忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[6198] [6197] [6196] [6195] [6194] [6193] [6192] [6191] [6190] [6189] [6188]

「魔法少女 俺」 5→5

 エラく綺麗に終わったな、と思ったら、これって原作漫画も2巻しかないのね。最近は1クールアニメばかりで物足りないっていう傾向が強いが、こうして「1クールにフィットする」原作見つけてくるのも制作側の才能の1つなのかもしれない。

 そんなわけで、身の丈にあった尺と、身の丈にあった中身が程よいアニメ。何かが爆裂するというほどの破壊力があるわけではないが、なんとなくユルい笑いと一緒に時たまとんでもない刺激物が飛んでくるという構造は、飽きさせず引っ張りながら、視聴者に無理を強いない良いバランスだったと思う。まぁ、それだけにドハマりすることもないんだけど、そりゃ全2巻のコミックだったらこれくらいだろう。伝説に残るアニメを作ろうとはしていないと思う。

 あー、でも藤本回のキャスティングなんかはある意味伝説かもしれんな。惜しむらくは、藤本回が本編とほとんど関係なくて浮いてたからあんまり面白くなかったことだな。やっぱりこの作品はサキが振り回されつつ頑張ったりやさぐれたりしているのを見るのが一番楽しいと思うの。そこに桜世の全開百合ブーストがかかると、メインの2人だけでも充分美味しくいただけます。中の人、バンドリ基準で考えたらモカ×沙綾だからな。なんだそのレアな組み合わせ。とにかく「大橋彩香のなんちゃってアイドル像」っていうのがいちいちハマりすぎているので、サキのドタバタ劇をみてるのが一番楽しいんですよ。「さばげぶっ」の時もそうだったけど、変な声に舵を切れる時のへごは本当に活き活きしている。本人はあれだけ歌唱力があるというのに、何故かクソ音痴な歌い方が妙に馴染んでる気がするのも、声が持っている天賦のパワーだろう。「へごが男性化すると石川界人になる」というのも、なんだか絶妙に説得力がある気がするのは、お互いに「振り切れたギャグでしっくりくる仲間」だからなのかもしれない。アフレコ現場が本当に楽しそうな作品である。あとは田村ゆかりとアイドルユニット組まされたゆーみんがどんな心境で現場の席に座ってたか、ってことが気になるくらいか。なんかコミュ力の化け物が多い現場だな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/09 NONAME]
[10/09 NONAME]
[10/07 名無し]
バーコード
ブログ内検索
カウンター