忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2492] [2491] [2490] [2489] [2488] [2487] [2486] [2485] [2484] [2483] [2482]

「断裁分離のクライムエッジ」 5→5

 終わってしまいましたな。実は、1クールか2クールか知らなかったもんだから、マイヨールドさんが出てきた時には「あれ? ひょっとして2クールでこのままオーダーメイド戦全部やるのか?!」と思ってしまったが、流石にそんなことはなく、オープナー戦を1つの幕引きとしての終了である。まぁ、幼女2人の入浴シーンがラストエピソードというのは、実は一番この作品に相応しい最終回なのかもしれません。……どうせならカンタレラ戦も見たかったんだけどねぇ。

 さて、繰り返し書いているように私はこの作品の原作ファンであり、もっと詳しく言うと緋鍵龍彦ファンなわけだが、アニメが始まった時に「果たしてアニメとして受け入れられるのだろうか」という不安があったことは事実である(新番チェックでもそこは触れている)。そして、この不安はある意味当たっていた。世間的には「なんだか胡散臭くて厨二臭がキツい嘘御嘆美アニメ」という受け取られ方をした部分もあるようで、なかなか狙ったようなアニメからのファン層拡大が十全に叶ったとは言い難い状況だろう。そして、「ツマラネーヨ」という否定的な意見を覆すような強い推しが無かったのも事実である。原作を片手に比べながら見ていればなかなかの再現度で原作を追っており、ファンから見れば嬉しい作品だったのだが、アニメとしてはあくまでファンサービスの一環に留まった印象。先鋭化したこの作品の良さを売り込むところまではいかなかった。

 まぁ、実際にそのくらいの受け皿の作品だとは思うんですよ。バトル漫画として面白いというわけではないだろうし、琴線に触れるとしたらやはりそのどこかズレたようなフェティシズムや、哲学を持った幼女のもちぷに論、それらの場違いなキャラクターと「殺人衝動」というテーマのギャップを楽しむことである。なかなかメジャータイトルには進出しづらかろう。アニメではグロにしろエロにしろ描写に限界があるのだし、そうした部分がマイルドになってしまうと、訴求力も一歩劣る部分があったのかもしれない。より強烈なモノでがんがん刺激を強くしている昨今のアニメの中では、そこまで浮き立つ存在ではなかった。

 しかしまぁ、以上はあくまで一般論である。原作ファンはとにかくアニメがそれなりのクオリティで成立したという事実だけでも充分満足している。描写に限界があるとはいえ、きちんとフェティシズムこそが今作の肝であるということは伝わってくるものであったし、簡略化された中にもキャラの造形で見るべき部分はきちんと再現されていた。味付けによってまたがらりと変わるのだろうが、緋鍵キャラがちゃんとアニメで動くことが出来ることの証左である。是非とも今回のノウハウを維持して2期の製作にも挑んでもらいたいところだ(実現するかどうかは微妙なところだが)。ま、原作ストックが充分たまってからでいいですけどね。今回の脚本、序盤はよかったけど後半からは尺の関係でちょっと間延びしてもっさりしてた感はあるので。どのくらい雰囲気作りの間をとるかっていうのは、こういう「雰囲気を売りにした作品」だとさじ加減が本当に難しい部分である。

 中の人については、メイン2人は健闘していたと思う。小岩井ことりに関しては、やはり1枚看板として立つのにはまだちょっと経験不足な感はあったが、ただでさえ難しい役柄であるし、いい経験になったのではなかろうか。切役の花江君についても、非常にやりがいのある仕事だったはずだし、色々新しいことにチャレンジ出来ただろうから、今後の伸びが楽しみである。回りを固める連中が贅沢過ぎるくらいだったので、面白いものもたっぷり見られただろうしね。個人的ベストは当然オープナー役の日高里菜ちゃんだが、それ以外で面白かったのは病子役の福原香織。普段あまりやらないタイプの役だったのでなかなか新鮮だったし、ちゃんと病子のくせである書き文字の発音「おねぃちゃん」が表現されてたのが面白かった。

 もし2期があるなら、ラピッドショットは柿原だと勝手に思ってます。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター