忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2324] [2323] [2322] [2321] [2320] [2319] [2318] [2317] [2316] [2315] [2314]

ROBOTICS;NOTES」 5→5

 今期ノイタミナは2本とも「尺があったおかげで盛り上がった」枠である。この「ロボノ」の場合は、正直言うと前半戦はかなりきつくて、観るのをやめてしまおうかと思ったタイミングさえあった。何が悪いというのではないが、どうにも誘致要因に乏しく、何がしたいアニメだったのかが見えにくかったのが受け入れられなかったのだろう。そんな前半戦を無事に乗り越えて、きちんと後半で盛り返してゴール出来たのは、素直に喜ばしいことだと思う。

 最後の最後まで、なんだかとっ散らかった作品だったのは事実である。これの前身(?)となるシュタゲの場合にはメインコンセプトが非常に分かりやすく、タイムリープを絡めることで発生したSFラブストーリーとしての骨格は割と早めに顔を出していたはず。それに対して、このロボノの場合、最後の最後までなんというコピーを付けて良いのかよく分からない作品だった。一応最終回の展開だけを観れば「青春ロボットアニメ」ということになるのかもしれないが、正直、ここまで律儀に「現代のロボット」について描き込まれてしまうと、理屈抜きで「どっしゃんがっしゃん、ザクシュっうぃーんとか」って訳にもいかないので、いわゆる「ロボ物」では絶対にない。じゃ、太陽嵐がなにがしとか、そういう君島コウを巡るサイバーSF,もしくはホラーものっていうのが一番の肝になってくるのだが、じゃぁそのために作られた作品なのかというと、そうとも言いづらい気がする。あとはフラウ坊がダルから引き継いだヲタク要素とか、単純にアキちゃんとの学園ラブストーリーとか、まぁ、とにかくそういうものが色々ごった煮的に混じり合った果てに出来上がったのがこの「ロボノ」だったわけだ。そりゃ、なかなか評価もしにくいだろうさ。

 最後までなんだかよく分からなかったのは間違いないのだが、その先にある程度結末は設けてくれていたので、大きな不満には繋がっていない。ガンつくプロジェクトの話とか、特に思い入れも持たずに観ていたけどアキちゃんの頑張りはそれなりにアツいものではあったし、海翔のアキちゃんへの一途な思いも、頑張れ男の子な感じで素直に応援できた。序盤にひたすらこだわり抜いていた「俺に頼みたいならキルバラで」云々キャラは本当に空気が読めなくてどないやねんと思っていたが、あそこまで徹底して固めてもらったからこそ、終盤での決意も強いものに見えたわけだし。どんな嘘くさいキャラも、あり得ない設定も、積み重ねでどうにかなるもんですな。正直、フラウ坊だって最初はどないやねんと思ってたものね。ダルなら見た目も居場所も何もかもがキモオタ風味だったからネタキャラとして受け入れられてたけど、流石にあのルックス、あの設定でキモキャラは食い合わせ悪いんじゃないかと思ってたもの。まぁ、最終的に一番好きなのはフラウ坊なんですけどね。中の人が原因って言われれば否定はしない。

 ホントに散漫な内容だったので、現時点でも上手くまとめることが出来ないし、冷静にプロットをまとめるとホントはすごくどうでも良いことをやっていただけのアニメな気もするのだが(君島レポートって、結局カイが気まぐれで追いかけなきゃあんな事件は起きなかったかもしれないし、みさ姉がどの程度の被害者だったのかも結局よく分からずじまいだったし)、それを適当に散らしてばらまいたことで、「何となくまとまった感」が出たのである。これはこれで面白い作劇方法かもしれない。ゲーム原作で自由度の高いシナリオが前提なのかもしれないが、改めて1から見直して、どういうモザイク模様が出来ていたのかを確認するのも面白そうだ。ほんと、5pbも色々と考えるわね。

 ちなみに、個人的に本作で一番の収穫は、アキちゃんでもフラウでもなく、オープニングアーティストのZweiを知ったことかもしれない。ベースとボーカルのユニットってすげぇよなぁ。今作の場合はあからさまな千代丸サウンドだったわけだけど、割とはまってしまってちょっとずつ他の曲も聴いているところ。「拡張プレイス」で世界線って言葉が出てきて「やっぱシュタゲ様か」と思ってたら「純情スペクトラ」ではカオヘネタが入ってるっていうあたりが、いかにも千代丸。


拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター