忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4359] [4358] [4357] [4356] [4355] [4354] [4353] [4352] [4351] [4350] [4349]

「ご注文はうさぎですか??」 5→6

 きらら系日常ものはこれまで数多く作られてきたわけだが、私は基本的にそれらが好きなタイプ。「ひだまり」から始まって「きんモザ」に至るまで、どれもこれもそれなりに美味しく頂いております。そんな中でも特にピンと来なかったのがこのごちうさ。こころぴょんぴょんなんかしねぇよ、と斜に構えながら1期を華麗にスルー。特に響かなかった原因はなんだったのだろう、なんてしかつめらしく考えていたのですが、2期を見てみると、ちょっと……その、なんだ。まぁ、ぴょんぴょんしてきた。「ぴょ」くらいはしてきた。この私、チョロさにおいては人後に落ちない。

 原因がなんなのかをこれまた真剣に悩んでみれば、まぁ一番それらしいのは「2期目ってことで、すでに馴染んだから」っていうのがあるんだろう。これは1期目で描写不足だったという可能性もあるわけだが、私の世界認知がようやくこの作品の世界観に追いついたのかもしれない。奇しくも最終話の宝探しエピソードなんかはそれが端的に表れているが、今作の世界は日常ものというよりもむしろファンタジーものに近い。「きんモザ」よりも「AIRA」に近い、といったら分かりやすいだろうか。1期の時点ではきんモザ・みでし・ゆるゆり・ゆゆ式・Aチャンネル・あっちこっちに至るまで、様々な「日常もの」のカテゴリに収まる作品と比較して「なんか虚ろな世界だ」と不安がっていたのだが、そういう間尺で観る作品ではなかったということだ。別に学校の描写なんてなくてもいいし、とても高校生には見えない高校生がともすれば壮絶な知性の欠如すら感じさせるようなやりとりを見せていたって、ここが現代日本ではない、それどころかこの世界のどこでもないとするなら、ちょっと頭身の高い妖精さんたちの交流であると考えれば違和感はなくなる。

 そうして、「この世界は徹底してぴょんぴょんするためだけに作られたごちうさ次元なのだ」という事実にようやく辿り付き、私の目も幾らか開かれることになる。おそらく1期から没入していたファンはきちんと感性でそれを感じ取って受容していたのだろうが、私みたいな人間はそこに至るまでにいちいち考えるプロセスを経る必要があるんだよ。ほら、僕はとても真面目な人間だからね。うむ、これで説明はつくな。

 ん? 単に2期に入ってからチマメ隊の活躍シーンが多かったからセンサーが反応しやすかったのではないかって? シャロちゃんが最初から出ずっぱりだから愛でる機会が多かっただけではないかって? いやぁ、そんな、ねぇ、別に俺ロリコンじゃないしね。そりゃまぁ、メグの破壊力は半端無いと思ってますよ。中の人がエンチャントされて200%の力の鈍器で殴ってくる感覚に近い気がしますよ。シャロのあざとさもメーター振り切ってとんでもない領域ですよ。中の人もブーストかけて酔っぱらいモードだとうっかり課金しそうなレベルになるかもしれませんよ。でも、それがアニメ全体の評価に影響するなんてことは……ハハ、こやつめ。

 多分、最初の最初にエンディングテーマのアニメーション見た時点でもうやられてたんだと思います。あれはマジで卑怯過ぎる。あ〜、こころがぴゅぴゅんて飛び出すんじゃ〜〜。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/24 NONAME]
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター