忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3113] [3112] [3111] [3110] [3109] [3108] [3107] [3106] [3105] [3104] [3103]

「桜Trick」 5→4

 んー、残念ながら期待してたほどはまることが無かった作品。ガチ百合なんだからもう少し伸びしろがあるかと思ったのだが……。

 はまらなかった理由は色々と考えられるのだが、まず一番大きかったのは、石倉監督の持つ作品性があんまりあわなかったこと。「ひだまり」の時と同じような止め絵の演出、そしてひたすら幾何学的に簡略化させた背景設定など、デザインとしてはかなり独特な方向性。ひだまりは2期と3期の間に大きなギャップがあったものの、元々動きを求める作品でもなかったし、そもそも2期までの大沼・尾石ラインが既に色々おかしかったので、3期は3期で「こういう味もまたありかもしれぬ」と受け入れることが出来た(ただ、今思えば4シリーズの中では一番微妙だったかもしれない)。しかし、今作はひだまりのように穏当な空気だけで進む作品ではない。何しろメインテーマが「ガチ百合ップルのキス」なのだ。のっぺりとディティールを廃した画で構築されても、なかなか真に迫ったエロティシズムを感じることが出来ないではないか。

 もちろん、実際に事を成す場面になればそれなりにディティールにも力は入るのだが、そこが逆に浮き立つようになってしまい、普段の空気との親和性が乏しくなる。おそらく狙いとしては「普段は極力日常ものの空気を維持しつつ、要所ではきちんと見せ場(濡れ場?)を作る」ということだったのだろうが、そこに区分けを作る意味が薄く、なんだか単に手抜きをしているように見えてしまう結果になったのだ。オープニングで見られる無体なダンス動画なんかも同様で、他の部分がシンプルな図案なのに、そこだけ動かされてもやっぱり浮わつく。出来ることならば、もっと作品全体を使って「背徳的な百合モーション」をプレゼン出来なかったものだろうか。コンセプトが貴重な作品だっただけに、そこの現れ方が意図とずれてしまっていたのは勿体ない。まぁ、それ以前に、「別にシナリオとしてそこまで面白いもんじゃない」っていうのが最大の原因なのかもしれないけども。そりゃね、冷静に考えれば「毎週ひたすらキスしまくるだけのカップルを見せられるだけのアニメ」って、拷問じゃんね。「こいつらどうせキスだけで終わってるわけないんだから、もっとその先も見せてくれよ」というドロドロした欲求が……いや、地上波で出来る範囲でね。

 あと、あまりにもメインの2人の物語が集中し続けたために、あんまりサブキャラ勢が光ってなかった感じが気になる。生徒会長お姉ちゃんは頑張ってたし、途中から彼女メインみたいになってたけど、結局お話はこの3人で回してたからねぇ。それが原作の狙いだってんなら構わないのだが、どうもキャラの配置からすると「同時多発的百合」も割と大事な要素だった気がするので、それが見られなかったのも残念。もう、こうなるとひたすら毎回「どこで連中がキスするか」ということのみを売りにするしかないんだけど、流石にそれって1クール引っ張るほどのものではないよね。戸松・井口のエロい声を楽しみにするだけだったら、多分もっと他の作品で足りてるし、そもそも、この2人にそういうポジションを期待してるのかというとそんなことも無いし……。

 結論・百合営業ってやっぱりイメージ戦略的に効果があるんだ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター