忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5557] [5556] [5555] [5554] [5553] [5552] [5551] [5550] [5549] [5548] [5547]

sin 七つの大罪」 4→3

 やぁ、ようやく僕らの春クールが終わったよ……もう、残りカスみたいなもんだけども……強いていうなら「悲しみの残りカス/Dregs of Sorrow(7ED)」ですかね……。

 アニメとしてはぶっちゃけ割と普通なんですよ。いや、「普通のエロアニメ」なんですよ。おっぱい元気だし、中の人たちが精一杯頑張って喘ぎ声をあげてくれるのでサービスは上々。過去にもたくさんの作品が作られた、総じて「紳士アニメ」と呼ばれる類のジャンル。別に大したストーリーも求めてないし、思い切りエロければそれはそれでニーズがあるだろ、っていう枠。エロ部分については、そこそこ成果が出ていたのは事実だと思う。

 ただ……やっぱりそれを取り巻く諸々がひどすぎた。久しぶりじゃないですかね、「アニメ制作中にメインのスタジオが倒産して製作が立ち行かなくなる」なんて出来事は。かつては「ストライクウィッチーズ」のGONZOで同じような問題が浮上したことがあったが、あちらは何とか穴をあけずにゴールしたものの、こちらの作品はすでにスタート時点で崖っぷちだったのだろう。いわゆる特番がガンガン放り込まれ、最終12話の放送はついにこの時期までもつれ込んだ。まぁ、最後まで放送されただけでもラッキーなのかもしれないが……残念ながら、最終話も別に作画に魅力は無く、意志の感じられない事務処理のようなコンテワークにがっかりさせられた。正直、一本の「製品」としてアニメの評価を下すべきかどうかは難しいところだ。まぁ、リアルタイム視聴をせずに後々になって製品版で見れば別に問題は無いのかもしれないが……(製品版、ちゃんと発売されるんでしょうかね?)。現代アニメの歪みと崩壊を如実に表した1つの道しるべとして、歴史に名を刻むことで供養としよう。

 でもまぁ、作品自体の発想はいいんだよねぇ。エロいことさせるなら悪魔で、しかも「大罪」でやりたい放題。「ハイスクールD×D」なんかと同じ発想。後はキャラのエロをどれだけ引き出せるか、っていう部分が勝負で、大罪がそれぞれに特性を活かしながらヘンテコな萌えシチュエーションを産み出すという方向性は、万全の準備が整っていれば割と面白い中身になった気もするんだ。実際ベリアル回とかひどくて最高だったし。あの勢いが毎回あれば、エロでなくてアホアニメとしても記憶に残ったかもしれないのに。かえすがえすも惜しい作品である。

 でも、駄目なものは駄目。とりあえずキタエリが真剣に喘いだ作品ということで、落ち込んだ時にでも再生すれば元気が出るかもしれません(御前やぴかしゃの喘ぎ声は珍しくないのであんまりありがたみが無いという)。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター