは間違いないのだが、全部が全部彼女の物語を語るためにあるというわけではない。どちらかというと、彼女に憧れ、時に畏敬の念を込めて恐る恐る見守るエルフ娘の方が視点人物である。ただ、そのエルフ娘が今作の主役であり、彼女の成長物語を描くためのアニメなのかというとそうでもなく、ちょっと油断して視点がずれると、彼女もあっという間にモブに堕ちてしまう。それならヴァレン某が所属するロキファミリア全部をまとめて描くファミリーなシナリオなのかというと、別に彼らの関係性をテーマの中心に据えている風でもない。もちろん、もっと油断すればベルやヘスティア様が登場するのもお約束だ。ただ、ベルたちが登場するから「ダンまち」のおまけストーリーになるのかと思いきや、割と描かれていた時間軸は重なっているので彼らについての新しい情報はほとんど増えないのである。

 「別なアニメで描いた時間軸を別な視点から見せる」というのは面白い試みなのだが、どこまで行ってもやっぱりあんまりヴァレン某の魅力が見えてこず、「何か怪しげな曰くがあるけどとにかく強い騎士」というぼんやりした印象は結局変わらなかった。やっぱり、彼女のキャラクター性はあんまり主人公には向いてなかった気がするんだよなぁ……。

 アニメーションとして技術的な面を見ても、取り立てて盛り上がる部分があるわけではない。今時、意志持たぬ怪物をダンジョンで狩っているだけでは面白味など無いに決まっているし、中盤以降のヴァレン某の謎と因縁を巡るバトルも、彼女の来歴がもやっとしたまま進むので善悪の判断がしにくく、ここでも視点が定まらない。シナリオの先が分からない状態ではなかなかモチベーションが上がらなかったのだが、逆にこれ、原作読んで知ってる状態だったらどうなってたんだろう。その場合でもあんまりこれをアニメで見たいとは思わなかった気がするのだが……。

 まぁ、多分世の中にはヴァレン某ファンも一定数いるってことなんだろうな。個人的には紐神様とかリリの活躍がもっと見たいです(ベルはいなくてもいいです)。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター