忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2329] [2328] [2327] [2326] [2325] [2324] [2323] [2322] [2321] [2320] [2319]

「絶園のテンペスト」 5→6

 多分コレが今期最後の「2クールあって良かったね」枠。「新世界より」や「ロボノ」ほどではないが、最序盤はなかなか目的が見えてこずにしんどい思いをした作品だった。しかし、左門さん登場後はじわじわとその空気が変容し、なんかよく分からないニッチな方向での面白さが開眼した。一体どういう形容が正しい作品なのかよく分からないが、「屁理屈言い合いアニメ」とでも言えばいいのだろうか。世界の命運を握っているのは事実なのに、本当にどうでもいいことに心を砕き、周りにいる人間を徹底的に見下し続ける愉快な高校生のお話である。

 「ガンガン連載」ってことで最初に魔法飛び交うファンタジーが出てきた時にはちょっと抵抗があったのだが、実際にこの作品で重要なのは魔法のドンパチバトルではなかった。もちろん「はじまりの樹」「絶園の樹」という大きな存在があるのでエフェクトバリバリの超能力バトルも大事な部分ではあるのだが、この作品の場合、そうした直接的な衝突を迎える頃には、およそ勝負がついてしまっている。最も時間を割いた吉野・真広・左門さんの三つ巴ぐだぐだ口論はほとんど武力が影響していないし、その後に登場した最大級の力を持った絶園の魔法使いが羽村っていう時点で真面目に戦う気が無い。史上最大の攻防になるはずの「はじまりの姫宮」葉風対「絶園の魔法使い」愛花の戦いだって、ほぼ語り合いだけで直接的な武力衝突はそこまで大きなものになっていなかった。基本的に「人ならざる超越的存在」との対決を描くお話なので、試合前から結果が分かっており、努力や根性ではどうしようもない場面しか無いのである。

 そう考えると、いわゆる「ガンガンの漫画」とはちょっと毛色が変わってくる。ファンタジーだろうがスポーツだろうが、最終的に少年漫画の主人公なんて根性で成長を築いていくものだろうが、この作品の場合、主人公として設定されている吉野も真広も、登場時からキャラクターがあまりにも完成されているのである。いや、人としてはまだ未熟な部分はあるのだろうが、本人達にそんなつもりは一切無いし、キャラクターの描かれ方としても、この2人は誰がどう説得しようともてこでも動かない不動の存在として時間を止めている。そうなってしまうと、あとは成長性ではなく、それらのヘンテコキャラクターを使ってのプロットで勝負するしかない。その結果が、謎の恋人探しゲームだったり、時間を遡っての殺人捜査だったり、最終的には恐ろしい「樹」による末法思想だったりするわけだ。色々と捻くれているが、このシナリオラインは、色々と不意打ちが多くて素直に面白かった。そして、気付いてみればあれだけ不動の存在だったはずの吉野達も、最終回ではきちんと一回り大きくなっているのである。何とも不思議で頑固なキャラクターたちだ。

 キャラがひねてて「動かない」ということは、その「固定されたキャラ」によほどの自信が無い限りは回せない設定だと思うのだが、本作はそういう意味では割と頑張っていたと思う。吉野と真広のとてもじゃないが高校生には見えない達観ぶりもそうだし、それに輪をかけて全てを悟っちゃった愛花のキャラも強烈。幸い葉風はこれよりもなんぼかまともなので、多分一番「成長物語」風だったのは葉風だと思うが、それでもとんでもない力を備えた姫宮には違いない。こんな連中を相手にしていたら、そりゃ左門さんだって心労でぶっ倒れてもおかしくない。左門さん、ほんと頑張った。だって、あと周りにいるのってフロイラインだろ、潤にぃだろ……うん、俺だったら全てを諦めて始まりの樹にスルーパスするレベル。中盤以降はこういう濃いキャラクターがドタバタしてるだけで何となく楽しかったものな。

 よくもまぁ、これだけとりとめもない作品を、うまいこと魅力を抽出してアニメ化したものだと思う。左門さん同様に、本当に面倒くさい連中の面倒を見てくれたスタッフの頑張りはお見事。シェイクスピアを中心としてどこか戯曲的な演出も多く、最初は「なんか変な臭いがするな」と思っていたものだが、最終的に愛花の存在が確立する段になって、ちゃんとそうした演出方向にも意味が出てくる。1つ1つのパーツがきちんと考えられていることがよく分かる、実に良心的な作劇だったのではなかろうか。やっぱり安藤監督、好きですわ。さぁ、「いろは」の劇場版を観に行こうぜ!


拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
[05/30 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター