忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2322] [2321] [2320] [2319] [2318] [2317] [2316] [2315] [2314] [2313] [2312]

THE UNLIMITED 兵部京介」 5→5

 すたいりっしゅ。思ったよりも楽しんでみられたし、多分狙い通りの出来になったんだろうな、と納得出来た作品である。

 元々スピンオフ作品ということで知識不足による困難がどの程度伴うものかと不安だったのだが、基本的に小難しいことはやらないお話だったので一切問題無かった。とにかく「イケメン少佐のイケメンアクション」を楽しむだけの作品だし、「ダークヒーロー」「ピカレスクストーリー」といった売り文句も、単なる正義の味方じゃなくて影のある男の方が恰好いいよね、ってことでの設定だ。実際、作中で兵部はほとんど悪いことはしていない(いや、法は散々犯しているし、人もいっぱい殺してるんだけど、基本的にそれは「正しい」行いとして描かれている)。作品世界で文句なく「正義」だと言えるのは皆本たちバベルなのだろうが、そのバベルが追いかけてるふりして割と兵部たちとはなあなあの仲なのだから、基本的に「悪」としての側面を真剣に描こうっていう狙いは無いはずなのだ。あくまで「エスパーであるが故の迫害との戦い」というメインテーマにつきまとう「悪行」である。

 そうして設定の皮を1枚ずつ剥いでいくと、やっぱり「イケメン恰好いいアクション」というジャンルに収まると思う。何が何でも学ランを脱ごうとしない少佐は、どこまで行っても冷静沈着、傲岸不遜。強ければ何をやってもいいということがよく分かる立ち位置。当然クライマックスでは大きく傷ついてピンチを迎えるわけだが、それだってほぼ予定調和であり、最終的にはきっちり「悪」をやっつけて大団円である。ややこしい正義感を振りかざしていた「CODE:BREAKER」なんかよりもよっぽど分かりやすいし、忌憚なく楽しめる。シナリオに余計な要素が無いのだったら、あとはアニメーションとしての画作りの勝負。そうなれば、サンライズ絡みで色々と実績を重ねた五十嵐紫樟の腕の見せ所。マングローブによるエフェクトのかけ方なんかも堂に入っていて、ど派手な艦隊戦や小粋なエスパーバトルも非常にすっきりとして「スタイリッシュ」である。「絶チル」の時よりもかなり等身を高めにしてシャープになったキャラデザもすっきり収まる。ただ、流石にエスパーさんたちのおれつえーバトルだけだと味も素っ気も無くなってしまうので、泥臭い殴り合い要素も忘れないために、今回はダブル主人公にしてアンディも配置しているわけだ。男と男の友情を描く実に暑苦しい絵面も、あくまで「スタイリッシュ」を維持し続けてくれたので腐った臭いもせずに逃げ切ることができた(まぁ、そっち方面の方々には捕縛されているのだろうが)。

 一応ちょっと毛色が変わるのは途中で挟まれた少佐の過去話で、色彩設定をいじったりして大きくイメージを変えているが、これも中だるみにならず、良い具合にガス抜きとして機能していたと思う。思う存分湿っぽい話なのだが、兵部の周りの人間との触れ合いをベースにするところで単なる鬱話にせず、「なんだ、じいさんもこんな時代があったんだな」とニヤニヤ出来る仕様だ。こういう演技を聞いていると、改めて平野綾ってのはやっぱり仕事出来るんだよな、ということを確認させられる。思えば絶チルから5年も経ったんだよなぁ。

 というわけで、特に期待していなかったということもあり、不満の無い作品ではあった。そこまで入れ込んだわけじゃないので多分半年もしたらあんまり覚えてない気もするのだが、別にそういうアニメが悪いわけじゃないしね。「遊佐さんは何をやっても胡散臭いなぁ」ということをたっぷり楽しめたし、東山奈央のロリっ子も楽しめたので、これはこれで良しである。


拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター