忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5502] [5501] [5500] [5499] [5498] [5497] [5496] [5495] [5494] [5493] [5492]

「有頂天家族2」 6→7

 最終話の感想書いた時点で満足してしまい、最終感想を書くのをすっかり忘れていたことを今更思い出した。ま、毎週書いてたんだから今更書く必要も無いのだけども。

 今期もやっぱり面白かったよ有頂天。世界観が嫌というほどに完成しているのに、それが(少なくとも私にとっては)非常に身近な京都の景色の中にあるという、何ともパラレルなトリップ感が本当に見事な作品。キャラクターがあれだけアニメ的(漫画的)なのに、リアル基調の京都の景色と絶妙にマッチしていて、キャラと背景の合計値がしっかりと一本の作品になっている。何か大仰な見せ物があるわけではないはずなのに、ちょっとした台詞回し、ちょっとした間の取り方、ちょっとした構図の妙でググッと視線を集められる完成度は、やはりP.A.WORKSというスタジオの底力を感じさせるものだ。まぁ、好きなものだからずっと見ていたらもっと好きになっていくというループはあるのだろうけども。

 敢えて今期のシリーズに注文をつけるとするなら、1つには「コンテを誰が担当しているのかがはっきり分からなかった」という部分は不満。まぁ、毎回クレジットされていた演出の人がメインでディレクションを務めていたのだとは思うのだが、何故か1話目の監督の名前以外、毎回クレジットが「TeamP.A」になっていた。勝手に推察するに、仕事を効率的に回すためにコンテを数人チームで毎回受け持ち、それ故にメインのコンテ作業のクレジットというものを廃したのだと思われるが、せっかく常にように満足のいく出来になっていたのだから、形式だけでも誰に手になるものかは教えてほしかった。今後、P.A.作品はこういうクレジットが増えるのか、それとも今作は製作現場が大変だったために急ごしらえでこういう処理にしたのか。……まぁ「クラクエ」はちゃんとクレジットされているので、多分今作だけだとは思うのだが。

 あとはまぁ、今期は海星の出番が多く、可愛らしい狸の姿がたくさん拝めたのでそれだけで満足です。海星、玉瀾、穴掘り娘、そしてママンにおばあちゃん。なんで今作の女性陣はこんなにも魅力的なのでしょうね。男性陣も負けず劣らずで見せてくれてますけどね。今期一番の成長を見せた矢二郎は、今後下鴨家を支える上で、どういうポジションになるのだろう。案外、融通が利かずに四苦八苦する長男を一番助けてくれるのは次男になるのかもしれないな。呉一郎とも仲が良さそうだしね。

 確認すると、本作は原作時点でどうやら3部作の予定らしい。まだその3冊目は発表されていないようだが、もし発売されたならやはりアニメにしないわけにもいくまい。毛玉たちの騒がしい日常は、まだまだ終わらない。是非ともその姿、再び見せてほしいものである。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
[07/12 seachicken]
[07/07 DRAKE]
[06/24 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター