忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3116] [3115] [3114] [3113] [3112] [3111] [3110] [3109] [3108] [3107] [3106]

「銀の匙(第2期)」 5→6

 ほんと、強く押し出す部分はないんだけど良いアニメ。無事に終わったし、そろそろ原作の買い時なのかなぁ、と思わされるだけで充分だろう。

 アニメ的には1期と大きく変わった部分はないのだが、2期目はよりシリアスな問題に踏み込んだストーリーになっているので、八軒、駒場、そして御影と、人生に関わる多くの選択を迫られる部分はかなり重たい。そこでどのようにアニメとして見せていくかっていうのが大きな勝負どころだったわけだが、逃げることなく真正面から扱うことでこの作品の独自性にも繋がっていた。同時期に「のうりん」という似たような(?)テーマを扱った作品があったことでかえってテーマの独自性が際だつことになったのは面白いところで、こちらの作品はより事実に即して、生々しい「農家の声」が聞こえてくる。正直、一般視聴者、一般読者には受け止めがたいレベルの問題なのだが、やはり考える一助になるし、農業に関係の無い人間だったとしても、「夢と現実」という一般的な問題に還元してシナリオを受け止めることも出来るはずだ。いかにもノイタミナらしい、「意味のある」アニメ作りである。また、八軒という1人の青年主人公の成長物語としても非常に分かりやすい部分があり、その上で諸々の含蓄もあり、背筋を伸ばして見てしまう教訓を孕んでいる。そういう複層のドラマを綺麗な一本のストーリーとして見せてくれるあたり、やっぱりこの原作者は上手いんだろうと思う。

 もちろん、そうしたシナリオ面は基本的に原作にあるものに加え、アニメになることで伝えやすくなる部分もあっただろうし、合間に挟む緩衝材としてのギャグの要素や、1つ1つのシナリオのゴールとなる達成感の描出など、ドラマティックに描かれることできちんとアニメ独自のプラスαがあらわれている。1期のときも同じだったが、手堅さの中でも「単なる原作通りでは終わらせない」というこだわりが見られるのはありがたい部分だ。アニメで馬メインの描写ってのはなかなか見られないんだけど(たまたま今年は「ワルキューレロマンツェ」ってのがあったが)、不覚にも「馬、でかいな」と驚いてしまった。これを見て乗馬に興味を持つ若者が……増えはしないか?

 中の人については、八軒役の木村君が相変わらず良い仕事をしてるってのが第一だが、回りをサポートする面々もさりげなく見せ場が多い。中でもメイン級の仕事になった駒場役の庄司将之は声質があっててしっくり来ていた。あとはやっぱりメインヒロインの三宅麻理恵ね。彼女は本当に可愛い声なんだけど、もっと色々仕事増えないかね。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[09/24 NONAME]
[09/20 トマト]
[09/20 トマト]
[09/03 Serra]
[08/31 ろはん]
バーコード
ブログ内検索
カウンター