忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1417] [1416] [1415] [1414] [1413] [1412] [1411] [1410] [1409] [1408] [1407]
「猫神やおよろず」 5→5

 終了した2つ目の「神アニメ」。特に何かにこだわるでもなくだらだらと見続けられましたが、やっぱりこういう作品はこれでちゃんと存在価値があるんじゃないか、ということが再確認できる、良い作品だったと思います。

 緩さが信条の桜井弘明作品。この作品もご多分に漏れず、どうにも隠しようのないだらけた感じと、それとは裏腹な密度の濃いシナリオラインが魅力的。画面に現れるキャラクターの造形や台詞回しなどは力が入る部分がほとんど無いにも関わらず、それでしっかりストーリーは回っていき、気がつけばいつの間にやら1つのお話が終わっている、という絶妙な力点の置き方は、本当に職人芸。前作「会長はメイド様!」はもう少し画面にもメリハリはついていたが、今回は初心に戻ったかのような徹底的なユルさが実に心地よく、だらっとくつろいだ状態で「何となく楽しいもの」が見られるという幸福感がある。作中、案外シリアス……というかしっとりした話も多かったのだが、適度な人情話、いい話も、いつもと変わらぬテンポで自然に見せてくれるのが本当に上手い。個人的には柚子の過去話の時の、どうしても暗くなりがちな画面でも、ちゃんと繭がいてくれることで「普段の世界」と繋がっていることが分かる、あの演出が好きだった。

 そして、最終回に代表されるような「全員集合のごちゃごちゃした雰囲気」が、やっぱり桜井作品の真骨頂。飛び交うクロストークに、端のほうで何だか適当な造形になっちゃってるキャラクターたち。飛び交う書き文字とコロコロ変わる愉快な表情。そうしたものを、「ユルいはずなのに手抜かりなく」やってくれるっていうのが、簡単そうに見えて一番大変な部分なんだと思う。何が主題とか、何がメインってことを特に浮き立たせることなく、「全員がいて、何だか賑やかなその雰囲気自体がメインテーマ」みたいなこの感じ。気づいたら自分までその和やかな輪の中にいるようで、たった1クールなのに家族のような親しさを覚えることが出来る。ほんとに、良くも悪くも「日常を感じさせる」作品でございました。

 そして、桜井作品なんだからやっぱり中の人ネタが盛り上がる。狭いタイムスケールに徹底的に台詞を詰め込む桜井流は、キャストにも相当な負担を強いる演出方向なのだが、それを平気で受けきって自分流の熨斗を付けて返すのが戸松の恐ろしさ。気づけば引きずり込まれている戸松ワールドの業の深さよ。その他、回りを取り囲むのはフレッシュな面々あり、安定感抜群のいつも通りの面子あり。個人的には脇でちょこちょこしゃべって流されていくゴン太の演技が楽しかったですね。三瓶はホントに分かりやすい声で分かりやすいアピールがある。他にも新井里美の純正ママン役とか、これ以上ない緩さの豊崎貧乏神とか、平常運転過ぎて年の差なんて気にすることも出来ない堀江由衣の存在感とか。これならドラマCDで出されても買うかもしれないなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター