忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。普段使ってるWordにほったらかしだったアプデかましたらフォントやスタイルがよくわからんようになった。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

プレビュー、もうちょっとゆっくり、少しずつにしてほしい。

 

Baffling End 不可解な終焉 (1)(W) U

エンチャント

〜が戦場に出た時、対象の、対戦相手のコントロールする点数で見たマナコストが3以下のクリーチャーを追放する。

〜が戦場を離れた時、対象の対戦相手は3/3でトランプルを持つ、緑の恐竜・クリーチャー・トークンを1体生成する。

 いわゆるリング系除去だが、対象が制限された代わりにコストを低く抑えたバージョンなので元ネタは「絹包み(DTK)」ということになる。当時は2マナなら「未達への旅(ZEN)」の下位互換じゃねぇか、と思っていたものだが、今の感覚だと「まぁ、これでも充分強いな」という納得感がある。そして今回は名前の通りになんとも不可解な変更が加えられており、追放されたカードはもう二度と帰ってこない。代わりに、もしこれが除去されると相手のクリーチャーはそれなりのスペックの恐竜に生まれ変わる。何が起こったのかさっぱりわからないが、追放されたの「カーリ・セヴ」だろうが「タルモゴイフ」だろうが兵士トークンだろうが、とにかく来世は3/3。さて、これは強いと見るか弱いと見るか。でもまぁ、もともとこの手の除去って一度使ったらあんまり破壊までは考えてないんだよね。特に3マナ以下のカードしか追放されないこのデザインなら、相手もわざわざカード1枚使って取り返そうとはあんまり考えてなかったし。それなら、このカードってば2マナの確定除去。特に下の環境の場合は2マナ3マナでもこの恐竜より強いクリーチャーしかいないわけで、確定で追放して帰還があり得ないのは大きなプラスになる。ちょいちょい見かけるカードになるんじゃなかろうか。なお、追放したクリーチャーのコントローラーと恐竜を得るプレイヤーは同一である必要がないので、多人数戦だとさらに政治的な何かを楽しむことができる。今後発売される統率者デッキとかに収録されそうだな。

 

Bishop of Binding 束縛の司教 (3)(W) R

クリーチャー・吸血鬼、クレリック

1/1

〜が戦場に出た時、対象の、対戦相手のコントロールするクリーチャーを、〜が戦場を離れるまで追放する。

〜が攻撃するたび、対象の吸血鬼はターン終了時まで+X/+Xの修正を受ける。Xは、追放されたカードのパワーの値である。

 リング系除去が続く。こちらはクリーチャー版なので「放逐する僧侶(M14)」の亜種ということになるだろうか。コストは重いしサイズは小さいし、レアとしてはあまりいいところがないのだが、なんとかその矮小な体躯でも生き延びることに成功し、パンチできるようになれば存在感を発揮し始める。さすがに1/1で殴って生還するビジョンは見えないので、増強先はほとんどの場合は自分自身になるだろう。うまいこと相手のキーカード(つまり強いカード)を召し捕ることができていれば、もしかしたら5/5とかで殴れるかもしれない。さすがにリングに殴り殺される人生はごめんこうむりたいものである。除去の安定しないリミテッドならば相手の勘所を潰した上でのフィニッシャーになり得るが、さすがに構築レベルになるとちょっと厳しいか。いっそ開き直って0/3とかだったら可能性もあったのだろうけども。

 

Famished Paladin 飢えた聖騎士 (1)(W) U

クリーチャー・吸血鬼、騎士

3/3

〜はあなたのアンタップ・ステップにアンタップしない。

あなたがライフを得るたび、〜をアンタップする。

 随分わがままな吸血鬼。「ライフを得れば云々」という吸血鬼は過去にも何体かいたが、ここまで恒常的に要求してくるのは初めてだ。これで自身に絆魂でも付いていれば最強なのだが、そうもいかないのでなんとかこの怠け者を介護してやるサポーターが必要だ。吸血鬼戦術なら絆魂付きのトークンで一緒に殴ってやるとそれなりの効率だが、実はトークンを出す呪文ってのはそこまで軽量のものがあるわけではない。最序盤で殴れないとせっかくの2マナ3/3という個性が活かされない。となると、やはりなんとかして自身に絆魂をつけて自立心を養ってもらうほかはないのだが、今後の環境で何かフィットするカードが出てくるだろうか。「吸血鬼の印」をつければ事実上絆魂と警戒を同時に得られるようなものなのでデッキの主軸に据えられるようになるが……。まぁ、大体のクリーチャーは「印」はったら主軸になるわな。ちなみに、「光り輝く導師(SHM)」というクソマイナーなカードと組み合わせると、なんとわずか2枚での無限ライフコンボになる。統率者戦なんかでどうぞ(誰がやるんだ)。

 

Forerunner of the Legion 軍団の先陣 (2)(W) U

クリーチャー・吸血鬼、騎士

2/2

〜が戦場に出た時、あなたのライブラリから吸血鬼・カードを1枚探し、それを公開し、ライブラリを切り直してそのカードをトップにおいても良い。

他の吸血鬼があなたのコントロール下で戦場に出るたび、対象のクリーチャーはターン終了時まで+1/+1の修正を受ける。

 各種族に1体ずつ与えられた「Forerunner/先陣」のサイクル。共通仕様は、かつてローウィンでも各種族に与えられた「先触れ」サイクルと同じで、187で同族のカードをライブラリのトップに置くことができる。手札に入れるいわゆるチューター能力でないのは、「そう簡単にカードアドバンテージなんて取れると思うな」というWizardsからのメッセージである。そして、今回はさらにもう1つ、同族が戦場に出た時の187能力というおまけもつけられ、より種族シナジーを後押しするデザインになっている。ここまでやられれば、やっぱりデッキを固めてみようか、という気になるだろう。吸血鬼の彼は、仲間が駆けつけた時に好きなクリーチャーを+1できるサポーター。ちょっとした効果ではあるが、吸血鬼は数をたくさん出せる種族でもあるのでこの効果は馬鹿にできない。「女王の任命」で+2して突撃できるし、「血潮隊の聖騎士」の存在感もググッと増す。3ターン目これ、4ターン目「聖騎士」での4/4パンチが確定するのだからそれだけでも魅力的なシナジーと言える。吸血鬼は「聖域探求者」や「選定された助祭」など、キーとなるカードもわかりやすいので、必要に応じてそれらをサーチできる役割はデッキの安定性を大きく向上させてくれるだろう。

 

Paladin of Atonement 贖罪の聖騎士 (1)(W) R

クリーチャー・吸血鬼、騎士

1/1

あなたのアップキープの開始時に、あなたが直前のターンにライフを失っていたなら、〜の上に+1/+1カウンターを1つおく。

〜が死亡した時、あなたは〜のタフネスに等しい値のライフを得る。

 ライフゲインをチェックする吸血鬼はたくさんいるが、こちらはライフルーズをチェックするという、割とマニアックな吸血鬼。相手が安易なアタックでこちらのライフを削ってきたら、その分殴り返すぞ、というハムラビ法典なクリーチャーである。こいつがいると相手は1点2点のちょっとしたアタックをためらうようになり、そして普通は序盤の攻防ってのはそうした1点2点のちょっとしたアタックが続くものだ。そうしたアタックもどうせこいつが死んだ時にチャラになってしまうわけで、結果的には相手は振り上げた拳を収める。つまり、こいつは血気盛んな復讐者のふりをした平和の使者だったのである。まぁ、こっちは一方的に殴りに行くんだけどね。より堪能したい場合は自分でダメージを食らうギミックを仕込み、相手ターンの最初にもカウンターをのせられるようにしておくと倍々ゲームでの成長が楽しめる。下の環境でダメランとか置いとくと面白い仕事ができるかもしれない。

 

Skymarcher Aspirant 空渡りの野心家 (W) U

クリーチャー・吸血鬼、兵士

2/1 昇殿

【承認条件】〜は飛行を持つ。

 コモンの昇殿持ち。吸血鬼は数を増やしやすいので昇殿向きの種族ではあるが、さすがに1マナのヒッターに対してはあんまり条件クリアを頼むべきではないだろう。というか、達成してる時点でこの程度のクリーチャーが飛ぼうが飛ぶまいがあんまり関係ない状態になっているはずだ。とりあえず(かつてはレアクラスだったはずの)1マナパワー2をクリアしているのだし、余計なことを考えずにビートビートでいいんじゃなかろうか。

 

Slaughter the Strong (1)(W)(W) R

ソーサリー

各プレイヤーは、自分のコントロールする任意の数のクリーチャーを、パワーの合計が4以下になるように選ぶ。その後、選ばれなかった全てのクリーチャーを生贄に捧げる。

 一応「このセットのラスゴ」のコーナーでいいんだろうか。たまにラスゴに混じって出てくる「不完全全体除去」の新作である。過去には1体だけクリーチャーが残っちゃう「神聖なる報い(ISD)」なんてカードもあったが、これは残すクリーチャーをパワーという基準でふるいにかけたもの。パワー5以上のクリーチャーしかいなければ問答無用で全滅するし、でかいのを1体残そうとすると、ちっちゃいのをいっぱい残した相手に対しては苦労する可能性もある。また、極端な話、パワー0ならばいくらでも残せるので、ハイパー壁デッキを作れば一方的なラスゴになる可能性もあるかもしれない、かもしれない。まぁ、どっちにしろ全体除去ってのはクリーチャーが嫌いで嫌いでたまらないコントロールスキーが使うのが普通なので、こうして抜け穴が用意されていると使いづらい場合の方が多いのだが。3マナという軽さが役に立つかどうか。とりあえず、確定でハゾレトさんには対処できるようになったので、赤対策としての意味はあるかもしれない。

 

Sphinx’s Decree スフィンクスの命令 (1)(W) R

ソーサリー

各対戦相手は、そのプレイヤーの次のターンにインスタントやソーサリー呪文を唱えられない。

 突如現れたアゾールさんによる命令。とんでもない話であるが、詳細はアゾールさん本人の項目に譲るとして、こちらはスペル単体での評価をしておこう。この手の「相手の呪文を禁止する」カードといえば何と言っても「オアリムの詠唱(PLS)」だろう。その後継機である「沈黙(M14)」もあるが、個人的にはやっぱりセプターチャントの印象が強い。過去の先輩たちは1マナでそのターンの相手の呪文全てを禁止する効果があった。それに比べて、こちらは2マナだし、クリーチャーやPWは唱えられるし、なんだか穴だらけである。なんでこれが2マナになっているのかはよくわからないのだが、「事前のターンに予約できる」ってことに意味があるんだろうか。でもなぁ、相手がアップキープで動く場合を除けば、普通に「沈黙」でいいんだよなぁ。アゾールさん、何しに出てきたのかよくわからねぇな。

 

Temple Altisaur 神殿アルティサウルス (4)(W) R

クリーチャー・恐竜

3/4

いずれかの発生源があなたのコントロールする他の恐竜にダメージを与える場合、1点を除いてそれを全て軽減する。

 実にえげつない軽減方法でダメージをシャットアウトしてしまう守護恐竜。「血清スリヴァー(FUT)」や「圧倒する防衛者(ONS)」のように「1点を軽減する」ならわかるのだが、「1点だけにする」ってのはちょっとやりすぎ。ご丁寧に1点を残すのは、当然激昂持ちの恐竜を刺激するためである。恐竜のタフネスなんてもんは普通は馬鹿でかいわけで、これが守っている状態で普通の戦闘行為や火力をぶつけるのは愚の極み。つまり、恐竜は事実上の破壊不能みたいなもの。何それ勝てない。もちろん抜け道は用意されており、こいつ自身はそうした防壁の外にいる。まずはこの恐竜を落としてから、他の恐竜を叩けばいい。叩けばいいのだが……マストで破壊しなきゃいけないクリーチャーのタフネスが4というのはなかなか……。なお、2体並べると互いにかばい合うことになるので確定でジュラシックパークの模様。

 

Vicious Cagejaw (3)(W)(W) M

クリーチャー・恐竜

5/5

激昂 - 対象の、対戦相手のコントロールするクリーチャーを、〜が戦場を離れるまで追放する。

 今回は白にやたらとリング系の除去が豊富だが、その極北というべき神話の存在がこちらの恐竜。何しろ生きている間ならなんぼでも追放可能。激昂クリーチャーならだいたいそうかもしれないが、チクチク1点のダメージを与えるギミックなんかがあると相手陣営を焼け野原にすることが可能だ。素のステータスも5マナ5/5なら申し分なく、いっそ3点火力くらいなら相手クリーチャーを除去するためにこいつに打ち込んじゃうという選択肢まである。ただ、激昂の利点である「死なば諸共で相打ち取りながら何かをする」という挙動が一切できないため、相手はこいつが攻撃してきたらしっかり殺しきるブロックさえできれば能力を気にする必要もない。そう考えると、これだけ図体がでかいのに戦場に送り出すのになかなか勇気がいるという変なファッティでもある。格闘できるギミックを多めに用意しておくといいのかも。

 


拍手

PR

 

Daring Buccaneer 勇敢な海賊 (R) U

クリーチャー・人間、海賊

2/2

〜を唱えるための追加コストとして、あなたの手札から海賊・カードを1枚公開するか(2)を支払う。

 種族シナジーを考えるとき、やはり参考になるのはローウィンのカード。「イクサラン」の時点ではそこまで強くシナジーを推し過ぎないように調整していたらしいのでローウィンへのリスペクトは控えめだったが、今回は「銀エラの達人」の再録に始まり、この「手札チラ見せ」カードが再録(?)されることで一気にローウィン時代に近づいた感がある。こちらのカードは赤なので同じコスト軽減ギミックを持った「炎族の刃振り(LRW)」の焼き直し……ではあるが、めでたくボディが2/1ではなく2/2になったので、どっちかっていうと「ゴールドメドウの重鎮(LRW)」の焼き直し。地味に追加コストが3から2になっているので、素出しでもギリギリ許せるくらいの設定になっているのは時代の流れだろう。1ターン目から2/2が出せるかどうか、というのはアグロが成立するかどうかの分水嶺。このカードは一気にその流れを前に押し出せるカードであり、これと「帆綱走り」で赤の1マナ2/2海賊は(一応)2種類。もう少し頭数が揃えば海賊だけでもビートが組める陣営になってきた。「凶兆艦隊の船長」あたりが構築にのし上がってくる可能性は……まだ無理かなぁ。余計なこと考えずにラムナプ系で詰めた方が速そうだもんなぁ。

 

Dire Fleet Daredevil (凶兆艦隊の向こう見ず) (1)(R) R

クリーチャー・人間、海賊

2/1 先制攻撃

〜が千ジウに出た時、対象の、対戦相手の墓地にあるインスタントかソーサリー・カードを追放する。あなたはこのターンにそれを唱えてもよく、そのために好きな色のマナであるかのようにマナを支払ってよい。そのカードがこのターンに墓地に置かれるなら、代わりにそれを追放する。

 いわば反転した「瞬唱の魔道士(ISD)」。色が「衝動的ドロー」の赤に回されたのでさすがに瞬速はなくなってしまったが、その分先制攻撃がついたので戦闘性能が向上している。そして、フラッシュバックするのは自分のカードじゃなくて相手のカード。この辺りのひねりもしっかり赤の「混沌」っぷりを表しているのが面白い。相手次第のカードなので、瞬唱のように真面目に考えて構築を狙うカードではないが、アドバンテージが得られる(かもしれない)のは紛れも無い事実であり、さらに素のボディが割と魅力的。海賊デッキならば187能力なんか無視してさっさと2ターン目に送り出してしまって問題ないだろう。この戦闘能力を活かしながら、3ターン目、4ターン目あたりで大きく動けるのはむしろ下の環境だろう。序盤に使われた「コジレックの審問(ROE)」や「血清の幻視(5DN)」なんかを再利用してやる動きはコストを考えれば充分な動きだ。ついでに相手の瞬唱やタルモ対策にもなる(墓地のカードが減らせる)のも見逃せない。変なカードだが、その実力はシュートだ。

 

Etali, Primal Strom 原初の嵐、エターリ (4)(R)(R) R

伝説のクリーチャー・エルダー、恐竜

6/6

〜が攻撃するたび、各プレイヤーのライブラリのトップを追放する。その後、あなたはそれらの中から好きな数の土地でないカードを、マナコストを支払うことなく唱えてもよい。

 これ、名前は「カードを得たり」とかかってますね。嘘ですけどね。ライブラリをめくってそのターンだけ使える「衝動的ドロー」は最近の赤の流行だが、殴ってめくって即座に使えるギミックといえば印象深いのは「悟った達人、ナーセット(KTK)」さんだろう。めくる枚数の多さと安定した戦闘性能のおかげで、特に統率者戦なんかでは無双の強さを誇るナイスなおばちゃんだった。今回の恐竜は残念ながらそんな戦闘での安定感も卓絶しためくり能力も持ち合わせてはいないが、それでも6/6ボディと「相手のライブラリがめくれる」という利点でなんとかカバーしていきたい。まぁ、相手のをめくる時点で運ゲー以外の何物でもないんだけど。普通の試合でも自他合わせて2枚はめくれるので、土地以外のカードも(多分そこそこ)めくれる。1枚でも唱えられればなんとなく満足できそうだし、うまいことコンバットトリックや除去なんかがめくれれば、相手陣営をさばききっておかわりも狙えるかもしれない。こういうクリーチャーは実利を追っては駄目。夢をね、夢を買うんだよ(宝くじを買うときの顔で)。

 

Fanatical Firebrand (狂信の扇動者) (R) C

クリーチャー・ゴブリン、海賊

1/1 速攻

(T)、〜を生贄に捧げる:〜は対象のクリーチャーかプレイヤーに1点のダメージを与える。

 さらっと登場したが、なんだこれ? これってコモン? 過去の様々なクリーチャーの上位互換記録をガガッと塗り替えている気がするんだが……。とりあえず「怒り狂うゴブリン(M10)」の上位互換は確定です。1/1速攻の時点で一昔前の赤だったら満足していたところだが、なんとそこに「モグの狂信者(10E)」ばりの値千金の火力を搭載。一応タップ能力になったのでちょっとした制限はあるが、速攻を持っているので召喚酔いは無視できる。アタック後に起動できなくなるという部分さえ気をつければ、これって速攻持ちのモグファナなのである。たかが1点、されど1点。本体にも飛ばせるので無駄になるタイミングはなかろうし、除去に使ってよし、自軍恐竜の激昂に使ってよし、引くだけ引いとけば相手はげんなりするナイスゴブリンだ。元タフネスが1の探検クリーチャーは出た直後に焼けるということも忘れずに。やったぞ! やったぞ! やっ

 

Forerunner of the Empire (帝国の先陣) (3)(R) U

クリーチャー・人間、兵士

1/3

〜が戦場に出た時、あなたのライブラリから恐竜・カードを1枚探し、それを公開し、ライブラリを切り直してそのカードのトップにおいても良い。

恐竜があなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたは〜が各クリーチャーに1点のダメージを与えることを選んでも良い。

 先陣サイクルの恐竜版はサイクルの中ではやや重い。「恐竜はどうせ重いからちょっと遅れて出てきてもいいだろ」というのが1つで、もう1つの理由は与えられた能力が割とやばいから。繰り返し使える「微震(8ED)」能力って、アンコレベルで収録されるのは久しぶりな気がする。これにより、次のターンに必ず登場する恐竜が吸血鬼やマーフォークのトークンをなぎ払い、さらに自軍に恐竜がいればその激昂能力もついでに誘発。弱者の時代が終わり、恐竜の時代が始まったことを告げる。まさに先陣のお仕事である。自身のタフネスが3なので恐竜を3体連続で出すと巻き込まれて死亡する(任意)が、普通はそこまでやらずとも勝てる試合になるだろう。激昂持ちの恐竜は、出た時に誘発なので確実にそのカード自体の激昂が1回は起動できるってのがでかい。これでトップに「怒り狂う長剣歯」をセットするときの高揚感。

 

Pirate’s Pullage 海賊の略奪 (3)(R) U

ソーサリー

〜を唱えるための追加コストとして、手札を1枚捨てる。

カードを2枚引き、【宝物トークン】を2個生成する。

 略奪っていってるわりには支払ってるのが自分のリソースっていうのが優しいな。「苦しめる声」が2マナも重くなってしまったが、その分宝物トークンが2つもボーナスとして追加された。さすがにここまで大きなキャッシュバックがあるなら4マナも致し方ない。「苦しめる声」は最序盤に土地不足、土地過多を緩和するありがたいバランサーとして重要な役割を果たすが、この呪文を使う場合、次のターンに6マナに到達できることが確定しているわけで、捨てるカードの選択もある程度自由に選ぶことができるようになっているだろう。軽めのカードを捨て、6、7マナへのステップアップを滞りなく行える。また、確実にパーマネントが2つ増える呪文でもあるので昇殿狙いの場合も無視できない。宝物を貯めればオラーズカに到達できる……入園料がかかるってことなんですかね?

 

Rekindling Phoenix 再燃するフェニックス (2)(R)(R) M

クリーチャー・フェニックス

4/3 飛行

〜が死亡した時、「あなたのアップキープの開始時に、このクリーチャーを生贄に捧げ、対象のあなたの墓地にある『再燃するフェニックス』という名前のカードを戦場に戻す。それはターン終了時まで速攻を得る」という能力を持つ、0/1で赤のエレメンタル・クリーチャー・トークンを1体生成する。

 事前にこれ専用のエレメンタルトークンだけが発表されていたため、大体の能力は判明していた今回のフェニックス。生き返るためのギミックは判明していたので、あとはサイズの部分だけ、という状態だったわけだが、それなりに説得力のあるサイズで出てきたので一安心の神話枠である。これまでのフェニックスとは違い、確実に1ターンのラグが開く上にトークンを除去される可能性も高く、復活の確度が大きく下がってしまったのは残念だが、その分全自動での復活であるというのはオリジナルの強み。一切のリソースを消費せずに蘇り続ける4/3フライヤー(速攻)なんて悪夢以外の何物でもないだろう。除去するに際しては「本体を叩ける呪文」と「トークンを殺す用意」の2つを同時に揃えねばならず、いざやってみるとかなり大変なことはわかるはずだ。これ、素の状態でも速攻を持ってればもうちょっとトークンの文字数減らせたし綺麗なデザインだったと思うんだが、さすがにこれに速攻があると強すぎたんやろなぁ。

 

Steelclad Ferocidons (5)(R)(R) R

クリーチャー・恐竜

8/5

激昂 - 各対戦相手はパーマネントを1つ生贄に捧げる。

 ダイナミック激昂を持つレア恐竜。やってることは「ファイレクシアの抹消者(NPH)」と似たようなものなわけで、放っておいたら大変なことになるのは間違いない。まぁ、7マナのカードは大体放っといたら大変なことになるに決まってるけど。こいつが出てしまえば、あとは手持ちの格闘呪文、火力、あらゆるトリックをこいつに注いでしまって構わないのだが、7マナのクリーチャーを出した時点でどれくらい選択肢が残っているかは定かでない。まぁ、タフネス8は無視するわけにもいかないので、殴れば相手は確実にブロックしてくれるだろう。2体以上のクリーチャーと相打ちになり、そのついでにパーマネント1個をサクってもらう……。なんか「風雲艦隊の放火魔」と大して変わらんな。やっぱり自軍でなんとかダメージを与えるギミックを用意してからお迎えしたいなぁ。

 

Tilonalli’s Summoner ティロナーリの召喚師 (1)(R) R

クリーチャー・人間、シャーマン

1/1 昇殿

〜が攻撃するたび、あなたは(X)(R)を支払っても良い。そうしたなら、1/1で赤のエレメンタル・クリーチャー・トークンをX体、タップした攻撃状態で生成する。それらを次の終了ステップの開始時に追放する。【承認条件】代わりに、それらのトークンを追放しない。

 圧倒的自己完結を誇る自慢の召喚士。何がすごいって、こいつが殴ってトークンを出した瞬間に昇殿は半自動で達成されるようになるので、おそらく環境最強の昇殿請負人になれるという部分だ。1/1で殴って生存できる確率などほぼゼロに等しいわけで、殴るってことは死出の旅。それなりのトークンを吐き出す準備ができた時。仮にこいつと土地6枚だけの状況でも、殴ってトークン5体で昇殿クリア。その時点でもうトークンの永続が決定し、我が子の活躍を見届けたこいつ自身は高々とサムズアップしながら溶鉱炉に沈んでいくのである。まぁ、一回こっきりトークンをばら撒くだけならそこまで恐ろしいという存在でもないのだが、この昇殿請負業務があるからこそのレアである。引けた際には昇殿絡みのカードに加点してもいいだろう。

 

Cherished Hatchling (1)(G) U

クリーチャー・恐竜

2/1

〜が死亡した時、あなたはこのターン、恐竜呪文を瞬速を持つかのように唱えてもよく、あなたが恐竜呪文を唱えるたび、それらは「このクリーチャーが戦場に出た時、あなたはこれが他の対象のクリーチャーと格闘することを選んでも良い」を持つ。

 これまた面倒なテキストを持つクリーチャーだな……。えぇと、こいつの死を皮切りにして、そのターンの間、仲間の死を悼む義憤に駆られた恐竜が好きなだけ手札から溢れ出す。怒っているので、そいつらは出た瞬間に好きな相手に殴りかかることが可能、というギミック。まぁ、コストを踏み倒すわけでもないので一気に出せる量なんてたかがしれているだろうが、それでも相手からすれば何が出てくるかもわからず、無駄に格闘でクリーチャーを屠られるかもしれない。そう考えると、相手がマナを立てている間はかなり除去しにくいクリーチャーだ。むしろ序盤の攻防の方が一方的に強い恐竜を出される可能性が低いので、殺せるなら早いうちにさっさと処分しておくべきだろう。出てくる恐竜が激昂持ちだとマーベラスなので、うまいこと荒ぶる猛竜のポーズを演出してみたい。時には自分でサクっておいて勝手に義憤に駆られてインスタントブロッカーを出す、なんて鬼畜プレイもありかもしれない。

 

Deeproot Elite 深根の精鋭 (1)(G) R

クリーチャー・マーフォーク、戦士

1/1

他のマーフォークがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、対象の、あなたのコントロールするマーフォークに+1/+1カウンターを1つおく。

 カウンター大好き、マーフォーク軍団のカウンターライフをさらに力強く支えていくリーダー的存在。マーフォークが出れば好きなマーフォークを増強。シンプルながらも存分に強い能力で、まずは自分自身をある程度育てておき、火力圏外に脱出したと思ったら今度は一番ダメージが通りやすそうな仲間を育てていけばいい。簡単。あとはどれだけ同族で固められるかの勝負。これまでのマーフォークは「集めたところでサイズの細さはどうしようもない」という難点があったが、こいつさえいればそんなお悩みも簡単解決。「蔦形成師の神秘家」あたりと絡んだ時のカウンター乱舞は見もの。

 

Forerunner of the Heralds (伝令の先陣) (3)(G) U

クリーチャー・マーフォーク、スカウト

3/2

〜が戦場に出た時、あなたのライブラリからマーフォーク・カードを1枚探し、それを公開し、ライブラリを切り直してそのカードをトップにおいても良い。

他のマーフォークがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、〜の上に+1/+1カウンターを1つおく。

 先陣サイクルのトリを飾るのは緑のマーフォーク。マーフォークは「イクサラン」の時点ですでに固め打ちが重要な種族だったが、今後はさらにそんな部族シナジーの重要性が増すことになるだろうか。ただ、他のサイクルに比べてやや重たいのと、その割に追加能力がなんか地味なのは気になるところ。いや、強いんだけどね。確実に次のターンに4/3で殴れるので実は素のステータスがかなり優秀な肉要員なんだけどね。ただ、それってマーフォークに求められてる役職なのかどうかがよくわからない。多分サーチしてくるのも「翡翠の守護者」とか「蔦形成師の神秘家」とかのカウンター乗せるタイプのやつだから、それで5/4で殴れってことなんだろうなぁ。もしくは「嵐を変容させる者」からの無限マーフォークチェイン。何マナかかるかは知らん。

 

Jadelight Ranger 翡翠光のレインジャー (1)(G)(G) R

クリーチャー・マーフォーク、スカウト

2/1

〜が戦場に出た時探検を行い、その後再び探検を行う。

 シンプル、然るにミラクル。こんなに短くてわかりやすい文章でもレアになってしまうものか、と驚きの1枚。でもまぁ、それもそのはず。最初の探検で土地でないカードがめくれれば確定で3マナ4/3だし、土地が2枚めくれれば3マナ2/1だけど2ドロー。その間のどっちに転んでも損はしない。やはり探検は強いのだ。まぁ、地味なんだけどね。ここから緑に行くことを決めていいのかとか、マーフォーク固めるにしても別にシナジー関係ないな、とか。普段から「野茂み歩き」と仲良くしておくといいことがあるかもしれない。

 

Path to Discovery 発見の道 (3)(G) R

エンチャント

クリーチャーがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、それらは探検を行う。

 ただでさえ強いと噂の探検能力をあらゆるクリーチャーに片っ端からつけてしまおうという、探検ファンのための探検エンチャント。探検ってのはある程度不確定要素を含む「博打」の能力でもあるのでこれだけで随分ワクワクしてしまうが、実際に得られる恩恵はどんなもんだろうか。不確定が毎回起こるんだからさらに不確定度合いは増すわけだが、結果は「クリーチャーを出すたびに1ドロー」か「クリーチャーを出すたびに、それが1サイズ大きくなって占術1」のどちらか。特に注目すべきは占術効果の方で、極端な話、これでクリーチャーでない呪文を全て弾いてしまえば、このカードの恩恵を受けるカードばかりをドローし続けることも夢ではない。不確定の効果とはいえ、積み重なればそれは間違いなくアドバンテージ。少しのサイズ、少しの手札の差で、相手を引き離して行くことは不可能ではないだろう。当然、意味があるとすれば4マナでこのカードを設置した後にもまだクリーチャーを展開することが許されるデッキ。つまり多少は重めのデッキ。結局この手の「ある程度重い上に出しただけでは何もしないカード」は最終的に使えないことが多いが、この子はどうでしょう。さすがに構築は望むべくもなさそうなのでリミテッドでの活躍に期待がかかるが……「聖なるメサ(TSB)」とか「彼方より(BFZ)」みたいに恒常的にクリーチャーを出し続けられるカードと組み合わせると何か面白いこともできそうだが……。

 

Polyraptor 万猛竜 (6)(G)(G) M

クリーチャー・恐竜

5/5

激昂 - 〜のコピーであるトークンを1体生成する。

 やりすぎコピーの子。緑は時たまこうした無体なコピーを生み出し続けるギミックが導入されることがあり、個人的には「荒れ野の本質(ISD)」の訳の分からなさが好きだった。最近だと「蔓延するもの(EMN)」なんて訳の分からないのもいましたね。今回は激昂能力により5/5がコピー。まぁ、面倒臭いことを考えずとも、一度出して対処されなきゃ勝てるだろう。8マナだし。神話だし、それくらいやってもいいよ。8マナ5/5って考えるとむしろしょぼいくらいだしな。リミテッドで出されたら相手を指差して爆笑してからデッキを片付けるといいと思う(試合はマナーを守って行いましょう。ペナルティを受けても当方は一切責任を持ちません)。今回登場した恐竜チューターの「帝国の先陣」とのシナジーが面白くて、あちらは恐竜が出るたびに1点飛ばせる。つまり、これを出した時に誘発させるとまずコピーが1体。そのコピーでさらに1点とび、コピーとオリジナルにダメージが入ってコピー2体追加。その2体で1点が2回とび、コピー3体とオリジナルに2回ダメージでコピー8体追加(この時点で先陣が死ぬ)。合計12体の5/5が一瞬で生み出される(周りのクリーチャーには4ダメージ入ってる)。リミテッドで実現したら芸術点も含めて優勝。

 

Swift Warden 俊敏な番人 (1)(G)(G) U

クリーチャー・マーフォーク、戦士

3/3 瞬速

〜が戦場に出た時、対象のあなたのコントロールするマーフォークはターン終了時まで呪禁を得る。

 稀によくいる、インスタントで呪禁をつけてくれるから事実上のカウンターになる系クリーチャー。一応過去の歴史を振り返ると「粘体マンタ(DIS)」あたりがパイオニアなんだろうか(当時はまだ被覆)。最近だとほぼ同じ効果を持つ「虚空を継ぐもの(OGW)」がリミテッドを中心にやんわり活躍。これらの先輩方に共通しているのは青と緑の多色ギミックという部分で、制限付きとはいえ、緑単色でこのギミックが実現したのはなかなかやりよる。というかもう、3マナ3/3瞬速の時点で充分すぎるくらいやりよる。マーフォークは「マーフォークが戦場に出た時」というトリガーも割とあるし、カウンターを構えながら相手エンドに3/3だけでも充分強い。相手の除去を弾きながらの参戦までなら言うことなし。難点を挙げるなら、他の部分だけでまとまりすぎてるからもういっそマーフォークデッキじゃなくても割と引けちゃうことくらい。

 

Thunderherd Migration (1)(G) U

ソーサリー

〜を唱えるための追加コストとして、手札から恐竜カードを1枚公開するか、(1)を支払う。

あなたのライブラリから基本土地・カードを1枚探し、それをタップ状態で戦場に出す。その後、あなたのライブラリを切り直す。

 制限付きの「不屈の自然(M12)」。ここ最近の流れを見ると、さすがにもう「不屈の自然」が2マナでスタンダード環境に収録されることはないんだろうな、ということを確認させてくれる1枚。「残された廃墟(OGW)」の時も全く同じことを思ったけどね。制限付きな上にアンコで頑張ってランパン。そういう時代なのである。しかし、こちらのカードは割と頑張って元祖に迫ろうという気概があり、追加コストは恐竜の公開のみ。もともとヘヴィーコストの恐竜を出すためにマナ加速がやりたいデッキならばこの程度のリスクは問題ないだろうし(手札に恐竜がいないなら慌てて加速しなくていいってことだ)、最近なら普通に3マナから5マナへのステップアップでもそこまで酷いってもんでもないだろう。色が2色に収まらないナヤ恐竜になりそうなら積極的に取りに行っていい1枚だし、今の環境ならスタンでの採用も充分考えられるんじゃなかろうか。

 


拍手

 

○新キーワード能力

昇殿(Ascend

「あなたが10個以上のパーマネントをコントロールしているなら、あなたは残りのゲームの間、都市の承認を得る」

 もう一回だけ確認しておこう。日本語名は「昇殿」になった。意味は「殿中に立ち入ること」とあり、今回のイクサランの場合は、黄金都市オラーズカへたどり着くことができた状態を示している。一度オラーズカに「プレイヤーが」たどり着けば、そこに関係する数々の魔力は力を増すということだ。

 細かいルールを確認すると、パーマネントとその他の呪文では若干振る舞いが異なる。呪文の方がシンプルで、解決時にパーマネントの数を数え、10を超えていれば承認がもらえる。昇殿持ちの呪文は(多分)必ず承認の有無で効果が変化するように作られており、解決時には上からテキストを見ていくので、承認を得てから効果を解決することになる。一方、パーマネントは戦場にあり続けるので、常在能力として常にパーマネントの数をチェックする。そして、いずれかのタイミングでパーマネント数が10を超えた瞬間に、承認を即座に獲得できる。この効果はスタックを用いないため、例えば「10個目のパーマネントが戦場に出た後で、誘発に対応してパーマネントを減らす」などといった対策はできない(10個目のパーマネントが出るのに対応することは可能)。そして、一度手に入れた承認は、そのマッチの間はずっと残り続ける。もしかしたら「対象のプレイヤーの承認を失わせる」みたいな呪文もあるかと思ったが、公式が「無い」と明言しているため、承認がOFFからONにはなるが、ONからOFFになるという事態は発生しない。

 

 なお、当ブログでは「あなたが都市の承認を持っている限り」という条件文を文字数削減のために【承認条件】と記載する。

 


拍手

 「相克」の公式プレビューは年明けから開始です。ただ、現状で既に出回っている情報もあり、新しい情報とそれらがごっちゃになっちゃうとかえって面倒かもしれないので、先に現状の(だいぶ前に出てしまっていた)情報分だけは年内に上げておこうと思います。すぐに正式な情報が出ると分かっていて断片だけを語るのも妙な話だが……多分年明け一発目は情報量が多いだろうから、その前に負荷を軽くしておきたいのよね。

 

 

○新キーワード

Ascend(上昇)

 この能力は、以下の効果を持つ。「あなたが10個以上のパーマネントをコントロールしているなら、あなたは残りのゲームの間、『都市の承認』を得る」。

 「都市の承認(City’s blessing)」とは先に発表されたトークン画像で登場していたもので、一体どんな効果なのかと憶測が飛んでいたものだ。結果的にはこのようにしてプレイヤーに与えられる一種のカウンターみたいな扱いの概念であった。フレーバーとしては、イクサランでしのぎを削る各部族が血眼になって探していた黄金都市オラーズカの承認ということになるのだろう。頑張ってパーマネントを積み上げたプレイヤーは、オラーズカに立ち入ることが認められ、そこの不思議なパワーを駆使することで、様々な呪文の効果を引き上げることが出来るようになるのだ。

 能力としてのとっかかりは「コンスピラシー:王位争奪」の時に登場した「統治者」という概念あたりではなかろうか。「統治者」はプレイヤー同士が殴り合うことを推奨するために「1つの王座を奪い合う」というギミックを加え、持っているだけでメリットが発生するというゲーム内に設定された新しいパラメーターであったが、今回の「都市の承認」は誰でも平等に得ることができて、持っているだけでは役に立たず、何らかの「それ専用の呪文」を打つことで恩恵が得られる部分が異なっている。一度得てしまえば基本的にはステータスがオフになることはないので、もし「承認デッキ」が組めるくらいカードが登場するなら、速やかにパーマネントの数を荒稼ぎするデッキが組まれることになるのかもしれない。まぁ、夢のない話をすると、どうせスモールエキスパンション1つだけなので、そんなに大規模なサポートカードは用意されないと思われるので、せいぜいリミテッドで戦略の1つとして考えられるくらいだとは思うが……。

 

 

以下、個別カード。

 


拍手

12月23日 ドラフト模様(XLN×3)

ピック順 【Thraxi】→【Serra】→【Mei】→【Alessi】→【Chrolony】→【Sea-chcken

 

 またも一週間空いてしまった上、色々と空回った結果、もうUnstableは開封する見込みがなくなってしまった普通のイクサランドラフト。まぁ、この日は私も体力的に色々しんどくて、Unstable回す元気もなかったのだけども。ついでにこの記事の更新も試合後随分時間が経ってから執筆しているし、その間にも色々とやることがあったので例によって記憶はおぼろです。

 

 このドラフトがとりあえずは年内最後です。今週末はさすがに無いだろう、っていう結論になりましたので(有志で集まってUnstable剥いてもいいんやで! ねぇ!)。次回の予定は年明け、1月6日です。その頃にはもう次のセット「相克」のプレビューも始まっており、私はそちらの記事執筆にバタバタしていることでしょう……。なんだか最近本当に全てがあっという間だなぁ。皆様、良いお年を。

 

 


拍手

12月9日 ドラフト模様(UST×3)

ピック順 【Mei】→【Sangriter】→【Thraxi】→【Chrolony】→【Alessi】→【Serra

 

 先週の時点で、僕は何とかして遊びたくて打開案を提案していた。しかし、残念ながら反応は芳しいものではなかった。というか、正直さっぱりなかった。これでは駄目だ。僕は諦めていた。しかし、続けて入った情報では、何と「変種カード」なんてわけのわからないものまで入っているという……。なんだこれは。もう、実物のカードを見ないわけにはいかないじゃないか。箱を開けないわけにはいかないじゃないか。

 僕は意を決し、当日、家から「Unstable」の箱を持って会場へと向かった。何とか、集まってくるメンバーを説得して、ドラフトの内容を変えるしかないのだ。説得は困難を極めるだろうが、なんとか誠心誠意、僕の熱意を伝えるしかないのだ。

 

俺「こっちのドラフトをやりましょう」

その他大勢「ええよ」

 

 以上である。私は戦いに勝利したのであった……。

 

某氏「我々のこの来るものを拒まない体質、どうにかしないといけませんね」

 

 というわけで、年末のお祭り騒ぎ! Unstableだよ!! いやー、ドラフトが実現するとは(一週間前までは)思ってなかったんだけど、思い返せば「Unhinged」でも1回ドラフトやったことあるんだった。意外とそういうところの心のハードルが低い連中なのである。まぁ、新しいカード触るのって楽しいからね!

 一応ホスト役としてはグダグダになった時の謝罪の用意はしていたのだが、さすがのWizards、こんなところでもリミテッドのバランス調整は念が入っていて、意外と普通にドラフト環境としても成立しているという。いやまぁ、やっぱり所々頭がおかしいのは間違いないし、わけのわからんカードが多いのでテキストを読んで、全部の効果を覚えて、っていうプレイングはめちゃくちゃ面倒くさかったのだが、とりあえずの冗談としては十分機能していたのではなかろうか。わけのわからんことはわからないままに楽しむ。それでいいのだ。ライブラリが召喚酔いしてるかどうかなんて、それは誰にもわからない。

 

 ただ、そんな中で残念なお知らせも1つ。どうやら、メンバーの1人が個人的な事情から今後ドラフト参加が困難になるという。まぁ、もともと年末は調整が難しいところなので面子は減ってしまうのだが……さらに来年度にはまた色々と状況に変化があるし、毎年毎年毎年毎年言っていますが、このドラフトもいつまで続くかわかりません。とりあえずしばらくは6人戦前提で行きますが、不参加がわかった人は早めの連絡をお願いします。とりあえず来週はいつも通りの日程で開催予定です。ただ、黒枠が剥かれるのか、銀枠が剥かれるのか。それは誰にもわかりません(あと1試合分パックが余ってるんですよ!!)。

 


拍手

12月2日 ドラフト模様(XLN×3)

ピック順 【Mei】→【Serra】→【Alessi】→【Thraxi】→【Chrolony】→【Sea-chcken

 

 最近なかなか全員集合の機会がないですね。まぁ、師走だし……(某氏談)。果たしてこの中に「師」がいるのかっていうのは別問題である。

 

 さて早速業務連絡。年末に向けて色々と調整していかなきゃいけないタイミングですが、その前についに「Unstable」の発売日なんですよ。でね、こっちはアイマスと違って買うことは決めてるんだけど、通常のドラフトとは別枠でやろうと思ってたら、なんか人が集まらなそうなのね。忙しいお仕事おじさんはしょうがないとしても、まさか「来週? ガルパンの封切り日だろ?! やらないよ!」とかいう斜め上の断り方をされるとは思ってなかったので計算が狂った。そうか、ガルパンならしょうがない……。

 いやいや、何その理由? 落ち着けよ。慌てて行っても多分入れねぇよ(適当)。でもまぁ、どうやらドラフト後にもう一本っていうのはあんまりよろしくないようだ……でもさ、こっちだって封切り日なわけでさ、たとえどんなに妙な環境になろうとも、新しいカードにはさわってみたい。それが闇のゲームのプレイヤーってもんだろうが。デュエルスタンバイだろうが。

 

 というわけで、僕としてはなんとかプレイできる環境を整えたいところです。現状、可能性としては①「イクサランドラフトの代わりにプレイ」っていうのは流石に無理だと思うので、②「通常ドラフト後にプレイ」③「通常ドラフトよりも前にプレイ」④「来週まで待て」⑤「諦めろ」っていう選択肢だと思うんですよね。この中でありそうなのは②③④なのだが……(⑤は却下だ)。

 どうですかね。もしやる気がある人がいた場合は、(一斉連絡だと面倒なので)私の方に個別に連絡をください。その際に、上記の選択肢のどれが理想で、どれが可能かをある程度指定していただけると助かります。理想は5人以上が集まってのドラフト成立。最悪の場合、もう3人くらいでシールドをやるっていう、前にもあった展開になると思う。ちなみに③の「通常ドラフトよりも前にプレイ」の場合、ややこしいカードも多いので最低3時間は欲しい。つまり11時開始くらいが理想です。最悪ピックだけ終わらせるっていうので12時スタートもありではあるが。そのあたりの可能性についても、もしご意見あったらお寄せください。意見が集まり次第、予定をお返しします。「ハナから興味ねぇよ」「何をどうあがいても無理だよ」っていう人は無視してもらって構いません。来週のドラフトは通常通りの時間に開始です。というか、大半の人に無視されて来週しょんぼりしながら出席する未来が一番ありそうです。

 

 ちなみにもしプレイする場合はいつもの真木先生の攻略本すらない状態なので、事前に日本語対訳リストを見ておいたほうがいいよ!(参加へのハードルをさらに上げていくスタイル)

 

 


拍手

11月25日 ドラフト模様(XLN×3)

ピック順 【Alessi】→【Sea-chcken】→【Sangriter】→【Mei】→【Chrolony】→【Thraxi

 

 一週間空きましたが、今週も割と変則日程。諸々の事情によりドラフト日程まわりが色々ゴタゴタしてまして、この文章を書いている時点でドラフトの記憶なんて割とぶっ飛んでいたり。だから記念すべき初優勝した人のことがおろそかになっても仕方ないのです。おっさん連中にとってはようやく成し遂げた報復の一射ではあるんですが。そして、今週もまたピック中にトラブルでゴタゴタするっていうね……。落ち着け。次のパック見たいのはわかるが、ちゃんと確認しながら進めろ。

 

 ちなみに一応の業務連絡としては、再来週が「Unstable」の発売です。さすがにこれは万人が付き合えるドラフトにはならないと思いますので、希望者のみでの強行日程になるんじゃないかなぁ、と思ってます。買うことは買うつもりやねん。土地欲しいし。土地欲しいし。ですので、再来週あたり、希望者を募って「ドラフトの後にドラフト」っていう展開になるかと思われます。参加者が少ない場合は最悪シールドになるが、……ドラフトしたいよなぁ。まぁ、コンスピラシーと違ってドラフトじゃなくても成立はするんだけどさ。

 


拍手

 

今回はフルスポ書きたいわけじゃないからこれでおしまいだぞ。

 

Knight of the Kitchen Sink (全部入りの騎士) (W)(W) U

アーティファクトクリーチャー・サイボーグ、騎士

2/2 先制攻撃 プロテクション(黒枠)

 うへぇ、しばらくニンニク潰しのことは忘れたいんだが

 白の2マナダブンルシンボル、先制攻撃とプロテクション持ちの古式ゆかしい騎士である。ただ、このプロテクションが有用になる日が来るかどうかは未知。ちなみに「Kitchen Sink」は「流し台」の意だが、イラストを見ると「全部詰め込んだ」というイディオムの意味のようだ。フレーバーは「流し台」っぽいけど、あっちの人も日本と同じように「黒い枠」っていうと台所の排水溝のアレを思い出すんだろうか。

 


拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
18
24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[04/22 Chrolony ]
[04/18 NONAME]
[04/15 NONAME]
[04/09 NONAME]
[04/08 名無し]
バーコード
ブログ内検索
カウンター