忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5480] [5479] [5478] [5477] [5476] [5475] [5474] [5473] [5472] [5471] [5470]

ID-0」 6→7

 毎週感想書いてたから改めて書くこと無いパターンのやつ。こうして毎週毎週馬鹿ことが楽しめるっていうだけで、幸せなんですよ。

 不満をあげるとしたら「この世界観の作品が1クールじゃぁ物足りない」ってことくらいでしょうか。いや、他に何をしたらいいのか分からないけども、せっかくたくさんのキャラの魅力を振りまいてくれたんだから、1話か2話くらいは遊びの話があってもよかったよね。まぁ、今作のキャラじゃ水着回も温泉回も出来やしないけども……。

 凄まじいのは、本当に毎回のように飽きずに「掘削」を続けただけということ。そりゃ毎回理由は違うかもしれないが、結局やることは火力をたたき込んでガンガン掘削、オリハルトを掘るところからスタートして、今度はそのオリハルトで消し飛ばし、最終的にオリハルトの中に入っていくという、掘削の、掘削による、掘削のためのアニメだったということ。こんだけ似たようなことだけを延々続けておいて、それが退屈にならずにむしろ尺が足りないとすら思わせるのは、純粋にシナリオラインが楽しかった証左である。かなり豪快なSF設定があったはずなのだが、あまりディティールにこだわるわけではなく、「何となく感じ取れや!」程度で設定をぶん投げ、「何となく気になる」だけで引っ張ってしまうのも、いかにもアニメ脚本らしいけれん味のある作り方である。今期は同じくSFの権化とも言える「正解するカド」があるが、そちらの「設定を語る」デザインとは好対照を成しているとも言えるのではなかろうか。

 「なんかわかんねぇけど楽しそう」というのは非常に大事な要素であり、「何か分かんないけど見たくなる」映像を作る必要があるということ。今作の場合、サンジゲンによる3D作画は谷口監督にとっても冒険の1つだったと思うが、見事に持ち味である「アニメ的なCG」を活かし、キャラの魅力を立ててくれていた。ちゃんとアリスやマヤが可愛く見えるのだから、この技術も随分安定してきたのではなかろうか。あとはまぁ、どんだけ脚本で魅力をサポート出来るかっていうのが重要だからね。マヤの不幸体質も、リックの軽口も、メカメカしいデザインと対比的に徹底的に人間臭く描かれているのが面白味。まぁ、根本的に村田蓮爾デザインってつるっとしたCG絵との相性がいいんだろうな。「LAST EXILE」が懐かしい。

 1クールという尺をわきまえたシンプルで勢い任せのシナリオラインと、それを彩るどこまでもふざけた演出面。やっぱりこの辺りの谷口演出の馬鹿らしさが好きなんだな、ということが再認識出来た作品。ここから入った人は是非とも「アクティヴレイド」も楽しもう。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
[07/12 seachicken]
[07/07 DRAKE]
[06/24 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター