忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4024] [4023] [4022] [4021] [4020] [4019] [4018] [4017] [4016] [4015] [4014]

「山田君と7人の魔女」 5→5

 思ってたよりも面白かったです。1クールで終わってしまうのは今後が気になってしょうがないが……原作読めって話なんでしょうけども。

 「入れ替わりもの」ということで(原作は序盤ちょっと知ってる状態ながらも)何となく追いかけて行くと、「入れ替わり」という要素は本作においては特異な世界設定のほんの一部であることがすぐに分かる。そこから展開していく「魔女探し」の話、そして山田・白石を中心としたラブコメ展開。どちらも常に新鮮な刺激が続くので、一切退屈する暇がない。駆け足じゃないかと思うくらいにサクサク話が進んでいくし、個々のキャラがしっかり立っていて見映えがするので、それこそ「たくさんの仲間を集めていくRPG」みたいな感覚で追いかけることが出来た。入れ替わり能力によって様々なキャストの聞いたことのない演技がたくさん聞けるというのも声オタには嬉しいサービスの1つで、はやみんのバリエーションが豊富なだけでも充分に観る価値がある。それにしても白石さん可愛くなっていったな。

 ただ、そうした「刺激の多さ」は性急さに繋がっている部分もあり、不思議現象が不思議なままで展開が加速し、後半はどこまでがルールで、どこからが超常なのかがよく分からなくなってしまったのがちょっと気になるところか。「もう少し腰を据えて見せてもらっても良かったかな」と思える部分が多く、中盤は魔女7人を見つけるために1話1人くらいのペースでどんどんクリアしていったために、流れ作業みたいに見えてしまうこともあった。小田切くらいに内面まできっちり描写された上で山田との関係構築が成立していれば文句無いのだが、そこから先の魔女は割と適当なんだ。能力もどのくらい強いものなのかがはっきり分からないままに進んだりもしたし。まー、ひょっとしたらその辺も原作通りなのかもしれないんだけどもね。ここからどういう風に進展するか知らないし。

 とりあえず「可愛い女子高生とキスしまくるラブコメ」としては充分な中身があり、画の品質も安定していたので充分満足。きっちり2期に繋げてもらえればこの続きもまた楽しめそうである。

 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター