忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5644] [5643] [5642] [5641] [5640] [5639] [5638] [5637] [5636] [5635] [5634]

「賭ケグルイ」 5→5

 予定通りの幕引きですかね。とりあえず想定の範囲内で収まったアニメでした。

 原作ファンなので是非とも良いアニメにしてほしいなー、と思っていたわけだが、これが世の常、どうしても1クールでの内容消化が義務付けられているせいで進行は駆け足になってしまい、「賭ケグルイ」の「グルイ」の部分の再現度はかなり高かったと思うのだが、「賭け」部分についてはそこまで手放しで褒められるようなものにはならなかった。やっぱり一番見たかった木渡戦あたりの展開がどうにも性急だったのは勿体無かったかなぁ、とは思う。でもまぁ、あんまりダラダラ引っ張っても退屈になる人は出てくるだろうし、今作ってあんまり「相手を出し抜こうとする頭脳フル回転なギャンブルバトル!」みたいな作品ではないので、夢子のエロいところやトチ狂ったところが見せられればそれでいいっていう判断なんだろう。そして、その判断はそこまで間違ったもんでもないのだ。

 注目すべきは、やはり最終話で挿入されたオリジナルエピソードだろう。あんな展開にして今後の夢子と会長の関係性に齟齬が出ないかと不安になるが、互いに肉薄してるように見せて、実は今回のお話だけだと大したコミュニケーション取ってないから多分問題ないんだろうな。より注目すべきは夢子と鈴井の関係性だろう。原作でもどんどん空気になっていってマズいと思われていた鈴井、アニメの展開だと本当に空気のまま終わってしまうことになるので(原作だと最近そこそこ盛り返してる)、アニメはラストに「鈴井が夢子の一番の理解者なんだよ」ということを伝えるためのエピソードが挟まれ、男の子が女の子のために頑張るという少年漫画(アニメ)の王道パターンを何とか維持することが出来た。(いつものことながら)偶然に左右されるだけの展開ではあったが、鈴井が夢子の教え(人生観?)をきちんと理解した上で、惚れた女と人生を共に歩むためにそれを貫き通すという構図はわかりやすくもアツくて良いお話であった。あと、そんな鈴井を見て盛り上がる伊月とうんざり顔のメアリ。メアリは自分の嫁を取られたんだからもっと怒ってもいいんだけど、メアリも実は鈴井に対して結構特別な感情を持ってるのよね。原作でも今後鈴井がどういうポジションに落ち着くのかは注目だ。

 映像部分では「グルイ」部分をしっかりやりきろうという意識が分かりやすかったのでその部分は大変良し。なかなか動画にすると難しい絵面なのだが、再現度は高かったのではなかろうか。あとはやっぱり「早見沙織を喘がせたり、罵詈雑言を吐かせたり、とんでもなくインモラルなキャラに仕上げる」というのが今作最大の目標といっても過言ではない。個人的には、夢子のトチ狂った台詞は狂っている中にももうちょっと冷静さが混じってると思っていたので、とにかく叫んじゃう方向性は微妙にそぐわなかったんだけど、まぁ、そういうディレクションもありかな。事前の勝手な妄想で能登麻美子バージョンも聴いてみたかったと思ってたんだけど、結果的にはそうじゃなくてよかったかもしれない。能登バージョンだと多分死人が出る(主に俺)。あと、キャストの中だと選管委員長役だった鵜殿麻由って子が割と気になった。いい具合に変な声レーダーに引っかかる発声である。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター