忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4018] [4017] [4016] [4015] [4014] [4013] [4012] [4011] [4010] [4009] [4008]

「ガンスリンガーストラトス」 5→3

 んんんんん……盛り上がらんかったね……しょうがねぇよなぁ。先立つものがなかったからなぁ……。

 各方面で話題になっていたが、まず、作画状態がとことんまで安定しなかったのが最大の難所。今期のA-1は4本同時進行ということで不安視はされていたわけだが、これまた話題の通りに「電波教師」は安定のお通夜状態、更にこちらの作品も1話たりとも「これが本来やりたかった作画かぁ」と分かる回がなく、全ての話数でどこかしらがぷるんぷるん天国。終始シリアスで、ハードな世界設定をやりたかった作品なのに、それを描くための作画状態がブレブレぐずぐずでは、どれだけお話を練り込んだところで視聴する側のやる気がついていけない。結局メインヒロイン鏡華ちゃんの本来の顔ってどんなものだったんでしょうね……。

 それでは、作画の部分に目をつぶり、キャラの顔が愉快でも、戦闘描写がもっさりしていても我慢したとして、ひたすらSF的世界観だけを追いかけ続ければ楽しい作品になったかというと、残念ながらそちらにも疑問符は飛び交うのである。やっていることはとても面白いと思う。「有り得べき未来、他の時間線の自分たちとの戦い」というのは悲劇も活劇も含めて様々なギミックを仕込める可能性があり、ネタとしては非常にやりがいのある舞台設定だ。1クールと短い中ではあまり凝ったギミックを盛り込むことは出来ないかもしれないが、「同一人物が多数相対する」という独自の設定を活かせば、限られた時間の中でもいくらでも視点を与えることが出来るし、新鮮味のあるドラマ展開も考えることは出来ただろう。しかし、残念ながら本作の場合にはまず「世界の説明」「今、誰がどこで何をしているか」ということを説明するので手一杯になってしまい、そこから新しく興味を引くドラマを広げていく時間が一切無かった。好意的に解釈すれば出会いや別れだけでも一応はドラマになっているとはいえるのだが、それだって「こっちの時間の徹はこういう考えを持っていて、あっちの時間の徹は世界がこんな風に違うから意見が合わないよ」っていうのを全部説明してからでないと、個々のキャラの感情が追えないためにスタートラインにも立てない。そして、今作はそうした「スタートライン作り」に手間取ってしまったおかげで、「生きてるよ」「友情が芽生えるよ」「死んでしまったよ」といった要素が事実の羅列になってしまい、お話としての盛り上がりを与えるまでに至らなかった。もちろん、そうした要素にも作画が足を引っ張っているというビハインドは大きかったと思うが……これが最大級に調子の良いA-1の作画でやったらすごく面白かったかと言われると、別にそうでもなかったんじゃないか、という程度のものであった。

 更に、なんでこんなに作画が辛いんだろう、と思ったら、なんかTV版とWeb版で違う展開があったっていう。わざわざ特番用意してそのあたりのギミックを懇切丁寧に説明してくれていたわけだが、「いや、しらんがな」っていう以上の感想は出てこないよね。確かに「ずれていく時間線を描く」というのは斬新な思いつきだし、やってみたかったことを実現させたことは「おめでとう」と言わせてもらうが、だからってそれが面白いかというと……これを1つの作中でやるならいいんだよ。「ヨスガノソラ」みたいな分岐ものとして描かれたら分かりやすくなったのだろうけど、微妙な差分から結末が変わるというバタフライエフェクトを表現するにはそれも使えない。結局「気付かない人は絶対気付かない」というどうでもいい処理になってしまっている。何しろ作画があの状態なものだから1回観るだけでも結構な難行であり、それをTVWebで2回も観て、差分を検証しようなんて熱心な視聴者はそうそう出てこないよなぁ。「エンドレスエイト」や「悪の華」のテレスコと同様に、「やってみたことは評価するが、結果として出てきたものは評価出来ない」という結論である。

 やはり、事ここにいたって、アニメ業界は粗製濫造の傾向を早急に見直さなければならないだろう。コンテンツの消耗も、人材リソースの消耗も、どちらもこの作品に顕著に問題として表れているのだから。ひとまず、この作品はそうした業界への警鐘と受け取って供養にすることにしましょう。南無阿弥陀仏。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター