忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2323] [2322] [2321] [2320] [2319] [2318] [2317] [2316] [2315] [2314] [2313]

PSYCHO-PASS」 5→6

 後半から感想書き始めたことからも分かる通りに、次第に面白さが増していった作品だった。そういう意味では、尺の長さがうまい方向に働いたといえるが、思い返してみれば、割と序盤から安定して面白かったような気もする。良いところも悪いところも、多分最初から大きな変化も無く、非常にバランスの取れた良い作品だった。

 序盤に多少なりとも抵抗があったのは主に2つの点。1つは「リボーン」の作者が作ったというキャラクター原案。初見で朱ちゃんの顔を見たときには「確かリボーンのアニメって色々キツかったんだよなぁ」ということを思い出してげんなりしていたのだが、これは慣れるのにほとんど時間はかからなかった。女性キャラクターに限っても朱ちゃん以外に六号塚さんや唐之杜さんなんかもいて、割とタイプの違うヒロイン勢はそれぞれに異なった魅力があってすぐに「美人さんかもしれない」と思えるようになった。そして野郎の側については、特におっさんは魅力があるというのが良かったし、気障ったらしい槙島さんのキャラもうまいことデザインの通りに機能していた。ごちゃごちゃしたいかにもI.G.らしい世界背景とのかみ合わせも良く、割とお気に入りの絵柄になっていたかもしれない。

 ただ、もう1つの難点である「世界の全貌が見えない」というポイントだけは、最後までひっかかり続けた部分ではある。シビュラを中心とした「新しい世界」は、根本理念は割と陳腐だし、概要はすんなり理解出来るのだが、あまりに大きな世界の違いだったために、それがどのように世界に影響をあたえているのかが伝わりにくかった。序盤にあったアバターの事件みたいな分かりやすい「電脳世界の事件」とかなら表層部分だけで問題無かったのだが、中盤以降、「罪の意識」などが絡んできたシビュラ崩壊のシナリオは、色々と唐突な要素が多くて把握しにくかったし、最終的に槙島たちが挑んだ戦いの目的意識も見えにくいものになってしまっていた。これだけの尺があっても、まだまだ書き足りない世界というのも難儀なものである。

 もちろん、こうした難点は「不満を述べるなら」というポイントであり、全体を通じてのシナリオは非常に良くできていたと思うし、作劇が狙っていたポイントは的を射たものだった。目の覚めるような劇的な成果を得たというわけでもなかろうが、アニメオリジナル作品で、ここまでの尺を過不足なく完成させたことは充分誇ってよいのではなかろうか。個人的には、やはり序盤の話数で展開された「2話で1セット」の構成が良かったように思う。かの「DARKER THAN BLACK」にも同じだが、シナリオを分割することで演出面に余裕が出来てドラマの彫り込みがしやすくなる。個々の事件をそうして丁寧に描いていくことにより、この作品の肝である常守・狡噛間の関係性や、槙島のキャラクター、一係の持つ軋轢やシビュラの抱えた矛盾など、無理なく導入することが可能になっていた。やっぱりアニメシリーズは2クール確保した方がいいな、と思えるだけの成果であろう。塩谷監督は「BLOOD-C」のおかげでどうも印象が良くなかった部分はあったが、こうしてアニメシリーズできちんと実力を発揮出来たことである程度得意な方向性は見えただろう。まぁ、監督単体の手柄にするのも乱暴だけどね。今作の場合、コンテで参加してる名前だけを見ても浜名孝行氏に増井壮一監督、金崎貴臣までいるのだ。1話1話で見応えがありましたよ。

 最後に当然中の人だが、今作の場合は誰が偉いんだろう。……こうしてみると、やっぱり花澤ワールドかなぁ。ホント、気付いたら随分と芸幅が広がって良い役者になったと思う。朱ちゃんがビシッと締まってことその作品だものね。あとは狡噛・槙島の濃いコンビに、脇で支えた有本さんと野島()の親子組。そして暗躍していた榊原良子・日高のり子というシビュラ側。濃いなぁ。これに沢城・御前と加えると……結論、なんかエロい。


拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
[05/30 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター