忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[6188] [6187] [6186] [6185] [6184] [6183] [6182] [6181] [6180] [6179] [6178]

「ヲタクに恋は難しい」 4→4

 とりあえず、見ているオタク連中はみんな感じたであろうことを先に書いておくと、「そのタイトルなら少しは難しそうなそぶり見せろよ」ですね。何が難しいだよ。単なるノロケ話を延々垂れ流される方の身にもなれってんだ。なんか、今期は「単なるノロケ話」アニメが結構あるんだけどね!!

 基本的には1話目で抱いた印象がプラスにもマイナスにも変化せずにただただ続いていくだけだった。多分、人気があるのだとしたらオタク(仮)どうしのちょっと斜に構えたような会話の言い回しとか、そういう部分が「ギャグ」として受け入れられているということなのだろうが……だからさ、こんな会話をリアルで憚らずにやってる連中がいたら怖気が走るんだって。気持ち悪いだろうよ。いやぁ、やっぱりこういう(すごく勝手な)引け目って歳をとったオタク野郎の勝手な自己嫌悪なのかなぁ。「オタクって人種は基本的に恥ずべきものであるから、世に明るみに出ぬよう、ひっそりと静かに生きていけよ」と思ってしまうのは古い考え方なのだろうか。最近はこんな連中が社会にあふれているということなのだろうか……社会に出てないからわからねぇや……。

 一応、見るべき点があるとしたら「オタクにもジャンルによる得手不得手があり、似たような言語でコミュニケーションしているように見えて、どこかで隔絶があるんだよ」っていう部分を描いたことかな。まぁ、今作の場合はディスコミュニケーションがジャンルの違いによるものなのか、単に人間的なコミュ障具合が原因なのかがよく分からんのだけどさ。周りにいる人間が過度にオタク的素養に疎かったりするのはフィクションだからしょうがないんだけど、せっかく「現代的オタク像」を掘り下げるなら、おそらく現時点で相当数存在しているであろう「ライト層」のことを切り取って見せるべきだった気はするんだよね。オタク的素養の重篤さによってどれくらい「恋は難しい」のかが対比的になるだろうし。いや、そこそこ昔から連載してる漫画に今更文句言ってもしょうがないのだが……。

 とりあえず、最大の難点としては「結局どこのオタク層をターゲットにして見せたいアニメなのかがよく分からなかった」ってことかな。少なくとも私はターゲット層ではなかった気がします。全体的にアニメとしての演出方向なんかは間違ってなかったと思うので、キャラの痛々しさに目をつむればそこまで不快なアニメではなくなったのが救いだったけど。おいちゃんが気弱な(男装)オタク少女役でおどおど喋ってるのが聞けたのは割とレアな機会だったので良かったんじゃないでしょうか。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/09 NONAME]
[10/09 NONAME]
[10/07 名無し]
バーコード
ブログ内検索
カウンター