忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2716] [2715] [2714] [2713] [2712] [2711] [2710] [2709] [2708] [2707] [2706]

「幻影ヲ駆ケル太陽」 5→3

 何がやりたかったのかが最後まで分からなかった作品。いや、違うか。正確には、何がやりたいのかは分かるのだが、何故やりたかったのかが分からなかった作品。アニメオリジナルだから何か特別なものが出てくると期待してしまうのはこちらにも責任があるのかもしれないが、この作品の場合、どんな状態で見ても、別段収穫があったとは思えないのが難である。

 この作品を表すのに一番手っ取り早い表現は「劣化まどマギ」である。魔法少女になる運命を与えられた少女の友情物語をメインに置き、敵対するのは人間の邪悪な思念の集合体。そして、物語中盤では魔法少女として戦う女の子に悲劇的な宿命が告げられ、彼女たちに救いのない選択を迫るのである。ダエモニアの禍々しいデザインもそうだし、そもそもバトルとしても萌えとしても抵抗がありそうな独特なキャラクターデザインなんかも、まどマギのつぶれあんパンがなければなかなか出てこなかった設定なのではなかろうか。そして、まどマギにはそれだけの賭けをして得られるものがたくさんあったわけだが、残念ながらこの作品には新しく得られる要素が無い。友情物語としては至って平凡であるし、デザインが変わっているとはいえ、バトル描写が取り立てて盛り上がるようなものでもない。草川監督作品なら何とかそういう動きの面でリカバリーして欲しいという願いがあったのだが、どうも、最近は「カンピオーネ」とかこれとか、惰性で仕事をしているような画が多いような気がする。もう少しビビッとくる戦闘シーンが見たいんだけどなぁ。

 結局、今作で一番盛り上がったのは1話目で冬菜が惨殺されたシーンであるが、あのサプライズもシナリオ上では特に有効利用されることもなくフェードアウトしてしまい、残った面々の「それぞれの物語」は、それぞれにありきたりだったり、あんまり共感出来なかったり。せいらの変心とかもう少しドラマティックに描けただろうし、るなの反逆なんてもっとドロドロ引っ張れたはずなのに、そのあたりのドラマは特に掘りさげないんだよなぁ。そしてそれら全てが、精神的に不安定なくせに、主人公面して都合の良いところだけは乗り越えてしまうあかりに収束する。結局、今作は「太陽あかりがどんな人間なのかよく分からなかった」ところが全てなのかもしれない。最終的に希望の象徴みたいになっていたけど、あの性格で大した実行力もないあかりが、あそこまで人心を集める意味が分からないんだよね。結局ダエモニア混血っていう生まれの特殊さだけで乗り切ったようなもんだしな。一応、最終話あたりの会話でちょっと感心したのは、エピソードの大部分がオープニングテーマ「traumerei」にリンクさせてあった(というか、曲の方がアニメのイメージを歌ったものだった)ので、何となく綺麗に収まったように見えたことだけど、流石にそれだけじゃごまかされない。

 まとめると、「やりたいことは分かるが、この作品でやるべきは多分それじゃないし、やりきったとしてもあまりにペイが少ない」ということ。何が決定打になってこのアニメの企画が通ったのかがよく分かりません。「なのは」みたいなコンテンツを狙ったものなのかな……だとしたらやっぱり「なのは」って凄かったと思うよ。草川さん、あのときの意気込みをもう一度見せておくれよ。

 中の人については、結局キャラにいまいちのめり込めなかったのであんまり無い。シナリオと直接関係ないところにいるキャラの方が見やすかったせいで、シュレディンガー役の井澤詩織とか、三姉妹役の種崎敦美とか、そういうところにばっかり気持ちが行ってしまったかな。あと、すげぇ微妙なところだけど、ぎんかのおとんが何か好きだった。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
[05/30 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター