忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4020] [4019] [4018] [4017] [4016] [4015] [4014] [4013] [4012] [4011] [4010]

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」 5→5

 例の紐の話題で持ちきりとなり、その後紐フィーバーが収束するとまるで忘れ去られたかのようななおざりな扱いを受けてしまったという、なんだかかわいそうな作品。でも、決して紐だけには終わらない魅力はあったと思うんだよね。たとえば神様が可愛かった。あと、神様が可愛かったし、おまけに神様が可愛かった。

 というわけで、今作を端的にまとめると「ヘスティアちゃん万歳」になる。……すまん、結局紐だな……いや、中盤まではそれだけじゃない盛り上がりもちゃんとあったんだよ。具体的にはリリのパーティー入りまでのお話は、ベタながらもきちんと見せられるだけのものが作れていたし、6話感想で書いた通り、シナリオを支えるだけの世界設定の魅力も、そこから作り出される映像面のこだわりも、単に「良くあるラノベ」で十把一絡げにされるのはちょっと勿体ない出来だったと思う。今時珍しい、「努力して強くなっていく」主人公だったのだし、そのあたりを丁寧に描いて、じわじわレベルを挙げていく話にすれば、今頃ゲーム中盤くらいの一番面白い展開が楽しめていたのではなかろうか。

 ただ、やっぱりそれだけではラノベとして成立させてもらえないらしく、後半の展開はいくらか性急になり、安っぽさが目立つようになってしまった。「結局ベルが主人公補正で俺ツエーしてるだけの話じゃん」と言われても反論しにくい状態になってしまい、展開も毎回似たようなもの。もう少しピンチの種類を増やすとか、回りのキャラのベルへの接し方にバリエーションを持たせるなど、細かい部分に変化を持たせられれば良かったのだが、いかんせん、「とにかくモンスターがガオーするだけ」だったし、世界の人間も「無条件でベルを支える便利アイテム軍団」と「無条件でベルをいじめる単なる悪人軍団」だけになってしまい、そこにキャラごとの魅力を感じるまでには至らなかった。リリと同じくらいの掘り下げが出来るキャラがもう1人いれば、中盤以降のお話もまた違ってきたんだろうけどなぁ。

 まぁ、それはともかくヘスティア様だ。結局、どれだけつまらない展開になろうとも、ヘスティアちゃんがほっぺを膨らませてプリプリしてくれてるだけでいいのである。「積極的なロリ妻」という配置に、水瀬いのりボイスの完璧な調和。彼女が毎朝ベル君に朝ご飯をつくって送り出すだけのアニメでも全く問題無かったのではなかろうか。是非とも「それゆけヘスティア様」みたいなスピンオフ作品で新しいアニメをつくってほしいものである。ん? ちょぼらうにょぽみがコミック出してるって? うーん、あれはちょっと……。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター