忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。普段使ってるWordにほったらかしだったアプデかましたらフォントやスタイルがよくわからんようになった。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

Blessed Light 祝福の光 (4)(W) C

インスタント

対象のクリーチャーかエンチャントを追放する。

 天使の布告(GTC)」がインスタントになった純正アップグレード。こうしてリミテッド向けのコモン除去が完全な状態で上位互換を作るのは最近だと割と珍しい気がする。元々の呪文でも充分使用に耐えうるものだったのだから、リミテッドならばエース級の1枚。5マナとは言え、白の完全除去がこんな形で提供されるのを見ると「ホント白って節操ないよな」という怒りがふつふつと。ちなみに、この光がどのようにして降り注いでいるかというと、なんとべナリアの教会のガラスを通しただけの太陽光らしい。全自動魔物除去マシンとなったガラス、強い。

 

Arcane Flight 秘儀での飛行 (U) C

エンチャント・オーラ

エンチャント(クリーチャー)

エンチャントされたクリーチャーは+1/+1の修正を受けるとともに飛行を得る。

 何はともあれ、絵が最高にイカしているカード。もう、こんなダイナミックなにゃんこは金輪際拝むことができないのではなかろうか。よくネットのおもしろ動画とかに上がっている、「目測誤ってあらぬところで落下していく猫」が見せるこの跳躍時のポーズ。普通ならこのまんま重力に負けて残念な結果に終わってしまうわけだが、ドミナリアでは違う。虎に翼ならぬ猫に翼だ。きっとこの後、見事なフライング猫パンチが炸裂してお目当の小鳥を取ることができたのだろう。まぁ、フレーバーによると生態系がいい迷惑らしいが、別にこの程度で鳥が絶滅したりはしないからでぇじょぶだ。で、そんな飛行猫で満足してしまったが、史上何枚目かもうわからない「飛行(M12)」の上位互換カード。最近だったら小型の「風と共に」って言った方がわかりやすいだろうか。コストが半分だから修正値も半分。まぁ、どう考えても2マナで+2の方が強かったのだが、これだってクリーチャーの強さが激変するのは同じこと。適当な地上の1/3あたりを飛ばして適宜基盤クリーチャーを作るのがいいだろう。青絡みの速いデッキが組めるならキーカードになりうる。

 

Dread Shade 戦慄の影 (B)(B)(B) R

クリーチャー・シェイド

3/3

(B):〜はターン終了時まで+1/+1の修正を受ける。

 各色レアに与えられた3マナトリプルシンボルサイクルの黒。シンプルなステータスにシンプルな能力。わかりやすい強さはいかにも単色クリーチャーといった趣である。ベースになっているのはおそらく真っ黒環境トーメントで産声をあげた「ナントゥーコの影(M11)」だろう。シェイド能力はこの時点で既に黒のお家芸として定着していたのだが、その基本形は3マナ1/1と貧弱な「立ちはだかる影(M10)」。出した直後にちょろっと火力で焼かれたりするのが弱点の、イメージ通りにわりと儚げな種族だった。そこに彗星の如く現れたレアクリーチャー「ナントゥーコの影」は2マナ2/1と素のステータスも最低限のものを有しており、そこから吹き出すパンプ能力はなかなかにセンセーショナルで、3ターン目にこいつが5/4で突っ走る姿は当時の黒を象徴するものでもあったのだ。しかし、それ以降のクリーチャーインフレは甚だしく、数年後に基本セットで帰還した時にはそこまでの活躍は出来なかったのが悲しいところ。そして今回、そんなシェイド業界に新たな風雲児。3マナ3/3はさらなる身体強化に成功した最高形。なんと4ターン目にして7/7が突っ込んでくるかもしれないという恐怖。なるほどこれはレアだし、是非とも黒単に投入して相手をヒーヒー言わせたい。惜しむらくは、現在の環境だとタフネス3は割といろんな除去の圏内なので出した瞬間の隙を考えると3ターン目に出しにくいことくらいか(まぁ、どんだけ心配しても「致命的な一押し」なら死ぬけど)。単色の時代が花開くかどうか。

 

Final Parting 最後の別れ (3)(B)(B) U

ソーサリー

あなたのライブラリからカードを2枚探し、1枚をあなたの手札に加え、もう1枚をあなたの墓地におく。その後、あなたのライブラリを切り直す。

 このセットのチューター。ベースとなるのは当然「魔性の教示者」だが、追加の1マナで墓地にカードを置けるようになったギミックはむしろ「ジャラドの命令(RTR)」の亜種と見るべきだろうか。あちらは1マナ軽いとはいえ、レアのマルチカラーでクリーチャー限定。こちらは単色のアンコモンというのだから、随分パフォーマンスは向上している(まぁ、「ジャラドの命令」が大して使われなかったという事実はあるが)。リミテッドなら普通にチューターとして使っていけるが、残念ながらこのセットは墓地にカードを置く意味はあまりないため、黒にいくつかあるリアニギミックとの併用が前提になるだろうか。すでに公表されているカードなら「遷延する幻影」あたりでちょっとだけアドバンテージだ。なお、こちらのカードは「注目のストーリー」の2幕目に設定されている。リリアナが愛しのジョスお兄様を撃破して眠りにつかせるシーン。せっかくレジェンドで登場したのにこの時点で死亡確認されてるお兄様不憫。

 

Josu Vess, Lich Knight リッチの騎士、ジョス・ヴェス (2)(B)(B) R

伝説のクリーチャー・ゾンビ、騎士

4/5 威迫 キッカー(5)(B)

〜が戦場に出た時、それがキッカーされていたなら、2/2で威迫を持つゾンビ・騎士・クリーチャー・トークンを8体生成する。

 お兄様! そんなわけで、すでに数百年前に死亡していたリリアナさんの愛するお兄様がクリーチャーとして登場。当時、まだピッチピチだったリリアナさんはお兄様の病を治すために怪しげな本を調べて治療を試みたが、その時に「鴉の男」に誑かされ、結果お兄様にトドメを刺すことになってしまった。その時のショックで彼女はPWとなり、リリアナがドミナリアを離れた後にヴェス家は衰退の一途を辿る。久しぶりに実家に里帰りしたリリアナさんを待ち受けていたのは、憎きベルゼンロックの手で復活し、死者の軍団を率いて立派に大将格になっていたゾンビお兄様でしたとさ。めでたしめでたし。なお、公式ストーリーではすでにギデオンさんの優しさもあって討伐済みである。4マナ4/5威迫というナイスバディの時点で話は終わるのでそれ以上の部分はあまり意味がない。アンコモンくらいの印象のお兄様。なんで究極奥義で8体なんて半端な数のゾンビが出てくるのかと思ったら、ちょうどパワーの合計が20になるからなのね。いや、そこ意味ある?

 

Right of Belzenlok ベルゼンロック典礼 (2)(B)(B) R

エンチャント・英雄譚

Ⅰ、Ⅱ - 0/1で黒の、クレリック・クリーチャー・トークンを2体生成する。

-6/6で飛行とトランプルと「あなたのアップキープの開始時に他のクリーチャーを生贄に捧げる。そうしなければ、このクリーチャーはあなたに6点のダメージを与える」を持つデーモン・クリーチャー・トークンを1体生成する。

 このブロックのデーモン枠だろうか。ベルゼンロックさんは特別枠なので、彼の手下のレッサー(?)デーモンとしてこちらのトークンを用意。悪魔との契約には多少の準備が必要なのもお約束で、信者を集めるために2ターンかかり、その後登場するのはいつも通りに生贄プリーズな「奈落の王(10E)」系統のデーモンである。時間はかかるが、最終的に得られるものに対して4マナというコストはかなりお買い得。その前にパーマネントも4つ得られるし、「センギアの従臣(TSB)」の亜種と考えてもなかなか使い勝手が良い。せっかくのデーモンなのにトークンなのはビジュアル的にちょっと寂しいが、素敵なトークンカードを作ることでフォローしてあげよう。

 

Skirk Prospector/スカークの探鉱者(ONS)」 C

 やはりゴブリン花盛り。史上最大のゴブリン環境だったオンスロートから再録されたのは、専用のデッキだとちょいちょいお目にかかることもある小粋な1マナクリーチャー。当時の(我々の中での)相性は「スカタン」である。もともとゴブリンってのは軽い部族なのでマナ加速はそこまで必要とされていないのだが、「自分でサクれる」という時点で旨味があったし、好きなゴブリンをサクれるのでトークン戦術なんかとも相性がいい。デッキの基盤にはならないが、様々なつながりが感じられるいい1マナ圏だ。

 

Cabal Stronghold 陰謀団の要塞 R

土地

(T)(C)を加える。

(3)(T):あなたのコントロールする基本沼1つにつき(B)を加える。

 当時大活躍した黒単デッキのキーパーツ「陰謀団の貴重品室(TOR)」のリメイク。無条件でマナが出せるようになったので全体としては丸くなり、そのぶん、トータルで出せるマナが1マナ減ってしまった。また、単に「沼」ではなく「基本の沼」が必要になったことも一応の制限といえるだろうか(「ヨーグモスの墳墓、アーボーグ(PLC)」とのシナジーが使いにくい)。現在の環境でこれが輝くほどの尖った黒単が出てくるかと言われると、多分まだ厳しい世界だ。基本的には色を広げて対応力を上げる方向で強いデッキが多く、単色は赤単、緑単などが存在しているが、マナをたくさん出す形での黒単はまだ形が見えない。とはいえ、今回のドミナリアでは多少単色方向への揺り戻しもあり、可能性もゼロとはいえない。何か黒マナを全力で叩きつける方向の呪文が登場すればワンチャンあるか。そうだ、「霰炎の責め苦(HOU)」があるじゃないか。

 

拍手

PR

4月7日 ドラフト模様(RIX×2 XLN

ピック順 【Alessi】→【Newcomer】→【Mei】→【Thraxi】→【Chrolony】→【Serra

 

 お別れちゃうんかい。なんか、おるな。そういうとこだぞ。

 というわけで突発的な6人戦です。もう色々グダグダよ。環境も終盤、まだまだニューカマーは手探り。そんな状況で我々は一体何を目指してドラフトを続けているというのだろう。

 

 なお、今週はすでに欠席報告が出ており5人に満たないのでドラフトは行われず、再来週(4/21)がイクサランドラフト最終回の予定です。ただ、前日の4/20がどうやら各方面から人員が押し寄せる面倒な日らしいので、私の体力が維持できるかどうかは分かりません。最近は予想外のところから突然メンツが来たりもするので、万一今週来るという人は早めに通知しないと誰もこないのでよろしく(何の心配をしているんだろう)。

 

 


拍手

 

Benalish Honor Guard べナリアの儀仗兵 (1)(W)

クリーチャー・人間、騎士

2/2

〜はあなたのコントロールする伝説のクリーチャー1体につき+1/+0の修正を受ける。

 脇にレジェンドがいるだけで気が大きくなっちゃう系の取り巻き。熊ステータスなので最低限の役目を果たしつつ、この世界ならそこそこの頻度で3/2、あわよくば4/2くらいを狙っちゃおうという出世欲の塊だ。4/2まで成長することが期待できれば確かに強烈ではあるが、どうせタフネスは上がらないから大体同じマナ域のカードと相打ちすることになる。サイズアップの旨味が活かせるのは実はブロッカーになった時じゃないか、という気もする。「不同の力線(GPT)」を張っておくと超格好良くなるが、この2枚が並ぶチャンスは今後の地球上に存在するだろうか。

 

Daring Archaeologist (果敢な考古学者) (3)(W) R

クリーチャー・人間、工匠

3/3

〜が戦場に出た時、対象の、あなたの墓地にあるアーティファクト・カードを手札に戻す。

あなたが伝説的な呪文を唱えるたび、〜の上に+1/+1カウンターを1つ置く。

 「歴史的な発見だ!」って騒ぐわりには、その歴史ってさっきお前が墓地から掘り出してきたやつじゃん、っていう、ゴッドハンドなクリーチャー。どこの世界にもこうした自作自演野郎というのはいるものだ。とりあえず「宝捜し(10E)」と同様のアドソースなのでデッキに入れておいて損はない。さらに回収したアーティファクトからすぐに4/4にはなるだろうからサイズも充分。一応レアの威厳はあるが、やってることが絶妙に地味なのでなかなか構築でお呼びがかかるようなこともなさそうだ。

 

Mesa Unicorn メサ・ユニコーン (1)(W) C

クリーチャー・ユニコーン

2/2 絆魂

 生まれ変わった「司教の兵士」。世界には吸血鬼シナジーはあるけどユニコーンシナジーは多分無い。まぁ、なくてもいいじゃない。はんこんだもの。

 

Sage of Lat-Nam/ラト=ナムの賢人(8ED)

 また懐かしい名前。ラト=ナムは魔法使いの研究者が多いイメージの地名。私がなんとなく知っているカードといえば絶妙に痒いところに手が届かない気がする「ラト・ナムの図書館(6ED)」と、第8版に続いて2度目の再録となるこのおじいちゃんである。当時は特になんの印象もなかったカードだが、歴史的トリガーのおかげでアーティファクトはなんとなくキャストするだけでも意味を持つようになり、リソースをグルグル回せるこのクリーチャーはそれなりにシナジーが構成しやすい環境。白青の歴史的アーティファクトデッキが組めたなら、潤滑剤として活躍が見込めそうだ。

 

Slinn Voda, the Rising Deep 上昇底流、スリン・ヴォーダ (6)(U)(U) U

伝説のクリーチャー・リバイアサン

8/8 キッカー(1)(U)

〜が戦場に出た時これがキッカーされていたなら、マーフォークとクラーケンとリバイアサンとタコと海蛇以外の全てのクリーチャーをそのオーナーの手札に戻す。

 こんなんでもアンコモンという信じられない世界。いや、強さとかじゃなくて、インパクトの面でさ。こんなん、パック開けてザクザク出てこられても……。とりあえずリバイアサンである。かつては青のデカブツ枠の代表格だったリバイアサンも、スフィンクスにその地位を奪われてからは割と日陰者。ちょいちょいインパクトのあるカードで攻めては来るのだが、いかんせん小狡いスフィンクスの方はカードを引いたり呪禁だったりと器用なので、単なるデカブツにはなかなか出番がないのである。こちらのレジェンダリーなお魚も、素出しで8マナ8/8バニラというかなりお払い箱なステータス。レジェンドなんだからもうちょい頑張れよ、と思ってつけてみたキッカー能力も、トータル10マナは流石にネタ要素でしかないだろう。そりゃま,決まればフィニッシュには違いないだろうが……「ケデレクトのリバイアサン(ALA)」とか、強かったよね。

 

Syncopate/中略(RTR)」 C

 2度目の再録となるシンコペイトがレアリティをコモンに戻しての復活。考えてみればこの呪文の原産地はオデッセイだったわけで、原点回帰して当時の性能を思い出せるというものだ。その安定した強さは各環境で証明済み。今後のコントロールの呪文選択に注目だ。

 

Tolarian Scholar トレイリアの学者 (2)(U) C

クリーチャー・人間、ウィザード

2/3

 盲目の幻(FUT)」の種族変更再録。それはつまり「ジュワー島の小走り(ROE)」の再録ということでもある。イリュージョンが人間になったっていうならまだ面目は保てるが、カニの同型って言われても……いや、でかいカニとタメはれる学者っていうだけでもすごい気もするけど。幸いこの世界にはウィザードシナジーも多いので、中堅どころの肉を構えながらのシナジー要員としてはそれなり。

 

Unwind (2)(U) C

インスタント

対象の、クリーチャーでない呪文を打ち消す。

最大3つまでの対象の土地をアンタップする。

 なんと、Magic業界の鬼門の1つであるフリースペルが復活した。「呪文の解決時に支払ったぶんのマナが起きちゃう」というフリースペルは、その手軽さとコンボ要素から一大ジャンルを築き上げた呪文群で、「フェアリーの大群(ULG)」「断絶(ULG)」「大あわての捜索(ULG)」などなど、いまだに各種環境で活躍している呪文は多い。ヘンテココンボの温床になるため、製作チームも自重する傾向にあったのだが……でもまぁ、実際はそこまで驚くべきことでもない。フリースペルの代表格である「巻き直し(M13)」はちょいちょい再録されているが、特に問題は起こしていないからだ。これには理由があり、能動的に唱えることができるフリースペルはコンボのタネになる危険性があるが、相手のアクションに対応する形のカウンター呪文の場合、立て続けに唱えることができず、結果的に「強いカウンター」にはなるが、「壊れた土地アンタップ呪文」にはならないということがわかっているためだ。「取り消し」がフリーになると1マナ重くなって「巻き直し」、そして「否認」がフリーになると1マナ重くなってこれ。マナ勘定もあっている。これが活躍できる環境になれば、それはもうコントロールの勢力圏ということ。この起こした3マナでどう動けるかがキーになるので、環境のインスタントドロー呪文の質次第で評価も大きく変わってくるだろう。今後の進退が気になる呪文である。

 

Divest 抜去 (B) C

ソーサリー

対象のプレイヤーは手札を公開する。あなたはその中からアーティファクトかクリーチャーであるカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーはそのカードを捨てる。

 今後に期待が持てる1マナハンデス。性能としては「村八分(7ED)」の完全上位互換で、「蔑み(KTK)」とは親戚関係にある。もともと「村八分」は「強迫」の対になる呪文として作られており、クリーチャーが「村八分」、それ以外が「強迫」という住み分けだった。当時はクリーチャーだけを捨てるという能力も充分有用でバランスが取れていたのだが、昨今は特にPWという新しいカードタイプの登場により、「強迫」の強さが際立っていた。そこでついに、今回コモンで完全上位互換が登場し、いくらか効果範囲を広げて大きくアピールできる1枚に仕上がっている。これにより機体カードにも手が届くようになったことは大きな意味を持ち、とにかく序盤にクロックを展開されたくないというコントロールデッキの願いがほぼ確実な形で叶えられるようになった。リミテッドでは最高の1マナアクションになりうるし、このレベルならば充分構築でもニーズがあるだろう。どうしたドミナリア、強いぞドミナリア。

 

Lingering Phantom (すがりつく亡霊) (5)(B) U

クリーチャー・スピリット

5/4

あなたが歴史的な呪文を唱えるたび、あなたは(B)を支払っても良い。そうしたなら、〜をあなたの墓地から手札に戻す。

 死んでも死にきらないスピリット。ステータスはそこそこだが、このサイズが何度も立ち上がってくるとなれば、それは確かに鬱陶しい。ただ、何度も立ち上がるということは何度も6マナ払ってるわけで、それはそれでやっぱり鬱陶しい。適当にデッキに放り込むだけでは活躍は難しいだろう。できれば1マナでアドバンテージが取れるという旨味を最大限に生かすために、手札を捨てるコストに充てるなど、いちいち場に出さなくとも使えるギミックが欲しい。まぁ、これだけキッカー推しの環境なのだから多少速度は落ちるだろうし、このまま素出ししててもそれなりのプレッシャーにはなるだろうが。それにしても、わたしゃ「今度こそ環境が遅くなる、遅くなって!」と毎回言ってるのだが、なかなか実現した試しがないな(一応相克環境はちょっと遅くなったかもしれないけど)。

 

Fire Elemental/炎の精霊(M13)」 C

 やっぱり基本は大事。何事も原点に立ち戻り、「わぁ、おっきい、おっきいよ!」とサイズを楽しんでいたあの頃に戻るのだ。まぁ、今見ると別にそこまで大きい気もしないのだが……。直前のセットで「大気の精霊」が帰還したということは、これから半年かけて四大精霊が揃い踏みする布石でもあるのだろうか。「水の精霊(4ED)」とか今戻ってこられても違和感しかないが……。大気がアンコなのに炎はコモンだ。ずるい。ちなみにフレーバーテキストにはヤヤ様のありがたいお言葉が刻まれている。このババァ、歳食っても全然変わってないやんけ。

 

Ghitu Chronicler ギトゥの年代史家 (1)(R) C

クリーチャー・人間、ウィザード

1/3 キッカー(3)(R)

〜が戦場に出た時これがキッカーされていたなら、対象の、あなたの墓地にあるインスタントかソーサリー・カードを手札に戻す。

 キッカーしなきゃただの人シリーズ。なんだか全体的に赤っぽくないクリーチャーになっており、まず2マナ1/3の時点でちょっと珍しい。「捷刃のケンラ(AKH)」や「無謀な炎織り(KLD)」のように攻撃的な能力がついていれば納得もできるのだが、このクリーチャーの場合、純粋にディフェンスを目的としたデザインである。そしてキッカー時には何故か赤の「無政府主義者(9ED)」ではなく青の「古術師(M14)」能力を発揮する。まぁ、最近はイゼットの連携のおかげで赤もこうして「インスタントかソーサリー」をチェックする機会も増えているので、今後はこれを赤青2色でやっていくという発表なのだろうが。「古術師」よりも2マナも重たいのでそこまで嬉しい効果でもないが、2ターン目に構える壁としては最低限。赤のコモンにすら2/2を止められる壁役が導入されているということは、確実に今回のリミテッドはロングゲーム狙いである。土地18枚の世界に久しぶりに戻れますかね。

 

Two-Headed Giant 双頭巨人 (2)(R)(R) R

クリーチャー・巨人、戦士

4/4

〜が攻撃するたび、コインを2枚投げる。両方とも表が出たなら、〜はターン終了まで二段攻撃を得る。両方とも裏が出たなら、〜はターン終了時まで威迫を得る。

 名前だけでちょっと面白かった。「双頭巨人戦」というフォーマットが正式に定められたのは2005年のことらしい。その時点で、実は「双頭巨人」というクリーチャーはおらず、名前の元になっているのは「フォライアスの双頭巨人(2ED)」という古式ゆかしいクリーチャーであった。何故か代名詞的な存在になっていたこのカードは「時のらせん」でも「フォライアスのトーテム像(TSP)」として復活したのだが、見ての通りに能力はクッソ地味である。そこで、せっかく多人数戦の代名詞になっている名称なのだから改めてそれなりのカードを作ろう、というのがこいつの目的。……かどうかは知らないけど、とりあえず今後の双頭巨人戦デッキでは別にシナジーも何もなくてもお遊びで登場することはあるだろう。その場合はプレイヤー2人で1つずつダイスを振るといい。とりあえず4マナ4/4で、25%の確率で二段攻撃、25%の確率で威迫がつく。二段攻撃がつけばなかなか強力なクリーチャーなので、「四分の二段攻撃」くらいで覚えておくといいんじゃなかろうか。half strike。ちなみに「クラークの親指(MRD)」とのシナジーはどうなるんだろう、と思って確認したが、「クラークの親指」は「あなたがコインを1枚投げる場合」という書式だ。……どうなるんでしょう? 4枚投げて自由に組み合わせを選べるのかな?

 

Adventurous Impulse (冒険的衝動) (G) C

ソーサリー

あなたのライブラリを上から3枚見る。その中から、クリーチャーか土地であるカードを1枚公開し、それを手札に加えても良い。残りのカードを好きな順番でライブラリの下に置く。

 本家緑のめくって選ぶシリーズ。今回は特にセット独自のギミックを押し出すわけでもなく、本当にお手軽にいつも通りのお仕事をこなせるデザインになっている。対象がクリーチャーと土地なので近いところは「境界の偵察(KTK)」だろうか。あちらは3マナで5枚、こちらは1マナで3枚。一応「ハズレ」の可能性もあるので単純に良し悪しは決められないが、土地も選べる仕様ならばまずアドバンテージロスの心配はないだろうし、小回りがきくこの呪文が手軽で便利。今後は緑色の「思案(M12)」として様々なデッキで使われることになるのではなかろうか。

 

Llanowar Envoy ラノワールの特使 (2)(G) C

クリーチャー・エルフ、スカウト

3/2

(1)(G):好きな色のマナを1点加える。

 ちょっとだけ筋トレした「放浪のエルフ(INV)」。2マナ2/2と3マナ3/2のどちらがいいとは一概に言えないが、どうせこの能力はある程度マナが溜まってからでないと起動しにくいのだし、現時点ですでに結構な1/3クリーチャーの存在が確認されているので、多分パワー3は偉いんじゃなかろうか。マナフィルター能力も緑の特権として色事故の緩和に多少なりとも貢献してくれる良いサポート。多色デッキとまではいかないかもしれないが、これが2、3枚も回収できればタッチカラーの選択肢が大きく広がるはずだ。

 

Gilded Lotus/金粉の水蓮(M13)」 R

 フレーバーテキストでカーンさんが「自分がやらかしたこと思い出すわ……」と凹んでいることからも分かる通り、ミラディン原産の特大ロータスである。ドミナリアにも生えてたんですね。今じゃミラディン(新ファイレクシア)にはこんなもんは生えてないだろうなぁ。いや、でも案外ヴォリンクレックスさんあたりが育ててる可能性もあるかな……。実績のあるカードなので、今後も何かしらマナランプやヘヴィーコントロール系のニーズがあれば食い込んでくる可能性はある。まぁ、元からレア止まりなのでそこまで値が上がることもなかろうが。

 

Memorial to Folly 愚蒙の記念像 U

土地

〜はタップ状態で戦場に出る。

(T):(B)を加える。

(2)(B)(T)、〜を生贄に捧げる:対象の、あなたの墓地にあるクリーチャー・カードを手札に戻す。

 各色で与えられた「記念像/Memorial」という名前の土地サイクル。像なんだからアーティファクトなんじゃねぇか、って気もするのだが、その像が建てられた場所自体を表している様子。それぞれ、その色や事件を代表する偉人たちの像が建てられており、サクるとちょっとした効果を得ることができる。黒の像は何やら魔術師らしき二人の人物像であるが、ウルザ・ミシュラ兄弟でしょうかね。この二人で効果がリアニってのもなんだか皮肉な話である。サイクル中でも起動コストが最も軽く、中盤から終盤にかけて手軽に使っていける効果なのでデッキの受けの幅は広い。長期戦を視野に入れたデッキなら適当に入れておいても活躍できるんじゃなかろうか。

 

Memorial to Genius 天才の記念像 U

土地

〜はタップ状態で戦場に出る。

(T):(U)を加える。

(4)(U)(T)、〜を生贄に捧げる:カードを2枚引く。

 青の記念像は当然ドロー。描かれている人物は遠すぎてよく見えないが……場所はトレイリアのアカデミーっぽいので、多分バリンじゃないかな。サクってドローできる土地なので「荒廃した瀑布(BFZ)」と大体同じ。こちらはタップインなので1マナ軽くなっている。「荒廃した瀑布」も当時はそれなりにニーズがある1枚だったので、こちらも当然終盤以降にプレッシャーを追加する手段としてリミテッドでは重宝するに違いない。カードさえ引ければなんでもええねん。

 

Memorial to Glory 名誉の記念像 U

土地

〜はタップ状態で戦場に出る。

(T):(W)を加える。

(3)(W)(T)、〜を生贄に捧げる:1/1で白の、兵士・クリーチャー・トークンを2体生成する。

 白の記念像は素直にジェラードですかね。立ってるのもべナリアの宮殿っぽいし、効果もシンプルに白い。これら記念像サイクルは起動できるようになるのがゲーム中盤以降なので、残念ながらサイクルの中ではあまり影響力が大きくない方の1枚になってしまっているが、土地からパーマネントが増やせるのはまぎれもない事実。できれば横並びの戦術が取れるデッキでのサポート要員として見込みたいところ。

 

Memorial to Unity 結束の記念像 U

土地

〜はタップ状態で戦場に出る。

(T):(G)を加える。

(2)(G)(T)、〜を生贄に捧げる:あなたのライブラリを上から5枚見る。その中からクリーチャー・カードを1枚公開し、それを手札に加えても良い。残りのカードを無作為にライブラリの下に置く。

 緑の記念像は……ごめん、誰だか分からない。緑だしエルフっぽいから、候補としてはエラダムリーくらいしかいないかな。まぁ、とりあえず蔦が絡まっちゃった像。起動すると「自然との融和(10E)」効果。せっかくなのでサイクルで元カードとの比較をしておくと、黒は「墓暴き」で1マナ、青は「予感」だから3マナ(「霊感」だと4マナ)、白が「急報」で2マナ、赤は「石の雨」で3マナ。インスタントとソーサリーの違いはあるが、大体起動コストは2マナ追加くらい。中盤戦以降でも満遍なく活躍できてアドバンテージロスがないので、どれもそこそこ使いやすい。あとはタップインが許容できる色かどうかだなぁ。

 

Memorial to War 闘争の記念像 U

土地

〜はタップ状態で戦場に出る。

(T):(R)を加える。

(4)(R)(T)、〜を生贄に捧げる:対象の土地を破壊する。

 記念碑サイクルのラストを飾るのは赤。建てられた像はなんとあの「邪神カローナ(SCG)」である。カローナ別に赤単色じゃないやろ、と思うのだが、実は持ってる能力が速攻なので赤が一番近かったりする。あと「命令」サイクルの赤、「滅殺の命令(SCG)」を担当していたのもカローナだったので、現代だったらもしかしたらカローナは赤いクリーチャーになっていたかもしれない(もともと白いクリーチャーと黒いクリーチャーが合体した姿なんだが)。さておき、そんなカローナの記念像はなぜか「石の雨」である。……うーむ、そりゃ私は土地破壊は大好きだが、なんでこんなところで突然土地を割りたくなったのか……このサイクルはゲーム中盤以降でしか起動できないわけで、そんなタイミングで土地を1枚割ったところであまり意味はないだろう。しいて利用法を考えるなら、相手の「記念像」サイクルを先んじて割っておくくらいしかないか。土地から土地が割れるというのは「幽霊街(ISD)」と共通するムーブなので、「世界のるつぼ(5DN)」と併用できる下の環境の方が案外活躍できるかもしれない。どうしてもいま使いたいなら「ラムナプの採掘者(HOU)」とのコンボでどうぞ。

 

拍手

 

Board the Weatherlight ウェザーライトへの乗艦 (1)(W) U

ソーサリー

あなたのライブラリを上から5枚見る。その中から、歴史的であるカードを1枚公開し、それを手札に加えても良い。残りのカードを無作為にライブラリの下に置く。

 めくって探す系のサーチ呪文、ドミナリア版。この手の呪文は探せるカードが基本的に色で決まっており、緑はクリーチャーか土地、白がエンチャントかPW、青がインスタントとソーサリーとアーティファクトというのが基本。ただ、白は「なんか偉いものを探す」っていうテイストもあるので(だからPWを探す)、今回は各種カードタイプをまたいで歴史的呪文を担当することになった。2マナで5枚はだいたい相場くらいなので可もなく不可もなくだが、その分、サーチできる範囲が広く、単純に「アーティファクトだけを探す」というムーブの上位互換である。まぁ、ドミナリア以外には英雄譚が存在しないし、伝説でデッキを埋めるのも難しいので基本的にはこの世界でのデッキ(リミテorスタン)限定の活躍になるだろうが。下の環境で使うなら青と組み合わせてエスパー型のアーティファクトデッキになるのかな?

 

Danitha Capashen, Paragon 模範となる者、ダニサ・キャパシェン (2)(W) U

伝説のクリーチャー・人間、騎士

2/2 先制攻撃 警戒 絆魂

あなたが唱える装備品とオーラ・呪文は、そのコストが(1)少なくなる。

 これだけの性能がアンコモンで出てくるあたり、ドミナリアという次元の特異性を感じさせる。まぁ、3マナでこれだけの性能だとデッキにホイホイいれたくなるが、そこをレジェンドというルールで制限しているあたりでバランスをとっているということなのだろう。リミテッドで出されたらかなり鬱陶しいのは間違いないが。特殊能力の方も、コスト低減だけなので「コーの精霊の踊り手(ROE)」のように次々と次弾を引き込んでくるわけでもないのでそこまで恐ろしいものではない。よく見れば装備品に至っては「装備呪文を軽減」であって「装備コストを軽減」じゃないからな。そう考えると、なるほど確かにアンコモンなのかもしれない。ちなみにこのおねーちゃんはキャパシェンの名を冠してはいるが、一応ジェラードの直系の子孫ではないらしい。

 

Serra Angel/セラの天使(M15)」 U

 ただいま! おかえり! さすがにコモンになるとかいうとんでもない変更がなくてホッとしています。やっぱりリミテだとこの安定感がな。

 

Shalai,Voice of Plenty (3)(W) R

伝説のクリーチャー・天使

3/4 飛行

あなたと、あなたのコントロールするPWと他のクリーチャーは呪禁を持つ。

(4)(G)(G):あなたのコントロールする各クリーチャーに+1/+1カウンターを1つ置く。

 なんかとんでもねぇこと色々書いてあるな。自軍の他の連中を守る天使といえば、何と言っても「希望の天使アヴァシン(AVR)」だろう。自分も含めて全員が破壊不能というルール捻じ曲げおばけ。ただ、その分コストも8マナと充分おばけ。実用性のなさから、せっかくの主役キャラなのに使えねぇのかよ、と一部のマニアを落胆させた。後の世で闇落ちしたら強くなってガンガン使えるようになってしまったのも寂しい話。こちらの天使は、そんなアヴァシンのやりすぎ防御能力には劣るがそれでも充分バケモノ級。なんで白のくせにホイホイ呪禁を配ってしまうのかと説教を小一時間。緑色の起動型能力で「ほら、緑だったら呪禁は問題ないから」とわけのわからない言い訳まで考える始末。まぁ、もしかしたら今後の世界で緑の天使が現れ出して、白緑の天使・統率者デッキを組むための布石なのかもしれないが。とりあえずリミテッドなら文句なしでコワレ。構築でも除去の性能次第では何か活躍するデッキが見込めるかもしれない。まぁ、一押しされるだけで割と致命的ですけどね。2体並べれば(以下略)

 

Cabal Evangel 陰謀団の福音者 (1)(B) C

クリーチャー・人間、クレリック

2/2

 ザ・バニラ。しかも人間。ザ・ヒューマン・バニラ。現在のイクサランでも「女王湾の兵士」は吸血鬼デッキを中心にそこそこニーズがあり、黒ならこの熊ステータスというだけでもありがたいことが多い。次の世界でも多分最低限のニーズはあるのだろうな。ちなみに、この人が圧巻なのはフレーバーテキスト。ベルゼンロックを讃える文句をテキスト欄いっぱいに唱えているわけだが、そこに出てくる称号は「悪魔王/Demonlord」という彼のカード名に始まり、「要塞のエヴィンカー/Evincar of the Stronghold」、「闇の末裔/Scion of Darkness(LGN)」「漆黒の手の主/Master of the Ebon Hand」「陰謀団の永遠総帥/Eternal Patriarch of the Cabal」などなど、とにかく過去にドミナリアで悪さをした集団の回顧録のごとく。ベルゼンさん、名乗るにしてもどれか1つにしとけよ。

 

Cabal Paradin 陰謀団の聖騎士 (3)(B) C

クリーチャー・クレリック・騎士

4/2

あなたが歴史的な呪文を唱えるたび、〜は各対戦相手に2点のダメージを与える。

 福音者もいれば聖騎士もいる。黒いカード名のくせになかなか洒落ているのが今回の陰謀団である。まぁ、黒は我欲のための信教なら問題なく認めているのでね。4マナ4/2のゴキブリステータスに、ちょっとしたダメージ機構を搭載したコモンレベルの嫌がらせ屋。これがコモンにあるということは、歴史的トリガーというのはさほど頻発するものではないということなのだろうか。一応「雲石の工芸品(RAV)」あたりと絡めて瞬殺コンボも組めそうなのだが、多分そこまでやるようなカードでもないんだろう。キャストが必要なので「二の足踏みのノリン(TSP)」なんかとも特にシナジーはない。惜しいな。基本ステータスにボーナス付きなのだから、あまりシナジーを求めずともそこそこのニーズ。ちなみに、現時点でこのカードは日本語版だとダメージが2点じゃなくて1点になっているという割と致命的な誤植が報告されている。なんでそんなミスが出るんだろうな。

 

Caligo Skin-Witch カリゴの皮魔女 (1)(B) C

クリーチャー・人間、ウィザード

1/3 キッカー(3)(B)

〜が戦場に出た時、これがキッカーされているなら、各対戦相手は手札を2枚捨てる。

 キッカー系軽量生物。序盤は最低限の肉としてお茶を濁せるし、本来なら役に立たないような終盤戦にも決め手となるような追加能力。お手本のような構造である。まぁ、「貪欲なるネズミ(M13)」というハンデスクリーチャーの大先輩に比べるとなんか能力がどっちつかずな気もするが、1/3は序盤のブロッカーの任を務める部分も大きいので、仕事ははっきりと分けて考えるべきか。若干性質は異なるが「血鞘の儀式者(WWK)」と比べると全体的にもっさりしているのでコモンクオリティには違いない。これが効果的な世界になるかどうかは環境の速度次第。他に2マナの選択肢がないならこらえながらのロングゲーム狙いは理にかなっているが、ある程度速度があって代わりの選択肢もあるようなら、優先順位は下がりそうである。

 

Yawgmoth’s Vile Offering (4)(B) R

伝説のソーサリー

対象の、墓地にあるクリーチャーかPW・カードをあなたのコントロール下で戦場に戻す。最大一体までの対象のクリーチャーかPWを破壊する。〜を追放する。

 今回6枚収録されている伝説のソーサリーのうち1枚。古の大ボス、ヨーグモスさんがいけないことしちゃう瞬間が描かれている。やってることは簡単。相手の墓地やPWにまで対象を広げた「ゾンビ化」に「英雄の破滅」だ。なぁんだ、そんなに珍しいもんじゃないね。単に最大効率でアドが取れるだけの呪文ですよ。こんなもん、リミテッドで使われたらキレるかな。しょうがないね、伝説だもの。除去性能が追放でなくて破壊止まりなので、「ヴラスカの侮蔑」がフル回転してる今の環境だとあんまり出番ないかな。

 

Raff Capashen, Ship’s Mage 艦の魔道士、ラフ・キャパシェン (2)(W)(U) U

伝説のクリーチャー・人間、ウィザード

3/3 瞬速 飛行

あなたが唱える歴史的である呪文は瞬速を持つ。

 とにかく瞬速が大好きな、ジェラードの親戚筋。今回キャパシェンの名を継ぐ者は二人登場するのだが、おねーさんのダニサさんは「うち、べナリアで生まれた女やさかい、この国を守らなあかんねん」とウェザーライトへの乗船を拒否。がっかりするジョイラさんのところに弟のこいつがやってきて、「俺の方が役に立つから! 連れてって! 英雄になりたいんだ!」とやたら軽いテンションで乗組員となった。今回のクルーにおける青二才ポジションだとすると、将来的には「ジェラードの血筋が覚醒してめっちゃ強い主人公になる」パターンか「さっさと見せしめに死ぬ」パターンのどっちかになると思うのだが……さぁ、明日はどっちだ。とりあえず、現状ではジェイスにも似た幻影魔法などの使い手として描かれており、戦闘力というよりもトリック要員。まぁ、戦闘力も充分強いあたりはさすがに選ばれし血筋だが、その真価は着地した後のスペルの取り回し次第。伝説の呪文が全て瞬速ということは、伝説のソーサリーもインスタントとして使えるという点に注意。アーティファクトクリーチャーも全員瞬速になるので、「蜃気楼のマイア(MBS)」っていう地味なレアが完全にその存在価値を消失させている。これで英雄譚を読み始めると1章のすぐ後に2章が読めるようになるのもなんか悪そう。

 

Tatyova, Benthic Druid (3)(G)(U) U

伝説のクリーチャー・マーフォーク、ドルイド

3/3

土地があなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたは1点のライフを得て、カードを1枚引く。

 ゼンディカーからこぼれ落ちたような能力とイクサランから飛び出したようなカラーコンビネーションを持つマーフォーク。緑色のマーフォークはイクサランとラヴニカの専売特許だったのに普通にドミナリアにもいるんやなぁ、って思ったけど、確認したらそういえば「ガイアの空の民(APC)」っていう大先輩もいたわ。まぁ、あいつの場合はエルフとマーフォークのハーフっていうわけのわからん存在だったけども。さておき、そんなマーフォークがなぜか上陸することでカードを引く。本家ゼンディカーにもここまで節操のないクリーチャーはいなかったわけで、青緑とはいえちょっと簡単にカード引きすぎである。まぁ、その分ステータスはかなりパンピーだし、そもそも5マナ置いた後にどんだけ土地がセットできるのかという重たい上陸におなじみの悩みも。実際使ってみると2〜3枚ドローってところだろうし、案外アンコモン体質なのかも。

 

Weatherlight ウェザーライト (4) M

伝説のアーティファクト・機体

4/5 飛行 搭乗3

〜がプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたは自分のライブラリを上から5枚見る。その中から、歴史的であるカードを1枚公開し、それを手札に加えても良い。その後、残りのカードを無作為にライブラリの下に置く。

 復活のウェザーライト。かつてドミナリアで繰り広げられた物語は「ウェザーライトサーガ」などとも称され、この船がどれだけ象徴的なものであったかがうかがい知れる。かつては「飛翔艦ウェザーライト(PLS)」の名前でカード化されており、その後さらに「レガシーの兵器(10E)」となり、役目を終えて沈んでいった偉大なるレガシー。今回の物語はそんなウェザーライトをジョイラがサルベージして再び動かすところから始まるのだ。かつての「飛翔艦」と同じく4マナで与えられ、時代に即して立派な機体となったウェザーライト。「キランの真意号」のような無茶苦茶なコストでこそないが、このコストでも4/5飛行は充分サイズ。さらに攻撃が通れば今回同時に登場した白のソーサリー「ウェザーライトへの乗艦」と全く同じ効果が発動するため、着実にアドバンテージが膨れ上がっていく。なるほど確かに神話である。この能力をフル活用してがんがんクルーを集めれば、きっとあなたも明日から艦長気分。理想の一味で、目指せグランドライン(海賊はもういい)。

 

 

<以下、PWデッキ専用>

 

Chandra’s Outburst チャンドラの激昂 (3)(R)(R) R

ソーサリー

〜は対象のプレイヤーかPWに4点のダメージを与える。

あなたは自分のライブラリや墓地から「勇敢な紅蓮術士、チャンドラ」という名前のカードを1枚探し、それを公開して手札に加えても良い。そうしたなら、あなたのライブラリを切り直す。

 いつものやつ。もうちょっと、なんか、こう。

 

Karplusan Hound カープルーザンの猟犬 (3)(R) U

クリーチャー・猟犬

3/3

〜が攻撃するたび、あなたがチャンドラ・PWをコントロールしているなら、これは対象のプレイヤーかPWかクリーチャーに2点のダメージを与える。

 ちょっとボーナスつき「丘巨人(10E)」。特に見るべき点もない。

 

Pyromantic Piligrim (2)(R) C

クリーチャー・人間、ウィザード

3/1 速攻

 エルドラージの寸借者(OGW)」から全てを剥ぎ取った感じのクリーチャー。でもまぁ、コモンならこんなもんか。

 

Teferi, Timebender (4)(W)(U) M

伝説のプレインズウォーカー・テフェリー

<+2>: 最大1つまでの対象のアーティファクトかクリーチャーをアンタップする。

<-3>: あなたは2点のライフを得て、カードを2枚引く。

<-9>: このターンの後に追加の1ターンを得る。

【5】

 いかにもPWデッキ用、といったパッとしないテフェリー。奥義使っても追加ターン1つだけってなぁ。まぁ、使わないからいいけどさ。

 

Niambi, Faithful Healer (1)(W)(U) R

伝説のクリーチャー・人間、クレリック

2/2

〜が戦場に出た時、あなたは自分のライブラリや墓地から「Teferi, Timebender」という名前のカードを1枚探し、それを公開して手札に加えても良い。そうしたなら、あなたのライブラリを切り直す。

 テフェリーを呼んでくることだけが生きがいという、あまりにもニッチなレジェンド。お前の人生それでいいのか。

 

Teferi’s Sentinel テフェリーの歩哨 (5) U

アーティファクトクリーチャー・ゴーレム

2/6

あなたがテフェリー・PWをコントロールしている限り、〜は+4/+0の修正を受ける。

 5マナ6/6は色つきクリーチャーでも優秀な部類なので馬鹿にできないのでこれは悪くないかも。PWデッキのテフェリーはいらんが、本物のテフェリーの方の護衛役に使って見るとか……無理かなぁ。マナコストが被ってるのが惜しいなぁ。

拍手

3月31日 ドラフト模様(RIX×2 XLN

ピック順 【Thraxi】→【Mei】→【Sea-chcken】→【Alessi】→【Chrolony】→【Serra

 

 春なのに お別れですか 春なのに 勝ち星こぼれます。

 

 出会いがあり、別れがあります。さようなら。君のことは忘れない。忘れたくても。記録を遡ると、ドラフトへの正式参戦は2010年の10月、当ブログ上の通信ではNo.10。「ミラディンの傷跡」時代であった。もう、7年もプレイしてたのか……。もう、当時生まれたお子さんも小学生じゃないですか。そりゃ我々の関係性もズブズブになりますわ。なお、先週から参戦したニューカマーについては、その当時からすでに脇で見ていたやつらしいぞ。何がニューカマーだ。

 さて、最終戦の成績を華々しく飾ることができたのか……。っていうトピックもあるにはあったのだが、実はこの週末、想定外の闖入者が多く、それどころじゃない事態になってしまった。具体的には、土日の2日間でドラフトが3戦発生。週1のドラフト成立でさえヒーヒー言ってる我々としては異例の事態である。当然、私が面倒臭いので記録は1戦目のものしか残っていないが、一応そういう事実があったということだけは残しておく。2戦目、3戦目の参加者は以下の通り。

 

2戦目 【Thraxi】【Mei】【Metallica】【Sea-chcken】【Chrolony

3戦目 【Serra】【Thraxi】【Metallica】【Sea-chcken】【Chrolony】【Newcomer

 

 なんか、おかしな名前がリストにあるな。

 


拍手

3月24日 ドラフト模様(RIX×2 XLN

ピック順 【Serra】→【Newcomer】→【Mei】→【Thraxi】→【Alessi】→

 

 今週末はGP京都でしたね。私は残念ながら結局週末に予定を入れてしまったもんで会場を見に行くことが出来なかったんですが、今回スタンで最もシェアが多かったのがGRモンスターだったとのこと。そして、そんな中に入った「あまりにも強すぎる4ターン目のアクション」として大活躍したのが「再燃するフェニックス」だったわけです。

 そう、我々も不死鳥になろうではないか。何度死の淵に瀕しても。何度その命が終わろうとも。我々のドラフトは終わらぬ。

 というわけで、なんと今回は新たな挑戦者の登場だ! まだ参戦が固まっているかどうか不安なのでふわっと導入しておくが、ぶっちゃけ、これまで招き入れたどの初心者よりもハードな入門になっていると思う。何しろインスタントで一週間の仕上げ。サンプルデッキを使ってレクチャーはしたものの、簡単にルール説明した後に模擬戦もせいぜい4〜5戦程度。もちろんドラフトの機微など教えるべくもない。かつては「初心者用ドラフト」なんて導入イベントが開催できたものだが、今回はそれすらなしでのぶっつけ本番。アイツがGPの会場に行っていて休みだったのが救いといえば救いだが……。こんな状態でいきなりドラフトして、大丈夫か! そして、我々のドラフトは来週以降どうなってしまうのか?! 続報を待て! 続報があるといいな!

 

 


拍手

 

Serra Discple セラの信奉者 (1)(W) C

クリーチャー・鳥、クレリック

1/1 飛行 先制攻撃

あなたが歴史的な呪文を唱えるたび、〜はターン終了時まで+1/+1の修正を受ける。

 こんな名前のカードが今までいなかったことがちょっと意外ではある。そしてお前は天使じゃねぇのかよ、っていう。リミテッドでは基本戦力になりそうなフライヤー。歴史的な呪文はインスタントタイミングで打つのが困難なので基本的にはアタック時限定の水増し能力であるが、先制攻撃もついているおかげでブロックするのはかなり難しい。デッキの歴史率が高ければそれだけでフィニッシャーになりうるし、そうでなくてもチクチク殴る2マナクリーチャーとしてはそれなり。ちなみにフレーバーには「神学者たちは、祖神がセラの異なる神性であると考えるようになった」と書かれているが、「祖神」という言葉は主にオデッセイ以降のオタリア世界でクレリックが崇めていたものの呼称である。オタリアでの歴史が、結局それ以前のドミナリアの歴史に接続した、ということだろうか。

 

Academy Drake (アカデミーのドレイク) (2)(U) C

クリーチャー・ドレイク

2/2 飛行 キッカー(4)

〜がキッカーされているなら、これは+1/+1カウンターが2つ置かれた状態で戦場に出る。

 風のドレイク(KLD)or重たい「大気の精霊」の選択型クリーチャー。序盤から中盤にかけてはどんな環境でも一定の仕事がこなせる「風のドレイク」としての仕事を素直に担当し、最終盤で引けばフィニッシャーとしてより圧力を持った状態で登場できるという、キッカー呪文の基本理念に忠実なわかりやすいコモン。「風のドレイク」の時点でコモンとしては超合格なわけで、そこに選択肢まで生まれて弱いわけもなく。ただまぁ、キッカーモードで使う状況がどれくらい訪れるかと言われるとそんなに目覚ましいパワーアップでもないので、これまで「風のドレイク」をピックしていたタイミングと大体同じでいいんじゃなかろうか(つまり、割と難しい)。

 

Opt/選択(XLN)」 C

 開発チーム「20年ぶりに再録したoptだ!」 俺ら「キャー!カワイイー!」 開発チーム「再録したoptだ!」俺ら「もう見た……」。

 

Zahid, Djinn of the Lamp (4)(U)(U) R

伝説のクリーチャー・ジン

5/6 飛行

あなたは、この呪文のマナコストの代わりに(3)(U)を支払い、あなたのコントロールするアーティファクトを1つタップしても良い。

 ランプをこすってドロロンロン。出てくるのはなんとあの「マハモティ・ジン(M15)」である。ただ、「あの」とは言ってみたものの、かつては青の看板モンスターとして大活躍したジンのアニキも、クリーチャーのインフレが続くこの世界では今では割とモブ側。レアリティこそ保っていたが、基本セットのパックから登場しても(ドラフト時以外は)がっかりカードになってしまっていた。そこで一念発起、ジンのアニキもレジェンドに格上げし、さらにもう1つギミックを追加。6マナ5/6バニラは物足りないが、4マナ5/6なら? うむ、これなら充分すぎるモンスター。こするためのランプは必要だが、別にランプじゃなくてカットラスでも宝物トークンでもなんでもいい。歴史的な呪文との絡みでデッキでのアーティファクト採用率を上げることはその他のシナジーも期待できるため、リミテッドならコンセプトを維持したままでも充分その恩恵に与ることはできるのではなかろうか。まぁ、それでも構築で通用するレベルかと言われたら微妙ではあるのだが。先に出して「栄光をもたらすもの」に構えられるのは偉いのかな。

 

Fall Into Oblivion (1)(B) U

インスタント

対象の、伝説でないクリーチャーを破壊する。

 「英雄の死(BOK)」とは対になる除去呪文。「英雄の死」はさすがに選り好みが激しすぎて構築リミテッドを問わずなかなか出番を見つけにくかったカードだが、それでも、伝説がテーマの神河世界では稀に採用されることもあった。今回はその逆バージョンということで間口が広がり、リミテッドレベルでもかなり使いやすいカードになった(そしてアンコになった)。ただ、今回は過去の反省を活かしてか、神河世界以上にレジェンドクリーチャーが登場する確率が上がっている。一番痒いところに手が届かない事態に歯噛みする機会も増えてしまうだろう。まぁ、2マナの黒除去なんてそれくらいの不自由があってちょうどいいのだろうが。伝説出現率が低下するモダンなんかでは確度の高い2マナ除去として採用されるのではなかろうか。

 

Vicious Offering 不純な捧げ物 (1)(B) C

インスタント

キッカー(クリーチャーを1体生贄に捧げる)

対象のクリーチャーは、ターン終了時までー2/ー2の修正を受ける。この呪文がキッカーされていたなら、それは代わりにー5/ー5の修正を受ける。

 このセットのコモン除去。そして、見事に期待に応えるナイスカード。2マナー2インスタントの強さは現在も「渇望の時」があるおかげで説明不要であり、どんな環境だってこの強さが変わることはないだろう。そしてこちらの呪文は、中盤以降にも柔軟に対応可能なキッカーモードが搭載されてどれだけゲームが進んでも強さが色褪せない。ー5の修正を叩きつけて生きていられるクリーチャーなどほとんどいないわけで、確定除去のための追加コストだと思えばクリーチャーの犠牲など安いものだ。低マナでのキッカーカードとしても運用できるのでキッカーデッキならシナジーも見込めるし、コストが払いやすい黒緑のサリッドデッキなんかでもフル回転できるだろう。

 

Saproling Migration 苗木の移牧 (1)(G) C

ソーサリー

キッカー(4)

1/1で緑の、苗木・クリーチャー・トークンを2体生成する。この呪文がキッカーされていたなら、代わりにこのトークンを4体生成する。

 意外なことに「シンプルに苗木だけ出すソーサリー呪文」という過去の比較対象があまりないのだが、2マナで2体なら一番近いのは「鉄の樹の拳(RAV)」かな。インスタントなら1マナで1体出すだけの「芽吹き(TSP)」との比較。似たような効果である白の「急報(M15)」がインスタントなので素の効果だけだと見劣りする感はあるものの、キッカーによる増殖プランが狙えること、そしてこのセットにおけるサリッド・苗木シナジーの多さを考えれば、リミテッドでの活躍は「急報」を上回るものになるだろう。やはり2ターン目からパーマネントが2つ増やせるという選択肢は魅力的だ。サリッドデッキなら必須の先兵。

 

Guardians of Koilos コイロスの守護者 (5) C

アーティファクトクリーチャー・構築物

4/4

〜が戦場に出た時、あなたのコントロールする他の歴史的なパーマネントを1つ、そのオーナーの手札に戻しても良い。

 歴史をもう一度。こいつ自身も歴史的なので、これ1枚で歴史呪文誘発が2回確定するというギミック。ソーサリータイミングで自軍パーマネントを戻すだけなので動きとしてはもっさりしているが、自身が4/4とアーティファクトのくせにサイズ充分なので、マナカーブを綺麗に埋めつつギミックの厚みを増す手堅いクリーチャーと言える。一応こいつが2体いれば毎ターン歴史的なムーブが無限に行えるようにもなる。やりたいかどうかは別にして。

 

Zhalfiran Void U

土地〜が戦場に出た時、占術1を行う。

(T)(C)を加える。

 そういえば今まで無かったシリーズ。テーロスで登場した占術土地サイクルの無色版。色マナが出ないぶんアンタップインになるというのも古式ゆかしいセッティングである(「水晶鉱脈(6ED)」と「トロウケアの廃墟(6ED)」の関係性)。無色土地なのでデッキが3色以上ならアウト、2色でもデッキによっては許容できないだろうが、占術土地の潜在的な強さはかつての先輩たちが証明済みである。赤単のような明快なデッキならば案外居場所は見つかるのかもしれない。リミテッドでも2色デッキならある程度は許容できるレベルのデメリットだろう。マリガンして最初の占術でこれがめくれるとかいう楽しい経験も1回くらいはしてみたいものだ(マリガン自体やりたくないです)。

拍手

3月17日 ドラフト模様(RIX×2 XLN

ピック順 【Thraxi】→【Alessi】→【Mei】→【Serra】→【Chrolony】→

 

 一週間のご無沙汰でした。ドラフトです、まだ開催できていることの喜びをかみしめつつ、残り少ない人生を謳歌しましょう。

 という幕開けになってみたものの……今週末(3/24)は、近場で開催されるGP京都に出るという奴がおり、人数が集まらずに開催不可。幸い、なんとか来週(3/31)までは面子が確保できそうだというのでこれが最後の最後にならずに済んだわけだが……来週はお休み……。

 

 

 だがしかし、だがしかし。

 我々は……死なぬッ(かもしれない)。ドラフトを続けないと、繋がりが廃れて存在そのものが消えてしまう。そんな危機感に怯える老人の熱意と執念は奇跡を呼び起こすのか。なんと、そこらへんでひっ捕まえた哀れなカモから「じゃぁ、少しMagicやってみようか」という言質を取ることに成功したのである!! え? いいの?!

 というわけで、私が今週インストをするんですね。また、何時ぞやのようにサンプルデッキを作り、大雑把なルールを説明、導入し、いくらかトレーニングをする。その後、果たしてモチベーションを維持しつつ無茶なファーストドラフトに漕ぎ着けられるかどうかは神のみぞ知ることだが……。いや、これまでの先人たち(犠牲者たちともいう)はそれでなんとかなっていたのだ。なんとかしようじゃないか。なんとかなってくれ。

 というわけで、待て次週! ドラフト開催……成るや? 成らざるや?

 

 


拍手



 なんやこれ…………呆然とするしかないやん。

 ここをわざわざ見ているような諸兄は既にご存知のことと思うが、なんと、この度Wizards社がうっかり「ドミナリア」の中国語版リリースノートを漏らすというとんでもないミスが発端となり、「えぇい、半端なリークが飛び交うくらいならいっそ全ての言語で公式にリリースノート展開するわ!」というので、カードが1枚も公開されていないこの早い時期からいきなり核心に迫るリリースノートが公表されるという前代未聞の事態になってしまった。

 そりゃま、私だって毎度毎度リーク情報を見ながら一喜一憂しているような人間なので、こうして漏れてきたことに文句をいう資格もないのだが……今回の情報はやっぱりWizards社が考える「最も効率が良く、エキサイティングなプレビュー」で見たかったもんだよなぁ。すげぇセットだし、いきなりのリリースノートだと情報量が多すぎて処理できないし……。そもそも、こんだけ一気に出てしまったら俺がわざわざスポイラ書く意味もないよな? いや、普段から無いんだけども……

 と言うわけで、頑張って書き始めることにしました。今回はそうした特殊な事情ですので、1回目が最大規模の情報公開となります。また、リリースノートの特徴として各カードが全てテキストでの公表なので、カードイラスト・フレーバーテキストなどの情報は一切なく、純粋にカードの効果のみに触れることになります。今回のセットほど各種フレーバーを大切にしなきゃいけないエキスパンションも無いだろうし、この片手落ちの状態で何かを書き始めるのは本当にもったいないのだが……だからって無視するわけにもなぁ。

 また、カードのレアリティが抜け落ちているのも普段のプレビューと違うところで、全てのカードはレアリティという基準がない状態で提示されている。まぁ、見たらなんとなくわかるものもあるのだが(プレインズウォーカーは神話だろうよ)、不確定状態の憶測で語ってもしょうがないので、今回はレアリティについては極力触れない方向でのレビューを行なっていく。

 うーむ、やっぱり色々取りこぼしがなぁ……しっかりしてよWizards

 

 

○各種新しい要素

 今回は新しいカードもさることながら、いよいよエキスパンションがラージのみになるという節目のセットであり、この機会を重要視したのか、かなり多くの部分でダイナミックな変更が加えられている。プレビューを見ていく上でも、いくつか触れる必要があるが、最大の変更はやはり以下のものだろう。

・「プレイヤーに与えるダメージをプレインズウォーカーに移し替えることができなくなる」

 これまで、PWの忠誠度を削り取る方法は大きく2つあり、1つは「アタックでPWを殴る」、そして「火力などでプレイヤーへ打ち込んだものを、PWに移し替える」である。そのうちの後者の方法がなくなる……わけではない。これまで印刷された「対象のプレイヤーにN点」という効果は、ほぼすべて「対象のプレイヤーかPWにN点」という効果に変更されるのである。つまり、基本的には大きな違いはない。ただし、例えば「全てのプレイヤーとクリーチャーにN点」の形なんかは変更されないので、移し替えができなくなっていることには注意が必要だ。今後印刷される「稲妻」なんかは全部テキストが変わるわけね。慣れるまではちょっと時間がかかりそうである。また、英語の場合は単に「target」と表記する場合もあり、これは「対象のクリーチャー・PW・プレイヤー」の3つだよ、なんて変更も出ている。英語版を使用するときは注意が必要だ。なお、当ブログではこの変更に伴い、カードテキストに「プレインズウォーカー」という文言が増えることから、今後はテキスト内でも「PW」の略称を導入することにする。

 

○セットコンセプト・伝説

 今回はドミナリアの再訪という節目を迎えるにあたり、セット全体のテーマは「神河物語」以来、実に15年以上ぶりに「伝説」が据えられている。なんと「各ブースターには少なくとも1枚の伝説のクリーチャーが入っている」らしく、この開封比は神河時代を上回る。また、伝説のエンチャントなども数多く、伝説であることを参照する効果も多数収録されている。さらに今回からカードデザインも変わり、伝説であることがわかりやすくなるそうだ。これまでのセットならば「展開に制限がある」だけだった伝説はカードタイプとしてデメリットしか持っていなかったが、今後はそうでもないということだ。まぁ、だからって構築戦で4枚入れやすいかっていったら微妙なのだけども。オール4枚の金太郎飴デッキを否定するだけのパワーがあるかどうかは未知。あんまりセットコンセプトとして成功してなかった神河のリベンジになるかどうかも未知。神河を失敗セットみたいにいうのはやめろよ(ドラフト面白かったで)。

 

・伝説のソーサリー

 戦場にパーマネントとして残らないソーサリー呪文にも「伝説の」というサブタイプがついた。これは何の意味もなさそうに見えるが、何とこれ、「伝説のクリーチャーかPWをコントロールしていないと唱えられないソーサリー」という、全く新しい概念である。これを「伝説」っていう1つのワードで表現して既存のレジェンドルールとごちゃごちゃにしてしまうのはどうかと思うのだが……フレーバー優先かな。注意すべきは、伝説なら何でも良いわけじゃなくて「クリーチャーかPW」が必要なこと。アズカンタを何枚並べても唱えることはできないのである。もちろん、一度唱えてスタックに乗れば、その後パーマネントを潰されても特に問題はない。

○「英雄譚/Saga

 英雄譚はエンチャントに与えられるサブタイプで、能力としては「場に出た時と、あなたのドローステップの直後にこの上に伝承カウンターを置き、N個目のカウンターを乗せた時にN番(ローマ数字)の能力をスタックに乗せる。また、最後の能力を発動したら生贄に捧げられる」という、文字に書き起こすとわかりにくいもの。実際に使ってみればそこまで面倒ではないのだが、「ドローステップの直後」という変なタイミングでカウンターが乗るので最初のうちは注意が必要だ。カウンターを載せることにはスタックを用いず、最初の1つは「場に出るに際し」置かれるのだが、「置くことで誘発」だからなのか、既存のテンプレートである「〜はカウンターが置かれた状態で戦場に出る/Enter the Battlefield with X Conunter」では無く、「〜が戦場に出るに際し、カウンターを置く/As enters the battlefield, its controller puts a counter」になっているのがちょっとややこしい。まぁ、挙動はそこまで変では無くて、単に「出てしまったらカウンターを置くのも邪魔できないし、能力は絶対誘発する」ということと、「第1メインの開始時にスタックに乗った能力が解決するよ」ということだけ覚えておけばいいだろう。ちなみに公式のリリースノート(和訳)には「英雄譚の上に置かれている伝承カウンターの個数がこの能力の章番号以上になった時に誘発する」とあるが、「章番号以上」は誤りで、「章番号と同数」が正しい(3つ目のカウンターが乗ったときはⅢの能力だけが誘発し、ⅠやⅡは誘発しない)。まぁ、わかりにくいのでもし知らない人は下の方にある実際のカードの例を見てくれ。何となく分かるはずだから。

○「歴史的/Historic

 今回、数多くのカードの中で「歴史的な呪文(or パーマネントor カード)」を参照することがある。全てのカードに注釈文がついているので迷うことはないだろうが、一応この「歴史的」とは、「その呪文(パーマネント、カード)がアーティファクトか伝説か英雄譚であること」を表しているという。「そんならそう書けよ」って思うのだが、まぁ、なんか雰囲気を出したかったのだろう。レジェンドや英雄譚が「歴史的」なのは分かるのだが、アーティファクトも全部そうなのね。ぶっちゃけ、アーティファクトも範囲内に入れたのはある程度構築レベルでも機能するギミックにしたかったからだろうと思う。「伝説の呪文を唱えるたび」だとどうしても他のセットから孤立しちゃうからね。ちなみに、「伝説の呪文を唱える」ことが条件になっている場合、そもそも唱えられない「伝説の土地」は当然カウントに入らないので注意すること。

 

○再録キーワード・キッカー

 キッカーである。全ての選択肢能力の大ボスである。いつ出てきてもおかしくないし、新鮮味はかけらもないけどそれだけ安定してるってことである。早速キッカーの再録で喜んでインベイジョンから再録されてるカードも報告されていたり。多重キッカーとかが帰ってくるかどうかは知らん。

 

○その他、ルールに影響しないテキスト部分の変更

 細かい変更としては、例えば「マナ・プール」という言葉を使わないことにしたらしい。概念としては存在するが、これまでのように「あなたのマナプールに(G)を加える」と書くのではなく、単に「(G)を加える」と記述し、これは「あなたのマナ・プールに」と同義である。「幽体の照明灯(RAV)」のテキストとかどうなるんでしょうね。

 あとは英語で「he or she」だったところを「they」にすることもあるよ、とか、なんかそんなん。あと、ルールテキストとフレーバーテキストの間に線を引いて区別しやすくしたってさ。よかったな、「スランの戦争機械」!

さて、前振りがずいぶん長くなったが、以下はいつも通りに個別カードである。こうしてスタートは何とも残念な形での公開になったが、実は今回のセット、私が長年待ち望んだ「帰ってきた時のらせん的な懐古セット」という側面を持っているので、カード自体はかなり楽しい。



Baird, Steward of Argive アルガイヴ国家執事、ベイルド (2)(W)(W) ?

伝説のクリーチャー・人間、兵士

2/4 警戒

あなたやあなたがコントロールしているPWを攻撃するクリーチャー1体につきそのコントローラーが(1)を支払わないかぎり、それは攻撃できない。

 トップを飾るレジェンドは、新時代の「風生まれの詩神(10E)」。カード名に出てくる「アルガイヴ」という国名には覚えがなかったのだが、英語を見て「あ、これってアーギヴィーアか」ということに気づいた。現在スタンダードでも活躍中の「復元(KLD)」の大先輩にあたる「アーギヴィーアの修復術(WTH)」に用いられている「Argivian」という単語は、「Argive」という地名の所有格、つまり「アルガイヴの」という意味の単語であり、おそらく過去のカード名を「アルガイヴィアン」と発音するのが正しかったということなんだろう。ただ、Wikiを調べると「Argive/アルガイヴ」はアイスエイジ以降、新たに「Argivia/アーギヴィア」と名前を変えているという事情もあるので、結局何が正しいのかはよくわからん。さておき、戦闘抑止のために要求するコストが「亡霊の牢獄(CHK)」などの2マナから1マナへと緩和されいくらか優しさも芽生えたが、クリーチャーを並べるデッキにとって死活問題であることは変わらないので、やっぱり鬼畜能力である。「詩神」よりもタフネスが上がっているのでクリーチャーとして存命しやすくなり、ただひたすら脳筋なデッキ相手ならば強力な牽制になるだろう。なお、今回はこうしてレジェンドだけど誰やねん、みたいな連中が大量に登場するため、基本的にその素性については無視していくことに。あんまりドミナリアの歴史には詳しくないので、有名人でもスルーする可能性はあるけどご容赦ください。

 

Benalish Marshal べナリアの軍司令 (W)(W)(W) ?

クリーチャー・人間、騎士

3/3

あなたがコントロールしている他のクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。

 何とその身に「栄光の頌歌(10E)」をぶち込んだ骨太ナイト。点数で見たコストは据え置きの3マナで、そこに3/3の充分サイズがおまけってんだから、全体増強もお安くなったもんである。まぁ、直近のセットにも「マーフォークの霧縛り」みたいな連中がいるんだから、これくらいは余裕なのかも。「栄光の唱歌」と違ってありとあらゆるデッキで対処可能なクリーチャーなわけだしね。トリプルシンボルはデッキを大きく制限することになる。今回、どの色にもこうした色拘束の厳しいカードが増えているので、今後の環境はアブザン・スゥルタイ・グリクシスと3色が暴れまわっている現環境からは多少の揺り戻しがあるのかもしれない。

 

Charge 突撃 (W)

インスタント

ターン終了時まで、あなたがコントロールしているクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。

 ついにここまできた軽量化。元々は「戦士の誉れ(10E)」という3マナの効果だったものだが、リミテッドレベルでもさっぱり使われない、ってんで「第○版」という名前だった基本セットが「M○」に改定された際に思い切ってコストダウンを図ったのが「栄光の突撃(M13)」。これならば多少はニーズもあるはずなのだが、やっぱり基本セットのリミテッドでもそこそこ止まりだったこともあり、原点回帰のドミナリア来訪を機に、いよいよ最後の一歩を踏み出したことになる。横並びでドーンの戦術がリミテッドで成立するかどうかはまだまだ未知数だが、1マナってことは最悪でもクリーチャー1体のサイズをあげてコンバットをひっくり返すだけでも御の字のコスト。そうした用途を前提に、「もしかしたら一気にダメージアップが図れるかも」くらいの期待度で投入しても何の問題もないだろう。これからも日々の革新は続いていくのである。こんな地味なジャンルでな。

 

Dauntless Bodyguard 不屈の護衛 (W) ?

クリーチャー・人間、騎士

2/1

〜が戦場に出るに際し、あなたがコントロールしている他のクリーチャー1体を選ぶ。

〜を生け贄に捧げる:ターン終了時まで、選ばれたクリーチャーは破壊不能を得る。

 白にはたまにいる「自分の命を賭してでもあなたを守ります」というクリーチャー。名誉枠では場にある限り1つのパーマネントを破壊不能にする「神盾の天使(M15)」なんかが象徴的なところだろうか。こちらのクリーチャーはわずか1マナながらもいざという時の守りに使えるということで「心優しきボディガード(JUD)」なんかが近い仕事だが、大きく異なっているのは事前に出しても意味はなく、警護対象よりも遅れて出てくる必要があるという部分。誰でも好きに守れた「ボディガード」には見劣りするのだが、そのぶん、1マナ2/1というサバンナでライオンなステータスを持って攻めにも色気を見せているのが特徴で、1ターン目に出せるなら優秀なアタッカー、それ以降で2/1が活躍できなければ護衛職と、状況に応じて柔軟に仕事を変えられるので総合力は高い。全体除去を使う前に自軍クリーチャーをかばう仕事もあるので、「黄昏/払暁(AKH)」と合わせて使うといいかもしれない。

 

Dub 叙爵 (2)(W) 

エンチャント・オーラ

エンチャント(クリーチャー)

エンチャントされているクリーチャーは、+2/+2の修整を受けるとともに先制攻撃を持ち、それの他のタイプに加えて騎士でもある。

 ありそうでなかった、絶妙に隙間なオーラ。白いオーラの歴史は長く、「+2修正と先制攻撃」なんて組み合わせはその辺にゴロゴロしてそうなイメージだったのだが、実際に調べてみるとこれが1つも存在していないというのは正直驚いた。探してみても「天上の鎧(RTR)」や「死中に活(SOI)」といったサイズ可変のものばかりである。まぁ、それだけ先制攻撃とまとまったサイズアップという組み合わせは安定して強いということなのだろう。現環境における「吸血鬼の印」や「従者の献身」の影響力の大きさを考えれば、環境次第でこうしたオーラがどれだけ強力かはイメージしやすい。地味なカードではあるが、今後のエンチャント破壊やバウンス、除去の質次第では充分リミテッドの基盤戦術をなしうるカードではある。なお、叙爵を受けて騎士になるというどうでもいいおまけもつくので、「ウーズ騎士」とか「サリッド騎士」とかいう謎クリーチャーを作りたい人にもオススメ。「Little Girl(UHG)」につければ「子供騎士」だ(幼女騎士じゃないのかよ)。

 

Evra, Halcyon Witness ハルシオンの目撃者、エヴラ (4)(W)(W) ?

伝説のクリーチャー・アバター

4/4 絆魂

(4):あなたのライフ総量とハルシオンの目撃者、エヴラのパワーを交換する。

 カード名の「ハルシオン」は古代国家連合スランの首都名である。どういう立ち位置の存在なのかは今後のストーリーに注目。さておき、最初は二度見したカード。「解放の樹(ISD)」によって生み出された「クリーチャーステータスとライフの交換」というトンデモギミックを、さらにトンデモな方法で活用しようというトンデモクリーチャーである。初見では「フーン,入れ替えるのか……え? パワー? 4と? 何で?」ってなったんだが、よく見ればそこには「絆魂」の二文字が。仮にライフ20点の状態でこれを起動すれば、パンチして一瞬でライフを24点に引き戻した上で戦場には20/4のクリーチャーが残るという恐ろしい状況を生み出すことができるわけだ。そりゃすごい。でもまぁ、実際にそれがやりたいかと言われると……ハードル多いよな。パターン1、「入れ替えたところで殺された」。残りライフ4点という現状だけが残される。パターン2、「殴れたけど相打ちになった」。4ライフゲインしただけで終わりだな。夢も多いが同じようにハードルも多い。そもそも爆裂ライフゲインを夢に設定してる時点でどうかっていう。いっそ起動したあとに9/9になった「死の影(WWK)」と一緒に殴りにいくのはどうだろう(なお、死の影は死ぬ)。

 

Fall of the Thran スランの崩落 (5)(W) ?

エンチャント・英雄譚

- 土地をすべて破壊する。

Ⅱ、Ⅲ - 各プレイヤーはそれぞれ、自分の墓地から土地・カード2枚を戦場に戻す。

 1枚目の英雄譚なので改めて確認しておくが、英雄譚は、まず場に出した時点で1つ目の伝承カウンターが置かれるので、章番号(ローマ数字)Ⅰの能力は即座に解決される。つまりこの呪文は、6マナの「ハルマゲドン(6ED)」なわけだ。ここ最近、開発チームは「ハルマゲドン」を印刷することを頑なに拒否してきたが、6マナというヘヴィーコストを設定することと、古代の栄華スランの終焉という叙事詩を紡ぐための効果として、久しぶりにこれを復活させる気になったらしい。もちろん、それ以降にも続きはあり、次のターンからは土地が2枚ずつ戻ってきて4枚体制までは保証されている。自分も相手も同じように復帰するんじゃ意味ないやんけ、と思うかもしれないが、土地が戻ってくるのはこちらのターンの頭(正確にはメインフェイズ開始時)なので、戻ってきた土地2枚を最初に使えるのはこちらである。そこにわずかばかりの優位性を見出すことは可能かもしれない。また、墓地に土地がなければ戻しようがないので、相手の墓地だけ掃除して燃料補給させない、というのも面白いかもしれない。まぁ、所詮は6マナなのであんまり使い方を妄想する意味もないとは思うけども。こうして滅びてしまったスランは、後に大戦争を引き起こすドミナリア全土と旧ファイレクシアの元となる文明である。第2章、第3章の復興ぶりから、現在のドミナリアの様子を伺うのも風情というものだ。

 

Healing Grace 治癒の恩寵 (W) ?

インスタント

このターン、あなたが選んだ発生源1つから対象のクリーチャーかプレイヤーかPWに与えられる次のダメージを3点軽減する。あなたは3点のライフを得る。

 ナイスネタ。一目見てわかる人は分かるだろうが、「治癒の軟膏(8ED)」のオマージュである。「治癒の軟膏」といえばMagic最初期にサイクルとしてデザインされたカードで、各色に「1マナで3点に関わるインスタントを作ろう」というので生み出された1枚。そして他のサイクルが「巨大化」「暗黒の儀式」「稲妻」「Ancestral Recall」だったというのが毎度のことながらネタとして扱われるわけだ。今回、そんな不憫なネタカードである「治癒の軟膏」が大きくパワーアップし、2つのモードを同時に選べるようになった。これによってついに他の4枚に肩を並べることが……デキルワケナイジャン。まぁ、巨大化先輩には追いつけたかもしれない。リミテッドならこの2つが同時にこなせて1マナはかなりお得である。


拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
6
20
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/22 ヴェス]
[06/18 Mei]
[06/12 Sangriter]
[06/08 NONAME]
[06/08 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター