忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5138] [5137] [5136] [5135] [5134] [5133] [5132] [5131] [5130] [5129] [5128]

「ナンバカ」 4→4

 最後まで見るべき視点が定まらないアニメだった。ただ、これはアニメの出来云々以前に、見るこっち側にも責任はあったかもしれない。予断を持って視聴開始するのは良くないね、っていうお話。

 何故初めて見るタイトルなのに「予断」が入ってしまったかというと、監督が高松信司だったことによる。「高松作品なんだから、またアホみたいなギャグが売りのシュールな作品になるだろうなぁ」というのが「予断」である。確かにギャグはあったし、ちょっと古くさいような笑いのセンスも高松的ではあったのだが、今作のメインはギャグ漫画部分ではなかったようで、「そういう」見方をしていると中盤以降のシリアスが処理しきれなくなってしまったのだ。どちらはというと「能力バトルもの」みたいなテイストが優先されるパートがあり、シリアスもかなり強めに効いているので、ギャグだと思って期待していると肩透かしをくらってしまうし、シリアス部分をそのまま飲み込めなくなる。正直、そうした部分で「足並みが揃わなかった」のは、勝手に属性でレッテル貼りをしてしまったこちらに責任があるだろう。

 ただ、こちら側の不首尾は認めつつも、やっぱり視点が定まらないアニメだったのは事実なんじゃなかろうか。最初の2,3話は間違いなく「ゆるふわ脱獄コメディ」だったのだし、キャラの多くはギャグ向けに設定されているはず。ジューゴたち囚人チームとハジメちゃんの関係性だって、とてもじゃないが真剣に命のやりとりをする雰囲気には見えない。まぁ、実際その関係性で命のやりとりはしてないし、脱獄するしないで真剣に揉めるタイミングもほとんど無かった訳なのだが、それだったら別に「監獄」っていうシチュエーションにあんまり意味はないよね、っていう。これ、適当に学園設定にしても話としては成立するし、脱獄云々の意味が分からない(ジューゴたちがわざわざ「囚人」と設定される意味があまりない)ので、刑務所の中、という設定が浮いて見えてしまうのだ。ジューゴの過去が次第に明らかになるにつれ、「お前、他の囚人たちとおちゃらけて脱獄ごっこやってたのはかなり罪作りやぞ」と思えてしまうし。重い設定と軽いギャグの食い合わせが微妙に悪く、笑っていいのか悪いのか、そもそも面白いのかどうなのかもよく分からないうちに終わってしまった感。

 まぁ、2期がすぐに始まるらしいのだが……ネット限定配信かよ。すまん、多分それは追いかけないわ。俺はネットでアニメを観るのがすげぇ嫌いなんだよ。決まった日の決まった時間に放送してくれないとついていくの大変なの! このセールス手段で結果が出せれば、今後もこういう変則的な配信方法が増えていく可能性があるなぁ。今となっちゃ、大体のアニメはネット配信でフォロー出来る状態だし、俺みたいに放送に食らいついてるのはもう時代遅れなのかねぇ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター