忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4219] [4218] [4217] [4216] [4215] [4214] [4213] [4212] [4211] [4210] [4209]

○「ヤング ブラック・ジャック」 5

 視聴中ずっとお腹が痛かった……わたし、血を見るのがとても苦手で、痛いの、グロいのがすごく駄目なのです。おかげで、事故の描写、手術の描写中は(具体的な画が殆どなくても)想像するだけで気持ち悪くなってしまう。あまりこのアニメを観るのに向いてない体質。

 そんな体質なので、過去にゴールデンタイムで放送していた「ブラックジャック」なんかも殆ど見てなかったんだよね。今作も旧作同様に手塚プロダクションが製作しているので、何となく絵柄や塗りの雰囲気が似てるかな、っていうイメージが分かる程度。まぁ、随分違う作品になっているので比べる意味も無いかもしれないけど。

 観ていてお腹が痛くなるのはもうどうしようもないのだけども、フラットな視点で観ればなかなか悪くない1話目だったのではなかろうか。特別驚くような展開があるわけでもないし、「若いブラックジャックを主人公にした漫画の1話目」をイメージすればこういうお話になるだろうという鉄板の展開。そこに学生運動絡みのあれこれをくわえて時代背景をはっきり出すことで「ヤング」要素のオリジナリティもしっかり出している。オチの胸くそ悪さもばっちりだ。ここから僕らの知っている「あのブラックジャック」がどのように形成されていくのかを見守るのはそれなりに楽しそうである。ま、今確認したら原作コミックが既刊だけで9巻もあるらしいので、とてもこのアニメシリーズだけで何かまとまった結末が出てくるとも思えないけども。その辺は仕方ないわな。

 中の人は、大塚明夫の重圧を受けてなかなか大変だろうが、悪くない仕事ぶりを見せる梅原裕一郎。ここまで少しずつメインの仕事を増やしてきたが、ついにでかい役をゲットしましたな。ここから快進撃が始まるだろうか。サブヒロイン(?)ポジションにはこういう作品で使いやすいのか、伊藤静がクレジットされている。ヤッターマンとかブラックジャックとか、こういうリバイバル作品に縁のある役者なのかしら。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター