忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1217] [1216] [1215] [1214] [1212] [1211] [1210] [1209] [1208] [1207] [1206]
 「アスタロッテのおもちゃ!」 6→6

 染みました。色々と刺激の強い作品が多くて話題の尽きない今期ではございましたが、こうして一服の清涼剤として機能するゆったりアニメも大切なピースと言えるのではないでしょうか。当方、ベツニロリコンデハナイデスヨ。

 基本的に絵柄と中の人で勝負する作品だと思っているので、1クールの流れの中で付加的に現れた価値というのは多くないんだけど、無理なく増えて世界観を豊かにしてくれたキャラの配分とか、最終話に向けての気持ちの入った構成配分なんかは純粋に評価すべきものではないかと思います。個人的に赤尾でこは脚本家としてあんまり評価してないんですが、今作のゴールを見る限り、構成の技量は上がってきているかなぁ、という印象。具体的に触れておくと、最終話の脚本はグッと来るものがありました。前話で既に「妖魔界の住人と人間界の住人は言葉が通じなくなっている」という絶望的な状態を確定させておきつつ、それを週またぎで繋いで印象を薄め、最終話では直哉とロッテ、明日葉とメルチェリーダという2つの「親子」「恋人」の交流を自然に描いている。本来ならば言葉が通じない者どうしのぎくしゃくした関係が目立つはずの部分だが、それを逆手に取り、一切不自由を見せない描写によって、各キャラクターの深い関係性を自然に見せることに成功していた。大きな衝撃を受けるようなシーンではないが、ゆっくりと流れていく2人だけの時間を見て、何とも幸せな気持ちになる。その後のロッテの「私はちゃんと笑えているか」って言う台詞も、彼女の成長が伝わってきていいですね。

 「萌え作品」といえばそれまでの内容だけれど、エロやギャグ、ラブコメなどの要素を絡めつつ、その根本は本当に「可愛い」を追究したもの。日本語の「可愛い」だと区別が付きにくいが、英語でいうところの「Cute」を徹底的に突き詰めた作画・話作りはちゃんと狙って作らなければ出来上がらない境地だ。追崎監督の真骨頂が存分に発揮されている部分であるし、ふわっふわで恥ずかしくなりそうなくらいのファンシーな色づかいなども、ディオメディアが着実に力を付けてスタジオの個性を発揮出来た部分。全ての要素が、綺麗に揃って「ロッテのおもちゃ!」という1つの作品を完成形に導いた。是非とも、続きが見てみたい世界であった。

 そして、まぁやっぱり中の人ですよ。釘宮・田村・堀江。この三発を立て続けにぶち込むだけで幕之内でも倒せるぞ。ロリの帝国を築き上げた素晴らしきキャスト陣は、おそらく今後はしばらく集まることがないであろう博覧会のごとき様相である。一体どんな現場だったのか想像するだけでも食事が進む。千和・広橋・まつらいさん。なんと、世界三大丸顔声優そろい踏みじゃないか! そして最後に気づく。「ひょっとして、今期一番活躍してる声優って……チョーさんじゃね?」

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター