忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18]
 ○「アスラクライン」 5→3

 なんだかよく分からないうちに終わってしまいました。こういう設定ありきの作品ってきちんと最初から見てないと最低限の背景知識が蓄えられないので、ちょっとでも気を抜くとすぐ置いてけぼりになっちゃうのよね。ただ、この作品の場合はきちんと見ていてもついていけたのかどうか……明らかに最終回投げっぱなしだろ。2期があるのは知ってるが、だからってあそこまでブツ切りで終わられても、誰も得をしない。

 ただ、個人的には「原作が悪い」という言い訳はさせてあげたい。途中でわけが分からなくなってwikiなんかを調べに行ったのだが、これ、とても1クールで定着させられるようなもんじゃないだろう。無駄な情報量もそうだけど、こんなこっぱずかしくて厨学生な中身、真面目に描画しようって方が無理な話。多分話のエッセンスだけを抜き出してもうちょっとストーリー寄りの構成にすることも出来るんだろうが、そうすると周りの装飾が取れてしまい、原作が好きなお子様達には「何であのヤバ格好いい台詞が無いんだ」とか、「あの設定が無かったらキャラが活きてこないじゃないか!」とか文句を言われる恐れもあるのだ。結局、制作側が選んだのはオサレ臭漂う「スクールパンク(w」を再現することだったわけだ。まぁ、受け付けない人間には無理だわなぁ。

 個人的に一番駄目なのは主人公が本当になんもしてない部分。最終回では一応「何かした」っぽいのだが、画面で見たら突っ立ってるだけである。精神的にもがんばったのは森久保と戸松、それに理恵さん達だったようにしかみえない(キャラ名が分からないのでキャスト名でお送りしております)。草川監督は怪しげなロボじゃなくて乳がぶんぶん揺れる「美少女アクション」を描いてくれた方がいいんだけどなー。2年くらいかけて次の「なのは」の準備をしてください。この際「セキレイ」の2期でも我慢するから。

 しゅがりんの台詞がほとんど無かったのも、個人的にはかなりの打撃。キャスト表に名前が出てたからがんばって見てたのに……無口も度が過ぎるわ。「三鼎」に続いて、何で2回も「死んでからまた死ぬ女の子」の役を回されたんだろう。幸薄そうなのか? 目が離れてるからか?! そうなのか?!

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター