忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[6191] [6190] [6189] [6188] [6187] [6186] [6185] [6184] [6183] [6182] [6181]

「ヒナまつり」 6→6

 やっぱり面白かったッスね。原作漫画を途中で手放してしまったが、改めて1巻から買い戻したくなったわ。この手のシュールなギャグでショートじゃなく1クールのシリーズがちゃんと成立するってのは、実は結構難しいんだよね。

 原作の持っている独自の空気を殺すことなくアニメにできたというだけで、スタッフの頑張りはかなりのもの。ネタがよければ丁寧にアニメ化するだけで面白くなるんだろ、って見方もあるが、その「丁寧にアニメ化する」がなかなか難しいのよね。今作の場合、原作時点で絵柄も割と独特だし、ヒナの「ムカつく」と「かわいい」のギリギリの路線を攻めようと思えば、ほんのちょっとの失敗から台無しになる危険性もあったはずだ。最低限の作画リソースが確保されてこそ、その上に積み重ねられる部分がある。脚本部分、映像部分、そして音響部分と、全ての部門が噛み合った上での「丁寧なアニメ化」の実現であった。

 特に注目すべきポイントを挙げるとするなら、原作時点でそこまで印象がなかったアンズのハートフルパートがこんなに「いい話」としてちゃんと成立するとは思わなかった。普段が人の善意やらなんやらもめちゃくちゃにするひどい話が多いところに、いきなり「いい話」をぶち込んでも普通は「今更そんなこと言われても」っていう空気が優先されるはずなのだが、アニメの場合、漫画と違って週1でゆっくり流れる時間の経過が、なんだかアンズたちの更生エピソードとリアルタイムでリンクしているような不思議な感覚があり、少しずつ成長していくヘンテコ幼女たちの行く末を見守るだけでもドラマとしての満足感がある。いや、冷静になったら多分やっぱり「今更そんなこと言われても」なんだろうけどね。でも、瞳ちゃんに今更そんなこと言ったところで動じないだろうし、新田だってわかった上で慣れたからこそのっかってる部分がある。この世界を積み重ねたからこそ成立する、謎の「ヒナまつり」ワールドは他の作品では許されない、禁断のオリジナリティだったのかもしれない。

 中の人については、個人的に大注目は新田役の中島ヨシキ。作品の立役者である新田がこんなにも自然に成立したのは間違いなく彼の手腕であり、しかもエンディング歌唱の気合の入り方もよくわからないクオリティというおまけ付き。男性の若手声優は何かひとつ突出するとそこからの仕事が大きく変わったりするので、今後はよく見かける名前になる気がする。まぁ、プロフィールを調べるとすでに舞台やら外画やらと活躍しているみたいなので、もしかしたら今更の認識なのかもしれないけど。あとは中の人だと瞳&詩子ペアが強かったなぁ。本渡ちゃん、普段は「振り回す」方の役柄が多い気がするけど、こういうポジションでもカチンとハマるなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/09 NONAME]
[10/09 NONAME]
[10/07 名無し]
バーコード
ブログ内検索
カウンター