忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20]
 ○「けいおん!」 6→6

 この作品に関しては、やはり全く意味の分からない狂乱の話は避けて通れないだろう。アニメキャラソンCDの売り上げ記録を更新したり、むやみやたらにギターが売れたり(ドラムの売り上げに変化はなかったらしいが)、何故、このアニメが一大ムーブメントとなったのだろうか。

 先に答えから言っておくと「知らんがな」である。確かに私は京アニ信者であり、京アニというスタジオの実力は手放しで認めている。この作品に関しても、ちらっと見た原作からはあり得ないくらいのリビルドを施し、非常に完成度の高いアニメに仕上がっていたと思う。それはたとえば堀口絵の効果であろうし、吉田さんの脚本の効果もある。全てをきちんと取り仕切って一本の芯の通ったシリーズに仕立てた山田監督にも賞賛を送るべきである。京アニというスタジオの最大の武器は執拗なまでの「丁寧さ」であるから、その技法は扱う素材が変わっても、生み出す効果は変わらない。特に今回、ヤマカンの呪いとも言えるライブシーンへの世間的注目をうまくそらすことに成功したのは見事な手際であった。あそこまでの「偏執さ」がなくとも、シナリオラインとコンテ演出で、いくらでも「ライブ感」を出すことは出来るのだ(どちらが優れているか、という問題ではない)。

 ただ、言ってしまえば「単に丁寧なアニメ」である。今期で言えば前述の「リストランテ・パラディーゾ」だって非常に丁寧な作品だったし、正直そこまで大きな差を見いだすことは出来ない。このあたりの「波の大きさ」みたいなものが現代アニメ界の最大の病巣であるとは思う。そりゃまぁ、世間の人もこんな訳の分からないお祭り騒ぎを見たらドン引きするだろう。そして制作側だってこういう形で盛り上がるのが一番セールスに直結するから、柳の下に絶滅危惧種のどじょうを求めて上っ面だけ抜き取ったぐだぐだな作品ができあがったりするわけだ。うーむ、駄目スパイラル。

 誤解のないように言っておくと、この作品を否定しているわけでは全くない。素直に面白かったし、最終回(という名の12話)ではちょっとうるっと来た。キャラクターの魅力だって余すことなく出ていただろう。この辺りはやっぱり京アニさまさまというしかない。「萌えアニメだから駄目」と文句を言う人間は、とりあえず「何も無い萌え作品がここまで人を引きつけられるのか」というところから考える必要がある。1つ1つの要素を解体していけば、スタッフがどれだけ気を遣ってこの作品を構築していったかは見えてくるはずだ。

 最後は当然キャスト話。今作はアサ姉ぇを除くほとんどが若手。特に澪役の日笠陽子、梓役の竹達彩奈の2人は無難に役をこなし、これが大きなステップになるのではなかろうか。そして圧巻は唯役の豊崎。デビュー直後から見てきてその成長は感じていたが、最近はすっかり自分ワールドを確立させ、思い切り「役を引っ張る」役者になった。特に中盤のガラガラ声の回なんかは感心させられる。ミュージックレインは本当に底が知れない。寿は……まぁ、まだまだ育ち盛りだから。
 でもま、なんと言っても律だけどね。ぶっちゃけそれを聴くために観てたってのが8割だけどね。しゅがーーーーー!


拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター