忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

 

やっぱ一週間でフルスポイラって無理がないですかね?!(半ギレ)

 

Aether Inspector (3)(W) C

クリーチャー・ドワーフ、工匠

2/3 警戒

〜が戦場に出たとき、(E)(E)を得る。

〜が攻撃するたび、(E)(E)を支払ってもよい。そうしたなら、【霊気装置】トークンを1体生成する。

 最近は「面白味が無い」ってことで「各色に無為に与えられるサイクル」ってのは数を減らしつつあるらしい。公式記事では「『ティムールの呪印(FRF)』とかつまらんかったでしょ」と書かれていたが、確かに、そんなカードで重要なコモンスロットが埋められていくのは面白くないものだ。しかし、カラデシュの「亢進」サイクルはそこまで評判は悪くない。「アイベックス」だけ微妙だったが、残り4体は文句無しでリミテッドの主力になり得たからだ。そんな経験を活かしてかどうかは分からないが、今回はこの「Aether/霊気」の名を持つクリーチャーがサイクルとなった。共通仕様は「亢進」シリーズと同じで場に出たときエネルギー2個、そして攻撃時にエネルギーでお会計。ただし、今回は+1/+1カウンターではなくトークンが提供される。「亢進」シリーズは重ねれば重ねるほど強くなったが、今回はそんなことはないのでそこそこの重要度といったところか。白のサイクルは4マナ2/3警戒。攻撃を前提にしている能力の割に警戒という防御向きの能力なのでややかみ合わせが悪い。いや、攻撃しないと警戒に意味はないから噛み合ってる? ……よく分からなくなるが、今回は白がエネルギーにどれくらい関わってくるかでコモンのエネルギー提供役は価値が上下しそう。まぁ、霊気装置があれば紛争は引き起こしやすいので、それなりに。

 

Aether Swooper (1)(U) C

クリーチャー・ヴィダルケン、工匠

1/2 飛行

〜が戦場に出たとき、(E)(E)を得る。

〜が攻撃するたび、(E)(E)を支払ってもよい。そうしたなら、【霊気装置】トークンを1体生成する。

 「霊気」サイクルの青は空を飛んでいる。このサイクルはどのクリーチャーもステータスは「並」だが、各々の色特性を持っているので「攻撃しやすさ」に差がある。こいつは飛行持ちなので、サイクル中でも一番殴りやすく、能力起動の機会が多い。さらに2マナという軽さもあり、トークンを生み出すタイミングが早いので盤面に与える影響も大きい。おそらく、「トークンを生む」という仕事を任せる前提ならこいつがサイクル中で一番強いだろう。もっとも、1/1の霊気装置はアーティファクトカウントを気にしないならそこまで重要なリソースではない。あまり繰り返し運用する気がないなら、1枚のカードでもうちょっと説得力のある戦力がほしい、という場合もあるだろう。さらに「単にエネルギー2個くれれば満足」っていうデッキだってあるかもしれない。今回どの程度アーキタイプが分かれるかはまだ未知数だが、このカードは狙ってるデッキデザイン次第でかなり点数が乱高下しそうな気がする。そして、出で立ちだけを見ると完全に笑わそうとしているようにしか見えない。こんなん、コントやんけ。

 

Efficient Construction (3)(U) U

あなたがアーティファクト呪文を唱えるたび、【飛行機械】トークンを1体生成する。

 あらゆるアーティファクト呪文にソプターのおまけ付き。4マナエンチャントで飛行機械が増えるっていうセッティングは「飛行機械の諜報網(ORI)」を思い出させるが、こちらのカードはアーティファクトを連打することによって充分決定力たり得る量のソプターを稼げるのが売り。これがあれば、各種「器具」サイクルを連打してどんどん引き回しているだけでも勝てる可能性があるのだ。デッキの組み方には注意が必要だが、上手くはまれば「つむじ風製造機」以上の展開力が期待できるのではないだろうか。前作カラデシュの場合、アーティファクト次元とは言ってもそこまでアーティファクトの数に言及するカードは多く無かったが、今回は各色に即席が出てくることによってアーティファクトの数は重要度を増し、青は相変わらず親和寄りなのでその傾向が顕著だ。ピック時には「アーティファクトである」ことをこれまでよりも強い特徴と見なす必要がありそうだぞ。

 

Metallic Rebuke (2)(U) C

インスタント

即席

対象の呪文を、そのコントローラーが(3)を支払わない限り打ち消す。

 ついに出た、「マナ漏出(M12)」を超えるかもしれない期待の新カウンターだ。効果そのものは完全にリークと一緒で、コストが1重い分即席でまかなっている。2ターン目にリークとして唱えるためには1ターン目に何かアーティファクトを置かなきゃいけないのでその部分は劣っているが、それ以降、3,4ターン目に構える場合には、もしかしたら1マナでリークが撃てるかもしれないのだ。このメリットは、1マナのコスト増加を埋め合わせて余りある利点だろう。「革命的拒絶」先輩は一体どんな悪さをしたらこんな風にいじめられるのだろうな。とりあえず構築レベルでも文句無しで検討に値するし、下の環境でもデッキ次第では充分候補になる。親和の場合、1ターン目からこれを構えることも容易なのだから、世界がガラッと姿を変える可能性すらある。うわー、アーティファクト次元こえー。コモンなのはマジで助かりますね。

 

Aether Poisoner (1)(B) C

クリーチャー・人間、工匠

1/1 接死

〜が戦場に出たとき、(E)(E)を得る。

〜が攻撃するたび、(E)(E)を支払ってもよい。そうしたなら、【霊気装置】トークンを1体生成する。

 「霊気」サイクルの黒は1/1接死。とりあえず2マナでエネルギー2個という効率を保持しているので、これまで薄かった黒のエネルギー要員としては最低限のニーズがあるだろう。加えて、青のフライヤー同様、一種の回避能力とも言えるので序盤は割と殴りやすいのもプラス要素。どうせアタック宣言の時点でトークンは出るし通してもたかだか1点、相手としてもブロックするうま味は薄いと判断してスルーされることが多いはずだ。世界に紛争があふれているのだから、序盤の相打ちには誰もが必要以上に慎重になっているのだ。もちろん、相手がどうでもいいトークンなんかをコントロールしていたら話は別で、強力なブロッカーになる接死持ちを序盤で処理する動きは当然のこと。相手の陣容の重要性をよく考えてのアタックが肝要だ。っつうか、別に2マナの接死持ちなら他の能力なんて無くても強いわけで、そこまで頑張って殴りに行くクリーチャーにも見えないよな。

 

Herald of Anguish (5)(B)(B) M

クリーチャー・デーモン

5/5 飛行 即席

あなたの終了ステップの開始時に、各対戦相手は手札を1枚捨てる。

(1)(B)、アーティファクトを1つ生け贄に捧げる:対象のクリーチャーはターン終了時まで−2/−2の修正を受ける。

 このセットのデーモン枠。カラデシュでは「陰謀の悪魔」というなかなかドリーム溢れる人材を派遣していた枠だが、リミテッドでこそキレられるデーモンも、残念ながら黒はエネルギーに絡む色ではなかったため、構築では日の目を見なかった。そこで今回はより汎用性の高い即席能力でのアピール。アーティファクト2つなら5マナ5/5で相当なやり手。更に自ターンさえ生き残ればエンドに手札を毟るので最低限のアドが約束される。かてて加えて動き始めたら除去エンジンにもなり、なんかもう、みんなの好きな要素を集めたお子様ランチみたいな存在。「弱いこと書いてないから強い」の極致である。コンセプトは散っているが、実際ここまで節操なしなら構築も充分狙えそう。こんなん2マナで出されたらそりゃヤバいで。

 

Midnight Entourage (2)(B)(B) R

クリーチャー・霊基体、ならず者

3/3

あなたのコントロールする他の霊基体は+1/+1の修正を受ける。

〜かあなたのコントロールする他の霊基体が死亡するたび、カードを1枚引き、1点のライフを失う。

 突如現れた霊基体のロード。確かに霊基体はカラデシュのオリジナル種族だし、今回を逃したら少なくともあと数年は出すタイミングが無くなるが……現時点でコマは揃っているんだろうか。構築クラスの霊基体は誰だ、って探そうと思ったんだけど、そもそもカラデシュ時点で霊基体クリーチャーは8体しかいない。ここで全部リストアップすると、「霊基体の匪賊」「霊基体の野心家」「禁制品の黒幕」「豪華の王、ゴンティ」「不法仲買人」「プラカタクラブの用心棒」「組織の密売人」「武器作り狂」。構築に絡む可能性があるとしたら、ゴンティさん、「黒幕」「組織の密売人」「武器作り狂」くらいだろうか。残念ながらあんまりコンセプトは一貫しない。現時点では、霊気紛争で新たにヤヘンニが追加され、2マナには2/3接死絆魂、3マナには紛争で−3をたたき込むアサシンがいるのでそこそこ支援はされているが、コンセプトデッキとしてはまだ芯が見あたらない。時を経て「吸血鬼の夜候(M13)」を手に入れて一気に構築シーンへ駆け上がった吸血鬼軍団のように、今しばらくは力を蓄える必要がありそう。なお、リミテッドレベルなら「4マナ3/3で死んだらカードが引ける」だけでもそこそこ強い模様。1引き出来たら割と楽しい霊基体デッキが狙えるのではなかろうか。

 


拍手

PR

 

Aethergeode Miner 霊気晶の鉱夫 (1)(W) R

クリーチャー・ドワーフ、スカウト

3/1

〜が攻撃するたび、(E)(E)を得る。

(E)(E):〜を追放する。その後、〜をそのオーナーのコントロール下で戦場に戻す。

 なるほどこういう使い方もあるのか、と感心させられる白のエネルギーコントローラー。2マナ3/1という前のめりステータスに、自前のエネルギー稼ぎ能力、そして消費能力。消費能力は一体何をするかと思ったら、なんと自分をちらつかせるだけ。緊急回避には丁度良いが、たかだか2マナのクリーチャーなのでそこまで頑張って守りたいとも思わないし、戦闘でブロックされたら結局は死んでしまう。じゃぁ何でこんな能力が? と頭を捻ると、なるほどこの世界の姿が見えてくる。そう、紛争トリガーだ。こいつがいれば、いつだって好きなタイミングで紛争トリガーがオンになる。意外に調整が面倒な紛争がこれ1枚でフル回転。もちろん、エネルギーが無ければそれだって絵にかいた餅だが、心配ご無用、殴ればキャッシュバックされるのだ。「殴ったらブロックされる」→「今稼いだエネルギーでドロン」だけでもそのターン中は紛争がオンになるし、相手としてもパワー3のアタッカーを無視するのもしんどいので、殴ってきたら逃げられると分かっていてもブロックしなければいけない。そうなればブロッカーを1体無駄に消費させることも出来る。単体で使っても、除去耐性がある2マナクリーチャーなら悪くはないのだ。上手く使いこなせれば芸術点高め、色々と可愛がり方を模索しよう。しかし……どう見ても花咲か爺さんだよな、こいつ。

 

Call for Unity 結束への呼びかけ (3)(W)(W) R

エンチャント

紛争 - あなたの終了ステップの開始時に、〜の上に結束カウンターを1つ置く。

あなたがコントロールするクリーチャーは、〜の上に置かれている結束カウンター1つにつき+1/+1の修正を受ける。

 世界にまた新しいカウンターが誕生したぞ! 結束(unity)カウンター。今後このカウンターを使うカードがいつ登場するかは定かじゃないが、Magicの歴史は不可能を可能にする歴史だ。いつか「成金、グヮファ・ハジード(CON)」だけが使っていた賄賂カウンターだってどこかで登場することを待ち続けているぞ。さておき、そんな唯一無二のカードは、このセットの「栄光の頌歌(10ED)」枠。いわゆる白の全体増強エンチャントなのだが、5マナとやたら重い上に、出しただけでは一切の修正を与えないという実に悠長なデザイン。もちろん、その後は毎ターン大きくしていくことが出来るのだから手の付けられないサイズになる可能性はあるが、果たしてそんな気長なことが出来るものかどうか。現在の世界には全軍を増強する手段は割と豊富で、鉄板の「永遠の見守り(SOI)」にギデオンさん、「集団的努力(EMN)」もこのジャンルに入るだろうし、新たに追加された「アジャニの誓い」だって同じような仕事をより手早くこなせる。同じコストでより爆発力があった「聖戦士の進軍(AVR)」が構築で使われたという実績はほとんどないため、このカードもひっそりとリミテッドで余生を送ることになるのではなかろうか。まぁ、リミテで出されたらちゃぶ台ひっくり返しますけどね。

 

Countless Gears Renegade 精緻会の改革派 (1)(W) C

クリーチャー・ドワーフ、工匠

2/2

紛争 - 〜が戦場に出たとき、【霊気装置】トークンを1体生成する。

 今回、唯一カラデシュから引き継がずに消えてしまったキーワードが製造である。これまでのセットでは例えば戦ディカーの嚥下やイニストラードの調査など、1つ目のセットで登場したギミックが2つ目のセットで消えることは多かったのだが、そのたびにWizards社は「なんでアレがなくなったんだ」という不満をユーザーからぶつけられていたという。そりゃそうだ。ギミックが消え、「異界月」環境になった後に3パック目から出てくる「束の間の記憶」や、ゲートウォッチ環境での嚥下クリーチャーの意味の無さはどう考えてもデザインミスにしか見えなかったのだから。そうした反省を活かすために、次なるラージエキスパンション・カラデシュでは導入するメカニズムの数を大胆に削減。メインをエネルギーと機体に絞り、更にサブテーマとしてアーティファクトの数を確保するために産みだされたのが製造だった。しかし、この製造だけはデザイン空間の狭さを理由に「霊気紛争」から取り除き、代わりにこうしてちょこちょこ霊気装置トークンをまかなうギミックを搭載しているらしい。じゃぁ+1/+1カウンター絡みのギミックはどうやねん、という気もするが、まぁ、その辺は緑と黒に別にフォローが入るのだろう。というわけで、こいつは上手いこと紛争条件を満たせば1マナ軽い「光袖会の職工」。でも駄目だと単なる白熊。2マナと軽いので割と白熊率高し。デッキを組む時点で紛争条件ってどの程度フォロー出来るもんかねぇ。

 

Exquisite Archangel (5)(W)(W) M

クリーチャー・天使

5/5 飛行

あなたがゲームに敗北するとき、代わりに〜を追放し、あなたのライフの総量は、ゲーム開始時の総量に等しくなる。

 カラデシュ人の技術力は化け物かっ。「天使を作り出す」だけでも意味の分からない次元なのだが、その天使が大天使にパワーアップすると、人の生き死にすら左右する能力になるようだ。敗北すらも否定し摂理をねじ曲げる天使……あぁ、つまり「白金の天使(M11)」なわけですね。先輩天使との差は色々あるが、一番の違いは効果が一回ぽっきりで自身を犠牲にするところ。普通に考えれば「天使さえ守れば負けない」先輩の方が強い。一応の強みとして、一回発動すればその後しばらく余命は保証されるという部分はあるか。また、ライフゲイン効果なので、万が一「ロウクスの信仰癒し人(M13)」あたりをコントロールしていれば効果が倍になる。ただ、「ライフを得られない」効果で制限もされる。あと、ライブラリアウトや毒殺などのライフ以外の負け手段には一切対応出来ないのもマズいところだ。一応5/5ってんでサイズは先輩より優れているが、基本的な取り回しは先輩の方が楽だったと思われる。Magicは負けない努力をするよりも勝つ努力をするゲーム。基本的にこういうカードは望まれていないだろう。

 

Solemn Recruit (1)(W)(W) R

クリーチャー・ドワーフ、兵士

2/2 二段攻撃

紛争 - あなたの終了ステップの開始時、〜の上に+1/+1カウンターを1つ置く。

 今回の二段攻撃。二段攻撃はお高い能力なので低いレアリティにはなかなか与えられず、最近はレアの専売特許になりつつある。3マナ2/2で条件次第でカウンターが乗るということで、一番近いのは「威名の英雄(THS)」だろうか。彼はわずかながら構築での採用実績もあるカードなので、デッキ次第ではマナを使わずに増強可能なこの兵士も一応可能性はゼロではない。ドワーフであることを活かし、デパラさんと同じデッキに入れておくと二段攻撃が存分に活かせて二重丸。あとはこうした純正戦闘オンリーのキャラにニーズがあるかどうかだ。なお、リミテッドでは放っておいても無双。「放射篭手」なんかでサポートすると色々大変。

 

Aethertide Whale (4)(U)(U) R

クリーチャー・鯨

6/4 飛行

〜が戦場に出たとき、(E)×6を得る。

(E)×4:〜をそのオーナーの手札に戻す。

 「ヒレナガ空鯨」に続いてカラデシュ世界2頭目のクジラ。実は現時点で世界に存在する鯨・クリーチャーは未だ5体だけであり、同じブロック内でクジラが2頭以上登場したのは史上初。本当にどうでもいい記録だが、今後カラデシュはPWたちのホエールウォッチングスポットとして人気を博しそう。で、そんな空飛ぶクジラだが、レアということもあって変幻自在の俊敏さが恐ろしい。マナを払わずに起動出来る避難能力持ちのデカブツ、つまり最近なら「真珠湖の古きもの(KTK)」と同じポジション。そして、こいつは「真珠湖」と違って何度出し入れしても目減りせず、むしろエネルギーは増えていくという大盤振る舞い。一度こいつを展開する余裕を与えてしまったら、もうこの6/4フライヤーを根本的に除去するのは不可能と言っていいだろう。戦闘性能はシンプルながら、これだけの除去耐性があるのはかなりヤバい。単に出た時に6エネルギーというだけでもインパクトはあるし、エネルギーデッキならかなりの有力フィニッシャーになるのではなかろうか。エネルギー関係無しのデッキでも充分最後の一席を任せられるだろうが、「霊気池の驚異」から飛び出した時にすぐに次のガチャ代がもらえる、っていうのが親切過ぎるので噛み合ってる気がする。

 


拍手

Hidden Stockpile (W)(B) U

エンチャント

紛争 - あなたの終了ステップの開始時に、【霊気装置】トークンを1体生成する。

(1)、クリーチャーを1体生け贄に捧げる:占術1を行う。

 ここからは多色アンコ枠。最近のエキスパンションではすっかりお馴染みだが、今回も多色カードはアンコ以上に設定され、各ギルドに1枚ずつ。そして、どれもこれもギルドごとの戦術を押しだし、非常に強力なものが揃っている。そんな中、エンチャントで与えられたのがこちらのオルゾフカラー。「復讐作戦(EMN)」のときもそうだったが、オルゾフってエンチャント好きのカラーリングってことになってるんでしょうかね。ギミックとしてはカラデシュから受け継いで「トークンで横に伸ばせる」が白黒戦術。紛争条件を満たせばコスト無しでトークンがもらえるのだから2マナで設置しておく価値はあるだろうし、ついでに無駄になりそうなクリーチャーの命を占術燃料として活用することもできる。また、手軽にサクれるエンジンがあることで自由に紛争条件を満たせるようになり、このカラーリングが紛争を後押ししていることも窺える。紛争カードがどの程度リミテッドで絡むかはまだ定かでないが、こんだけ準備されているのだからこのカードだってきっと強いはず。ちなみに、こうしたサクり台がいくつか登場したことで、これまでほとんど日の目を見なかった「乗っ取り」の価値が上昇しているのだが、このカードと(R)(R)は流石に組み合わせられないかね。

 

Outland Boar (2)(R)(G) U

クリーチャー・猪

4/4

〜はパワー2以下のクリーチャーによってはブロックされない。

 多色アンコだからでかい枠。グルールカラーの押し出す戦術は単純明快。「出して、殴れ」だ。先輩である「通電の喧嘩屋」はエネルギーも絡めてそのあたりを押し出していたが、今回エネルギーギミックは割と5色にばらまかれるらしいので、赤緑は積極的に押し出さずともいいということなのだろうか。4マナ4/4の迫力ボディに、さらに緑が推し進めているブロック抑止まで追加。このクリーチャーを止めるためには最低でもパワー3が2体必要になり、パワーの値がなかなか増えない守備的なデッキにとっては悪夢のような存在。せっかく「亢進する亀」を育てて2/5にしても、こいつの前では壁の役を果たさない。一息吐くために出した「高峰の職工」、ファッティの天敵「ナーナムのコブラ」なんかも余裕でスルーだ。単体でこれだけの重戦車っぷりを誇るのだから、特にデッキに工夫を凝らさずともメインアタッカーとしてデッキイン出来るだろう。

 


拍手

○新出キーワード

 

Revolt(紛争)

 紛争は「このターン、あなたのコントロールするパーマネントが戦場を離れたかどうか」をチェックする能力である。カードの効果解決時に、「そのターンなんらかのパーマネントが戦場から領域を移動した」事実があれば強化されるというもので、とどのつまりは陰鬱能力の強化版。陰鬱は「クリーチャーが」「死亡する」必要があったが、紛争の場合はトークンを含めたあらゆるパーマネントをチェックし、どれか1つでも「領域を移動」すればいい。まぁ、領域はそんなに多くないので、残すチェックはバウンス(手札orライブラリ)とちらつき(追放領域)くらいだろうけども。リミテッドレベルの場合、結局は陰鬱能力と大きく変わらない。場のパーマネントが動く現象は圧倒的に死亡が多いからだ。白や青で能動的に出し入れを利用するシナジーはあるが、わざわざ紛争能力を起動するために「軽業の妙技」1枚を使うのも面倒だし、マナを圧迫される。陰鬱は案外達成が面倒な能力だったので、今後のリミテッドでも、かつてのイニストラードを思い出して「先に戦闘でクリーチャーを殺しておく」なんてアクションが増えるかも。対応する側は、「紛争で何が起こるか」も考えながらコンバットの処理をしなきゃいけないのでまた面倒な要素が増えそうだ。一方、構築環境ならばある程度は紛争をコントロールすることも可能である。特にモダン以下ではフェッチを切るだけで条件を満たすことが出来るので、紛争前提でのカード選択も可能になるだろう。また、積極的にサクれるタイプのパーマネントの価値が上がる可能性もあるので、一応気に留めておきたいところだ。

 

 

Aeronaut Admiral (3)(W) U

クリーチャー・人間、操縦士

3/1 飛行

あなたのコントロールする機体は飛行を持つ。

 ダイナミック・フライングパーソン。4マナのくせにタフネス1とひどく貧弱だが、脆弱さは生き残った時のヤバさの証。クリーチャー全てが飛んじゃう「不可思議(JDG)」があれだけ強かったのだから、そりゃこいつだって怖い。何がヤバいって、機体という存在がそもそもでかいということ。単体でやばかった「改革派の貨物車」がますます止まらなくなるくらいならまだマシ。問題はトランプルなどの回避能力を持たなかった連中が飛び始めた場合。「耕作者の荷馬車」が5/5フライヤー、「バリスタ突撃車」が6/6で宙を舞い、「アラダラ急行」が空飛ぶ殺人トレインに。どうやったらこいつ一人で電車やら戦車やらをまとめて飛ばせるのかはさっぱり分からないが、きっと未来の科学力とか、そういうやつだ。この手のカードは、アタックに対応してこいつが殺されると飛行を失ってブロックでひどい目に遭うという危険もあるのだが、上述のような機体はそもそもサイズがでかいので「飛んだらヤバいけど、飛んでなくても普通に強い」わけで、デメリットもさほど気にならない。目指せ、銀河超特急。

 

Decommission 稼働停止 (2)(W) C

インスタント

対象のアーティファクトかエンチャントを破壊する。

紛争 - あなたは3点のライフを得る。

 「ゴリラが掴めばなんでも壊れる」というので抜群の安心感を誇った「人工物への興味」が白へ渡り、余計な制限がついた。一応回復量が増えているので完全下位互換ではないが、たかだか1点の差のために紛争条件を満たす必要が出来たのは面倒極まりない。大体の場合はこの手のカードでの対策ってのは急場なわけで、なかなか悠長に3ライフのおこぼれをもらいに行くのは難しそう。まぁ、達成出来ればありがたいのは間違いないけど。ちなみに、達成出来ても「自然な最期(AVR)」と全く同じなので、やっぱり下位互換なんだけどね。「自然な最期」が登場したときに「こんなんいらんから『帰化』にしろよ」とか言っててホントごめん。

 

Sram, Senior Edificer 上級建設官、スラム (1)(W) R

伝説のクリーチャー・ドワーフ、アドバイザー

2/2

あなたがオーラ・呪文か装備品・呪文か機体・呪文を唱えるたび、カードを1枚引く。

 今回各色に配置されている「巧技を使う偉い人」サイクルの白い人。巧技サイクルの人たちの特徴は、「巧技」の効果(3マナ以下のカードをただで使える)で出せるように全員が3マナ以下にチューンされていることで、「軽い」という構築レベルの条件を全員が満たしている。そして、このスラムさんの場合は過去の実績も充分なエンチャントレスタイプのクリーチャーなのだ。レジェンドなので重ね張り出来ないという欠点はあるが、それでも充分に構築レベルの存在だろう。支援する3つのタイプはそれぞれに可能性があり、オーラなら追加の「コーの精霊の踊り手(ROE)」としてオーラタイプのデッキに使えるし、装備品は0マナで出せるカードが複数存在しており、たとえば「骨の鋸」やら「調和者隊の盾(M14)」なんかがあれば実質0マナでドローが回せる。これに「ハキールの召還術(10ED)」や「逆説的な結果」を組み合わせるだけで爆発的なドローが可能。そして機体については最近流行りの「金属製の巨像」デッキなど、アーティファクトを並べるデッキでの潤滑油として多くのドローをもたらすことになる。これだけ多方面に器用なおじさんなら、放っておいても声はかかるだろう。流石は上級な建設官だ。

 

Sram’s Expertise スラムの巧技 (2)(W)(W) R

ソーサリー

【霊気装置】トークンを3体生成する。

あなたは手札から、点数で見たマナコストが3以下のカードを1枚、そのマナコストを支払うことなく唱えても良い。

 そしてそんなスラムさんの巧技サイクルがこちら。最初に「ヤヘンニの巧技」が公開されて話題になったが、なんとこれが5色サイクルであり、全てのカードに「3マナ以下をただで唱えていいよ」というボーナスがついている。スラムさんの場合、ベースの効果は「隊長の号令(M13)」と大体同じで、この時点で4マナ。そこに純正ボーナスとしてついでの呪文を唱えられるのだから、横に並べるデッキならこれ1枚でトークンを5体6体と並べることも可能だろう。下の環境なら「無形の美徳(ISD)」と合わせるのもおしゃれだし、現在の環境なら霊気装置であることを活かして「鋳造所の隊長」やら「小物作りの達人」に繋げるのも面白い。もう、このサイクル全部強いでいいんじゃないかな。

 

Quicksmith Spy 即製職人のスパイ (3)(U) R

クリーチャー・人間、工匠

2/3

〜が戦場に出たとき、対象のあなたのコントロールするアーティファクトは、あなたが〜をコントロールしている限り「(T):カードを引く」という能力を得る。

 赤にも存在している「こいつがいる限り場にあるアーティファクト1つが別な装置になるよ」サイクル。「アーティファクトが場にあること」を見るのは一応青も赤も継続したシステムと見なして良いのかしら。赤は適当なアーティファクトを2点砲台に改造したが、こちらは簡潔明瞭、なんとドロー装置の出来上がり。場に出て一瞬でも生き残れば1枚引けるわけで、その時点で損はしない(一応、能力誘発に対応されるとカードが引けない可能性もある)。そして生き残っちゃえばあとは馬鹿野郎。「パンハモニコン」で2回奏でたりすると倍速ドローがぎゅんぎゅぎゅん。まぁ、ゲームは終わるな。ただ、こうして「4マナくらいで設置してクリーチャーが生き残ればドロー継続」ってのは言わば「文書管理人(9ED)」と同じ能力だ。コイツ独自の利点として「召喚酔いが無い」「タフネスがでかい」の2つがあるが、その分「アーティファクトが割られると終わる」というデメリットもあるので、正直トントン。つまり、流石に構築でお目見えするカードではない。除去の薄いリミテッドならこれ1枚で決まっちゃうクソゲーモードも割と頻出する。特に「誤動作」や「特権剥奪」といった疑似除去しかないデッキは対処に苦労するだろう(「誤動作」の場合は対象のアーティファクトに張ればドローは止まるが、2/3の肉は残るので損してしまう)。1引きとしては悩ましい地味さだが、まぁ、引くよね。

 

Shipwreck Moray 難破船ウツボ (3)(U) C

クリーチャー・魚

0/5

〜が戦場に出たとき(E)×4を得る。

(E):〜はターン終了時まで+2/−2の修正を受ける。

 お目々が超キュートなエネルギーフィッシュ。かつてこれほどまでに癒し系の魚クリーチャーは存在しなかったはずだ。是非自宅の水槽で飼育して困ったようなその表情をずっと眺めていたいものだ。ただ、多分この表情はエネルギーを注がないときの仮の姿。2/3→4/1と変貌すると、きっと阿修羅面も冷血・怒りと変化していくに違いない。デザインとしては青にありがちなパワー/タフネス変換クリーチャー。コストはお世辞にも軽いとは言えず、能力も一方通行だし小回りが効かないので「凍結燃焼の奇魔(RTR)」や「氷河の末裔(KTK)」といった諸先輩方とは戦闘性能は比べるべくもないが、このお魚にはエネルギー4つという手土産がある。現在「タカシオヤドカリ」が任されているポジションで、エネルギーの後押しをしつつ地上で睨みを利かせる壁になれるというのは、青には求められるポジションである。慌てて取るようなカードじゃないが、エネルギーデッキの引き締めに。

 

Whir of Invention 発明品の唸り (X)(U)(U)(U) R

インスタント

即席

あなたのライブラリから点数で見たマナコストがX以下のアーティファクト・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリを切り直す。

 なんかよく分からないカード名だが、「Whir」は「ビュー、ブンブン、ウィーンという音を立てる」という意味らしいので、ニュアンスとしては機械が起動音をあげて動き出しましたよ、みたいな感じだろうか。イラストにはドッグに収納された巨大な機体が描かれており、おそらく「領事府の弩級艦」だと思われる。いよいよ戦争が始まるわけですな。で、カードの方はというと大体はアーティファクト版の「召還の調べ(M15)」。召集(即席)で払えるコストもアーティファクトだし、持ってこられるカードもアーティファクト。正確には色マナの支払いは必須なので召集よりちょっと使いにくいが、まぁ、大して変わらないだろう。「召還の調べ」は各種環境でブイブイ言わせたお馴染みの強カード。つまりこのカードも充分にその座を狙う権利があり、狙う対象がきな臭さ満点のアーティファクトというのも刺激的。かつての「修繕(ULG)」みたいなとんでもない悪さは無理だろうが、新たなデッキの登場を予感させる1枚になっている。アーティファクトを並べる前提なので一応親和寄りになるか。こうして即席能力が強くなればなるほど、調査能力を持つ「スレイベンの検査官(ISD)」の評価はうなぎ登り。アーティファクトを無尽蔵に生み出せる新テゼレットの動きにも注目したい。

 

Fatal Push (B) U

インスタント

対象のクリーチャーを、その点数で見たマナコストが2以下であるなら破壊する。

紛争 - 代わりに、点数で見たマナコストが4以下であるなら破壊する。

 「2マナ以下だけを殺す」という制限は環境によって大きく評価が変わる制限だ。リミテッドの場合、「2マナ以下のクリーチャー」は大した脅威でない場合が多いため、除去としては2流。1マナインスタントなので最低限の仕事が出来れば文句はないが、やはり紛争条件を満たして3マナ、4マナを狙っていくお仕事になるだろう。しかし、これが構築戦以上になればわずか1マナの確定除去は値千金。スタンダードでは、なんと1マナ構えるだけで「密輸人の回転翼機」をぶっ壊せる。現環境でのコプターの傍若無人っぷりを考えれば、あらゆる黒ユーザーが待ち望んでいた1枚といえる。更に下の環境までいけば、モダンでは1マナ2マナはすでに鉄火場。「タルモゴイフ」を1マナで処理し、厄介な「ガドック・ティーグ(LRW)」や「スレイベンの守護者、サリア(DKA)」も問題無く対処可能。もちろん、モダン以下ならフェッチとの合わせ技でそれより上の主力級にも充分手が届くはず。久しぶりに1マナ域に現れた骨太除去といえる。なお、イラストはヤヘンニさんとおぼしき霊基体が領事府サイドの衛兵にキックをかまし、空飛ぶ船からたたき落としているシーン。こういうイラストを見ると、「悪魔の布告(TMP)」でたたき落とされているヴァティ・イル=ダルを思い出します。

 

Night Market Aeronaut 夜市の飛空士 (3)(B) C

クリーチャー・霊基体、戦士

2/2 飛行

紛争 - 〜は+1/+1カウンターが1つ置かれた状態で戦場に出る。

 いかにもコモンらしい、ベーシックな紛争能力持ち。黒という色合い、そして4マナというそこそこのコストを考えると、こいつが紛争能力を満たすパターンはほぼ他のクリーチャーの死亡に限定されると見ていいだろう。つまり、結局は陰鬱のカードである。3マナ域までに適当なクリーチャーを並べておき、4ターン目に相打ち狙いでパンチ、相手がブロックしたらおめでとう、サイズアップしてマナレシオの高い優良フライヤーをゲット。相手がスルーしたら残念。出すのを次のターンに持ち越すか、2/2の普通カードとして使うか。まぁ、どっちに転んでも黒ならそれなり。自分のデッキの空の戦線を見て調整を。ちなみにこんなコモンだが、書かれているフレーバーは霊基体のもの悲しさが出ていてなかなか良い味わい。自分の寿命が秒単位で分かる人生って、一体どんな気分なんだろうなぁ。

 

Freejam Regent (4)(R)(R) R

クリーチャー・ドラゴン

4/4 飛行 即席

(1)(R):〜はターン終了時まで+2/+0の修正を受ける。

 全国の赤ファンの方々が待ち望む、「このセットのドラゴン」のコーナー。コーナーだけど……地味だな……。まぁ、「航空船に忍び寄るもの」もドラゴンとしてはすこぶる地味だったし、構築で活躍するような素材でもなかったが、リミテッドではその理不尽さを存分に発揮し、多くの対戦相手の心を折るドラゴンらしい活躍を見せたはず。しかしこのドラゴンの場合、場に出てきたとしても対策方法はそこまで限定されてないんだよね。タフネス4は変わらないし、防御性能は大したことない。ワンパン通せば大ダメージが期待できるかというと、起動のマナコストを見れば割と現実派だ。コストが軽くなるのが売りなのに、起動コストがこんだけかかるのも皮肉な設定である。まぁ、上手いことアーティファクトに寄せていけば4,5ターン目には出せるのだから、最速での回りを見せれば充分なレア。それ以外の場合は……ほどよく1対1以上の交換ご取れるなら充分なのでは? まぁ、赤ってアーティファクトに寄せるのが難しい色なんだけどね……。

 

Hungry Flames (2)(R) U

インスタント

〜は対象のクリーチャーに3点のダメージをあたえ、対象のプレイヤーに2点のダメージをあたえる。

 簡単明瞭、ちょっとしたボーナスが嬉しいアンコ火力。3マナで3点ぽっきりなら「溶接の火花」以下だが、こっそりと相手プレイヤーにも2点を届けるので、徹底的に攻めだけを意識したアグロなデッキの場合、クリーチャーが前進する道を開けつつ、さらに本体も蝕むというベストな動きが可能。かつてはこれを2マナで実現してしまった「焼尽の猛火(WWK)」なんてバケモン火力もあるが、殿堂入り火力と比べるのも申し訳ない。こちらは一切追加条件無しで合計5点が見舞えるのだ。安定感も加味すれば決して見劣りする素材ではない。今後は様々な環境の男の赤単で採用が検討される1枚になるはず。なお、プレイヤーとクリーチャーは完全に別々に対象にとるので、万一相手が「神聖の力線(M11)」を使っていた場合には相手クリーチャーを除去するときに自分が2点喰らうことになる。まぁ、キャストすら出来なかった「焼尽の猛火」よりもこっちの方が上ではあるが。

 

Release the Gremlins (グレムリンの解放) (X)(X)(R) R

ソーサリー

対象のX個のアーティファクトを破壊する。2/2で赤のグレムリン・クリーチャー・トークンをX個戦場に出す。

 押収したたくさんのアーティファクト技術で改革派を黙らせようとする領事府に対し、改革派はいよいよグレムリンを解き放っての大胆なテロ活動へと移行する。解放されたグレムリンたちも、「エネルギーうめぇ」とご満悦。実行犯のピアさんも「発明家なら機械の作り方だけじゃなくてその止め方だって知ってるのさ!」とご満悦。やっぱりこうして荒事でもって体制側に抗っていくストーリーってワクワクしますね。で、そんなグレムリン大発生な破壊呪文だが……あんまり大発生しないな。3マナでようやく1体目、5マナで2体、7マナで3体。少し前に出た「闇の救済(EMN)」と同じ効率であり、トークン生成呪文としてはお世辞にも性能がいいとは言えない。ただ、呪文そのものの効果がクリーチャー1体除去に限定されていた「闇の救済」と異なり、こちらはXが増えれば壊せる枚数も1つ増える。5マナで唱えられれば質的アドバンテージは3枚になり、これなら立派にレアの働き。あとはどれだけ重要なアーティファクトを狙い撃てるか。残念ながらここカラデシュはミラディンのように右も左もアーティファクトというような次元ではないが、それでも即席能力などでアーティファクトを横に広げる意味は大きくなっている。これまでなら無視しても良かった「予言のプリズム」みたいなカードでも、破壊する意味は小さくないはずだ。まぁ、様子を見ながらだよね。必要とあらば3マナで使うことも躊躇ってはいけない。というか、そんなに劇的なシーンを期待して使う呪文ではないはず。

 


拍手

12月24日 ドラフト模様(KLD×3

ピック順 【Alessi】→【Chrolony】→【Thraxi】→【Sea-chicken】→【Mei】→【Serra】→

 

 分かっちゃいたことだけど、試合から時間空けちゃうと記事執筆のモチベーションが著しくさがるな。加えて自分の成績がクソみたいな試合だと歴史から抹殺したくなるな。なるほど、原稿料って大事かもしれない。

 

 今週は当然年末休業です。次回は通常運行なら1/7(土)になりますが、現時点で欠席予定が1名出ております。年始からドラフトやってる暇なんかねーよ、っていう人は早めに連絡をください。もう、5人戦ならキャンセルして2週休みってことにしますんで。

 


拍手

12月17日 ドラフト模様(KLD×3

ピック順 【Thraxi】→【Serra】→【Sangriter】→【Alessi】→【Mei】→【Sea-chicken】→

 

 先週は土日連戦のクソみたいな日程でしたが、今週は1試合ですよ(当たり前だ)。ただ、1人予定が合わなかったので6人戦になっています。さらに来週はクリスマスに突入し、予定がつかない人間も出てきたので6人以下の試合になることが確定しています。現時点の予定では普通に土曜夕方にやることにしてますが、誰か予定入ってる人おらんの?? ねぇ。 もう1人以上キャンセルが出たら流石に中止にするので、欠席の人はお早めにご連絡ください(あと追加出席の人もお早めにご連絡ください)。

 

 


拍手

 リーク第1弾からはだいぶ時間が空いたけど、そろそろ本格的にスポイラーの時期に入っていくので、ぼちぼち記事立てしていこう。出来れば公式のメカニズム解説に合わせてスタートさせた方が分かりやすいんだけども。

 

○新メカニズム

Improvise(即席)

以下の注釈で表示される能力である。「あなたはあなたのアーティファクトをタップして、1つあたり(1)の支払いに代えてもよい」。まぁ、ぶっちゃけ「アーティファクト版の召集」である。アーティファクトが並べば軽くなる呪文なので、印象としては(親和+召集)÷3くらいのイメージ。親和より強い点は何一つなく、デッキが偏るので召集よりも使い道は制限される。ただ、専門デッキが作れれば召集以上の安定性を見せる可能性があるので一応下位互換ではない。なお、召集と親和のストーム値(マローが勝手に付けている、「どれくらい再録される可能性があるか」を示す値。詳しくはこちらの記事参照)は、召集がレベル3(実際に再録されてる)、そして親和は最大のレベル10であり、分かりやすく言えば「やらかしちゃった」系の能力である。何とか親和を現実レベルまで調整しようとした結果が、この召集との掛け合わせだったのだろう。まぁ、今回はスモールセットだし、大した数も出ないだろうからそこまで大きな影響を与えるような化け物能力になるとは思わないが、コスト軽減系は開発チームには鬼門であり、ここ最近でも禁止カード連発の大失態は探査カードで起こっている。果たして、この能力は神となるかゴミとなるか。

 

 

 


拍手

12月11日 ドラフト模様(KLD×3

ピック順 【Alessi】→【Thraxi】→【Sea-chicken】→【Metallica】→【Serra】→【Mei】→

 

 このブログ記事を読んでいる人たちがどんな層なのか詳しくは分からぬが、こんな経験がある人はどれくらいいるだろう。「土曜の夜にドラフトが終わってほどよい倦怠感に包まれているところに、『ドラフトお疲れ様です、ところで、明日ドラフトやりませんか?』というメールが来る」。我々は、そんな経験がある。つまり、この日だ。突如訪れる阿呆のために、我々はよもやの2日連続ドラフト勝負と相成った。とはいえ、実はここ最近ではこの不測の事態もちょくちょく発生していたのである。まぁ、流石に疲労が重なるし時間もないので、そういうイレギュラーな日程の通信なんて書かないのだけどね。ピック表を付けないだけでもドラフトのスピードが上がるから多少楽になるし。しかし、今回は信じられないことに、こんな会話があったのだ。

 

??「ピック表つけないんですか?」

オレ「いっつも書かへんって言ってるやん、通信2本も書いてられるか」

??「せっかく来たんだから、書いて下さいよ」

オレ「原稿料払えば考えたる(ニヤリ)」

??「いくら出せばいいんです?」

オレ「そうやなぁ、5000円くらいかな」

??「じゃ、それで(即答)」

オレ「ファッ?!」

 

 ……というわけで、当記事は、5年以上の歴史をドラフト通信とともに刻んできたこのブログにおいて、史上初めて「原稿料が発生し、スポンサードされたドラフト通信」になります。うかつだった。金の使い道に困ってソシャゲに突っ込んでカード止められるようなヤツに軽々しく金の話をふっかけるべきではなかったのだ。あと、ふっかけるなら倍ぐらいの値段にしておけばよかったのだ(下手したら倍額でOKされてたかもしれんしな!)。

 こうして私はついに、このブログ記事を収入に繋げることに成功したのです。1円ライターが話題になっているこのご時世、1記事で5000円って破格の収入ですよ。全部のエントリーに同額の収入が発生するなら、ボクは間違いなくブログだけで食っていけますよ(たとえば今年9月なら87記事なので月収が43万)。……引き続き、お仕事募集中です。まぁ、お金もらうシステムしらないけど。

 ちなみに、当記事は奇しくも、「Magic」カテゴリの記事としては666本目です。なんかもう、邪念しか渦巻いてない。

 

 


拍手

12月10日 ドラフト模様(KLD×3

ピック順 【Thraxi】→【Chrolony】→【Sangriter】→【Serra】→【Sea-chicken】→【Mei】→【Alessi】→

 

 今週こそはスタンダード・ショーダウンに出ようかと思ってたんだけど、金曜日の夜に辞書をめくりに来る奴が何故か毎週九州から出てくるもんだから、なかなか参加出来ない。来週がラストチャンスなのだが……。

 まぁ、もう後輩にスタンダードのデッキ云々は託してしまいましたしね。というわけで、Magic歴数ヶ月の某氏が、今週末いよいよスタンダードデビュー。我々のコミュニティ、こんだけパックを剥いているにも関わらず、私ともう1名がちょこちょこプレリに顔を出す程度で、ほとんど公式戦に手を出していないのです。そこで、最年少の新鋭がいよいよ外界に飛び出したわけだ。これを書いている時点では結果は分からないが、正直、最初の1戦なので「勝てればいいなぁ」よりも「親切な人と対戦出来るといいなぁ」の方が強いですね。私も公式戦では親切にしてもらった記憶、マナーの悪い相手に辟易した記憶、色々ありますので。せめて自分くらいはマナーの良いプレイヤーでありたいものです。まぁ、コミュ障なので知らない人と会話すると必要以上に下手に出ちゃうんですけどね。

 

 


拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
28 29
30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[04/24 Seachicken]
[04/24 NONAME]
[04/23 NONAME]
[04/22 metalica]
[04/07 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター