忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。普段使ってるWordにほったらかしだったアプデかましたらフォントやスタイルがよくわからんようになった。
[6189] [6188] [6187] [6186] [6185] [6184] [6183] [6182] [6181] [6180] [6179]

「こみっくがーるず」 5→5

 かおす先生のあばばが聞けなくなるというのも、今期の寂しさの一つかもしれません。はっきりと「バ」の音を出して叫ぶ「あばば」。これはこれで癖になるものでした。

 思いの外楽しめる要素が増えた作品だったな、という印象。序盤は「どうにも設定が安易だし、あんまり『漫画家志望者たちが集まる寮』っていうオリジナル要素が活きる状態になってないなぁ」と前提条件についての疑問が多かったのだが、ベタな部分はベタなりに、きらら系漫画で出来る範囲でのドラマづくりは最低限のレベルが維持されていた。中心に位置するかおす先生のキャラが思いの外立っていたので周りの環境がコントロールしやすかったのかな(「なんであんな下手なのに編集がつくことになったんだろう」っていう部分は置いとくとして)。

 途中で「あ、これってひだまり荘なのでは?」って気づいてからビジョンが一気に見やすくなった気がする。基本的なモチベーションの部分でかおすちゃんと小夢の関係性がゆの&宮ちゃんにどっか似てるんだよね。時代性を鑑みてゆのっちがすごく卑屈な陰キャになっちゃった、くらいのニュアンスだろうか。そうしてみれば、「職業漫画家が揃ってる奇跡の女子高生寮だぜ」という変な設定も、「まぁ、美大目指してる専門学校生のアパートと同じくらいの気持ちで見てればいいんだろうな」と許容しやすくなったのである。あとは時折寮内ですずさんに遭遇するのを楽しみに待てばいいだけですよ(上田麗奈のイカレキャラ大好き)。

 あとはきららアニメなので要所での「かわいい!」が強調できるデザインが保持できれば需要は満たすことができる。丸っこい絵柄と柔らかい色彩のバランスは良くできていて、合間に挟まる百合的要素とかもクドくなり過ぎないので寝起きの脳にも、飲んだ後の疲れた胃にも、病後の弱った身体にも無理なく摂取できる。やっぱり、これだけ大量のアニメが押し寄せる昨今の供給過多の時代、誰がなんと言おうときらら系作品はこの路線を維持してくれることが望ましいです。「薄味」じゃなくて「優しい味」。

 かおす先生役の赤尾ひかるに今後の仕事が続くことを祈りつつ、今作も2期があればそれはそれで嬉しいと思いますよ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
5
13
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/18 Serra]
[07/17 名無し]
[07/11 Alessi]
[07/09 Serra]
[07/02 社畜ボトルネック先輩]
バーコード
ブログ内検索
カウンター