忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1691] [1690] [1689] [1688] [1687] [1686] [1685] [1684] [1683] [1682] [1681]
「ファイ・ブレイン 神のパズル」 4→4

 いやぁ、アホな作品だったね。1話目見た時に「こんな内容のパズルて!」とかいうどうでもいい突っ込みが先んじてしまったが、最後までおつきあいした結果、そのアホさ加減がこの作品の全てだったのだから。パズルって怖いねぇ、人が死ぬからねぇ。

 いや、はっきり言ってしょうもない内容だったと思うんですよ。結局カイトがうだうだ悩んでいるのを周りが心配してあれこれやってるだけのお話だし、いかにもNHK教育らしい、テンプレ展開で固めた毎回のエピソードは、特にびっくりな盛り上がりが得られるようなこともない。そして致命的に作画がショボく、現代アニメとしては弁解不能なレベルのクオリティの放送回も連発していた。普通に考えて、ほめるポイントはない。

 でも、これがシリアスな笑いなのかもしれない、という妙な味わいがあったのも事実。パズル馬鹿どもがパズルで死にものぐるいになるというのは、結局他のバトルアニメと同じ構図でしかなく、それが野球だったり戦争だったり料理だったり半額弁当だったりするだけのこと。この作品ではたまたまパズルなだけ。だったら人が死んでもおかしくないし、毎回違うパズルを出しても、雰囲気だけで解決するから別に解き方とかを詳細に描写しなくても問題ないのさ! どうなんだろね、毎回カイトが速攻で解いていくシーンとかって、ちゃんと「すごい難易度のパズルを端正な解法で解いていく」プロセスは経てたのかしら。そこまで仔細に見ていないから分からないわ。

 「馬鹿パズルアニメ」として見ていると、綺麗な馬鹿をやってくれているのは評価したい点。毎回壮絶な「死ねるパズル」を見せてくれるだけでも頑張ってくれた作品といえるんじゃなかろうか。実は意外にキャラも立っていたという事実。あれ、なんだか感想書いてたら面白く思えてくるパターンだ。よし、2期目はちゃんと全部観て、面白さを考えてみよう。

 って、来週からもう始まるんかーい。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター