忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5637] [5636] [5635] [5634] [5633] [5632] [5631] [5630] [5629] [5628] [5627]

「最遊記 RELOAD BLAST」 4→5

 あのね、嫌いじゃないんだ。すごく、分かりやすく。

 結局、何が重要かっていうと「こんだけ濃いおっさんキャストたちが毎話毎話熟年夫婦みたいにして息のあった伝統劇を繰り出し続ける」というそのシチュエーションである。ぶっちゃけ、1クール見終わった現状でも三蔵御一行が何を目的に旅をしてるのかもよく分からん。今回やたら絡んできた上層部の思惑もわからないし、今回キーパーソンとなったナタクが悟空たちと結局どんな関係だったのかも正直理解してない。そこかしこで出てくる「なんか昔から知ってるみたいな敵キャラ」のことなんて分かるはずもないだろう。長期シリーズの途中も途中から見ているのだから、こうなるのが当然なのだ。

 でもね、別にいいんですよ。「こいつら仲良いなー」っていうことさえわかれば。そこは分かるでしょ。毎回夫婦漫才みたいな会話しかしてないんだから。わたしゃね、どこまで言っても「すれっからした関俊彦の声が聞ける」っていうだけで満足してしまう人間なんです。三蔵さん、駄目人間のくせに格好いいのずるいね。キャラのバランスも良くて、なるほどこれは人気が持続するのも分かる気がする。常に腹が減ってるだけだけど生い立ち複雑な悟空。常に女のケツ追いかけたいけどやっぱりこの先複雑そうな悟浄。常にダルそうだけどやっぱりどこか坊主らしい優しさに溢れてる三蔵。そしてそれら問題児の面倒ごとを全部おっかぶっているのに、自分もちゃんと問題児という八戒。彼らの目的がなんなのかは最後までわからなかったが、まぁ、仲良く喧嘩してるんだからそれでいいんじゃないでしょうか。周りの人たちもちゃんと空気読んでくれてるしね。最終話くらいになると、今期初めて見始めた俺でさえ「お尋ね者の三蔵一行だァ〜!」って妖怪軍団が出てくると「またかよwww」って思うようになった。マンネリズムの重要性な。

 本作は、そうして4人のキャラを立て、壊さなければ末長く付き合っていけるコンテンツなのだろう。別に映像面で特に力が入ってるなんてこともないのだが、決めポーズの三蔵が格好よければそれでいいのである。こういうコンテンツって、案外他に探そうとすると無いもんなんだよね。

 もう一回書いておきますが、関俊彦は本当に格好いいのです。それに今作では平田さんやら石田彰やら、おっさんマーベラスですよ。ぱっぴーもすげぇな、って思う(今期2度目)。さらにナタク役に幸田夏穂とか、今時のアニメじゃなかなか見られないイカした配役で攻めてくれるのも嬉しい。アニメ制作者の皆様、もっとこういう「だらだら続けられるご長寿コンテンツ」を大事にしていきましょうよ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター