忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2491] [2490] [2489] [2488] [2487] [2486] [2485] [2484] [2483] [2482] [2481]

「ゆゆ式」 4→4

 どうしたものかととてもとても思い悩む作品である。加点しようという謎の誘惑に抗いつつ、一応のジャッジはここにしておきたい。でないと、何か他の方面に色々と齟齬が出てしまいそうだから。

 いや、前半視聴時の気分の乗らなさは同ジャンルの中でもトップレベルだった。「ひだまり」「GA」「Aちゃんねる」「ゆるゆり」に「あっちこっち」。似たような世界は数あれど、この作品は本当に「ならでは」の宣伝文句というのが一切無く、何をどう見たら正解なのかがさっぱり分からないままで進んだ。その不安定な印象は最後まで変わることなく、「メインの3人がいちゃいちゃしてるとこを見てるだけでいいじゃない」という潔すぎるゴールには、未だ受け入れがたい部分がある。しかし、そうして「これはアカンな」と切って捨てようかと迷っていた時期に、回りから「俺は好きなのに」というなんだかもの言いたげな声が聞こえてきて、「好きな奴がいるアニメなら、ひょっとしたら何かあるのかも」と思い直して改めて向き合った。向き合った結果何かが得られたとも思わないのだが、「これはアカンな」から「何か気になるかもしれない」までに格上げされたのであった。

 何が気になる要素なのかは未だ分からないまま。強いて具体的なファクターをあげるならゆずこのボケの強度だろうか。この手のアニメで重要なのは、話のとっかかりを作るボケの精度であるが、ゆずこのボケは、時として至高の存在松岡美羽に迫るときがある。非常に不可解なところから飛んでくるのでクオリティが高いのかどうかも分からないのだが、それが判で押したように同じ景色しか流れない単調なアニメシーンとのギャップで大きな存在感を生み出している。そして、そんなボケを唯だけでは処理しきれるはずもなく、部室の白板などの形も借りて、よりカオスな形で放置されたりもする。打率は決して高いわけではないが、時折無闇に飛距離が出るむらっ気の強いバッターである。

 気付いてみれば、「もう終わるんだな。……終わるのか……」くらいの気持ちになっている不思議。繰り返しになるが、何がいいのかは未だに分からないアニメである。しかし、少なくとも「こんな退屈なものは見ないわ!」というジャッジはどうやら間違っていたらしい。この世界に何があるのかを探るために、ひょっとしたら原作コミック買っての調査が必要かもしれませんので、古本屋回ってきます(定価で買わないあたりが精一杯の抵抗)。

 中の人については、もうるみるみでいいや。ホントに飛び道具だよ。津田ちゃんとの組み合わせだからやりやすかった、ってのもあるんだろうが、そこに種田梨沙が自然に絡み、時折かやのん、そしてお母さんが混じる。このへんの「ゆるゆりよりもガチ百合」な雰囲気も後半プラスに転じた理由かもしれない。だんだんキャラもエロく見えてきたしなぁ。


拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[09/24 NONAME]
[09/20 トマト]
[09/20 トマト]
[09/03 Serra]
[08/31 ろはん]
バーコード
ブログ内検索
カウンター