忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5559] [5558] [5557] [5556] [5555] [5554] [5553] [5552] [5551] [5550] [5549]

 ムービーデイ2本目の映画はこちらです。実は「ノゲノラ」と同じ劇場で上映してなかったので、人生初の「映画館をはしご」というよく分からない体験をしました。本当はこれの後に「パワーレンジャー」も観て一気に3本消化するっていうプランもあったのだが、今作を観て色々燃えつきてしまったために、もういいやってなった。とりあえず、新作映画で5年ぶりに登場した、伝説的作品、なのはシリーズ最新作だ。

 

 

(以下、ネタバレとか注意。知らないことがいいことか悪いことかは分からない)

 




 

 これだな! そう、これが観たかったんだよ!! 最近まで「ViVid Strike」の放送はあったわけだが、あんなリングの上での格闘技はお遊びでしかないわけで。腕力! 火力!! つまり、暴力!!! これこそが「なのは」シリーズの真骨頂! 容赦ない打撃、遠慮ない突撃、そして際限ない爆撃! もう、「少女」なんてタイトルを冠してやっていい内容じゃないぜ! 戦隊シリーズもびっくりだ!

 いやぁ、これこそが「なのは」だなぁ、っていうのが本当に嫌というほど感じられる2時間でした。アニメ映画で2時間といえばそこそこ長尺の部類に入ると思うのだが、本作はその2時間がほぼ全編クライマックス。退屈してる余裕は一切無い。冒頭のキリエがアミタを狙撃するシーンからして「Oh,やっちゃうのかよ」って思うところだが、それ以降も一切の遠慮なし。「魔法使いってのは言っちまえば大砲みたいなもんで、とにかく火力を上げてガンガンぶっ放せばいい」というのは、かつて魔法先生を指導していたエヴァンジェリンさんの言葉である。高町なのはという少女は、その極意をこの歳で完全に理解している。いや、この世界の幼女たちは、全員が全員、「戦うこと」の意味を十全に理解している。それぞれに重たいものを抱えて生きてきた連中だからなぁ。

 そして驚くべきは、今作では既存のキャラも新キャラも、その全員に見事な活躍シーンがしっかり与えられているというところだ。正直、まだ物語は終わってないのでストーリーラインについては何とも言えん。そして、ぶっちゃけ作画についても「劇場版だったらもうちょっと……」と思う部分もちらほら見受けられるので、全体的な作画クオリティについても何とも言えん。何とも言えないが、それでも個々のシーンでの高ぶりっぷりは文句無しだったと言うことだけは分かる。もう、細かいシナリオラインについては「観れば分かるだろ」ってんですっ飛ばすので、各キャラごとに分けて最高にヒートアップするシーンを見ていこうと思う。

 先に新キャラ勢から。正確には出展を調べるとなにやらゲームで登場していたキャラということだが、わたしゃ知らないので全員新キャラである。何と言ってもそのキャスティングがアツいのが新次元、エルトリア関係者3名。事前情報で「戸松・しゅが美・ぴかしゃの3人」と聞いた時点で「俺を殺す気か」と思ったが、マジで殺しに来てますね。しゅがぴかの濃厚な絡み、それを殴りに行く戸松の立ち位置。実にいい、思いっきり強引にシリーズに殴り込みをかけてきた「ぽっと出」の3人のはずなのだが、ちゃんとバックグラウンドも描かれ、キャラの主義主張はしっかり伝わってくる。作中では一番良い子だったアミタが比較的大人しかったが、それでもいきなり家出した妹を追いかけてバイクで突っ込んでくるシーンは笑う。実家のシーンでは姉妹で何だか病弱な印象すらあったのに、こっちの世界に出てくると突如として「拳で説得しに来るお姉ちゃん」なのがいかにもこの世界らしい。そして今回の物語の中心人物・キリエ。終わってみれば単に世間知らずの可哀相な子だったわけだが、その歪んだ情念がエネルギーとなり、彼女の強さを支えていたことは素直に格好いい。最大のピンチでも突然の界王拳を発動し、なのは・フェイトを順番に思い切りグーで殴りつけていくシーンはまさに「殴り込み」。はやてに腹パン、エロ漫画でしか見たことがないシチュエーションが見事に実現した。

 そして、本作最大の問題児、イリス。ぶっちゃけ、何も知らない状態で観に行ったので彼女がいい奴か悪い奴かは最後の最後までわからずに見ていた。「いい奴だったらいいな、いい奴であってほしいな!」って思っていたが、残念ながら悪い奴(暫定)。すげぇ個人的な話なんですが、「ノゲノラ」と続けてみたせいで日笠&田村ゆかりの立ち位置のギャップが恐ろしくてね。それだけでも楽しみが増したけども。ついに純然たる「悪い日笠」を拝むことが出来たというだけでも大満足。なのはシリーズって、悪い奴はちゃんと悪いから分かりやすくていいよね。まぁ、イリスの場合はまだユーリとの絡みで掘り下げられるとは思うけど。ユーリもまた、すごいキャスティングである。このあたりのゴリゴリのキャストは、私くらいの年代の人間にはたまらんものがありますな。

 そうそう、新キャラにはコピー3人衆もいますね。彼女達が登場してそれぞれオリジナルとぶつかる展開はマジで特撮の王道展開を見ているようで最高に滾る。コピーといっても完全な複写ではなく、あくまで表層を借りただけのものなので、3人ともしっかりキャラが立っているのが実に美味しい。特にレヴィのキャラがフェイトとの対比でがんがん際だつ対決シーンは最高。中の人たちもアフレコには随分難儀したようだが、流石にベテランの域に入ってきた面々、そのあたりの難題も見事にクリアしている。声の出し方の差であれだけ魅せられる田村ゆかりはやはり凄まじいな。

 既存のキャラに目を移すと、まさかのヴォルケンリッター全員が活躍という展開が「A’s」好きとしては嬉しい限り。いや、正直ザフィーラさんは微妙だったけど、多分アルフおんぶして飛んでるシーンだけでも「2人で走れよ!」っていう突っ込み待ちで面白かったから良し。シグナム&レヴァンティン、ヴィータ&アイゼンのコンビネーションはまさに「A’s」の頃の盛り上がりの再現。ヴィータの「ブチ抜けぇ!」がまた聴ける日が来るとは思ってませんでした。アイゼン、放っておくとどんどんハンマーから遠い存在になっていくのが笑える。レヴァンティンのちょい軽めのドイツ語も相変わらずで素敵。そしてシャマルさん。満を持して繰り出した必殺技、「相手の胸元に手を伸ばして直接ぎゅってするやつ」。それ、なのは達のリンカーコア盗んだときのやつじゃん! まさかあの時の技が大活躍するなんて!! えぐいなぁ、やっぱりシャマルさんが一番えぐいなぁ。

 男の子たちはあんまり活躍する機会が無く、特にクロノは「まだ声変わりしてないんやな……」くらいの印象だったのだが、ほんとにちょっとしか出てきてないユーノが例によってなのはに「全力全開で!」っていうだけで信頼されるのずるいよな。「流石ユーノ君! わっかりやすい!!」てなもんですよね。ヒロインがリミッター外すのを手伝うだけの補助役な男の子……これはこれで美味しい立ち位置かもしれません。

 そしてメインの3人。はやてさんは相変わらず闇の書が問題おこして可哀相だが、すっかり動きも良くなり、夜天の書というチートアイテムのマスターとして成長している姿が眩しい。本当なら一番やりたい放題出来る能力やからな。今回は多少後れを取ってしまったところはあるけども。そりゃさ、初対面でいきなり「協力して」っていいながら銃ぶっ放す相手にはそうそう対応できねぇよな。リインとの連携も見事に決まっていたし、マスターはやてはチームのおかんとしての役割をしっかり果たしています。

 3人組だと割と控えめなポジションで損しやすいのがフェイトだが、今回は対戦相手のレヴィにも助けられ、まさかの「リンディ提督との家族愛」というテーマで掘り下げられるとは思ってなかった。あのシーンはずるいよなぁ。なにげに傷完治させるほどに治癒力発揮してるし、「ほな行きましょか」みたいにして神々しく出てくるバルディッシュの空気の読み方もすごい。こりゃナイス家族ですわ。あんだけ愛ある物語を組み上げておきながら、最終的に「バインドから近距離で直撃」っていう一番えげつない(そして本シリーズではお馴染みの)決め技を見せるあたりが流石。

 そして我らが大砲・高町なのはさん。序盤の戦闘ではバインド極められながらも片手でレイジングハートを操り高火力を発揮。更に相手陣営から出てきたワイヤーを利用し、思い切り魔法攻撃(物理)で相手を市中引き回しの刑に処すという鬼のような戦闘力。その後もシュテル戦では持てあまし気味だった高火力がユーノのおかげで解禁され、いつも通りのブレイカーがまさに「破壊者」の名にふさわしいだけの効果。一体どれだけの焦土を作り出せば気がすむというのか。ラストには当然、新たな技術を搭載してレイジングハートがパワーアップし、相手陣営の最終兵器にすら一泡吹かせる。彼女が大見得を切ることで画面は完成するのである。

 それにしても……。

 そこで終わるのかよ!!!! えぇ〜〜〜!! 何も知らんで観に行ったから、俺は1本で完結するもんだとばっかり思ってたよ! エンドロール流れ始めた時にはマジでアゴが外れたわ。そこで終わるのかよぉ!!!

 いやー、凄まじいお預けですね……謎がばらまかれ、戦闘も煮詰まり、普通に考えたら後はラストバトルを経てエンディングに向かうだけのところだが……そうじゃないのね。来年に続くのね! 畜生! うまい商売やりやがって!(そうか?) もー、このあがりにあがったボルテージをどこにぶつければいいのさ。助けて魔法少女! よりサイバーに! よりクリティカルに! よりフェイタルに!!

 この世界の「魔法少女って、つまり兵装でしょ」っていう割り切り方がホント好き。次の大量破壊兵器は一体どんな姿をしているのでしょう。待て、来年!!

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター