忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3119] [3118] [3117] [3116] [3115] [3114] [3113] [3112] [3111] [3110] [3109]

「サムライフラメンコ」 6→6

 一言で言うと「問題作」。今のアニメ業界は色んな意味で「問題」がありますが……この作品は一体どう扱うべきなのか。

 各話の感想は毎週書いてきたのでここは総括しなきゃいけないはずなんだけど、現時点でも自分の中でこの作品をどのように位置づけていいかよく分からないでいる。何故かというと、なんかやたらと愛着があるので、いいところを取り出しても単なるえこひいきになりゃしないかと心配だからだ。いや、どうせ他の感想だって全部「好み」と言ってしまえばそれまでだけど……一応極力客観的視点を導入しようとは努力してるわけで。ただ、今作の場合は「客観的に見て何が楽しかったのか」が見いだしにくいのである。感想として一番身も蓋もない書き方をするなら、「俺は大好きだけどな!」

 難しくなっている問題点を2つに分けて書いていくと、一番大きいのは当然シナリオについて。倉田英之によるシリーズ構成ははっきり言って「やりたい放題」であり、「ヒーローもの」というラベルから出てきた思いつきをとにかく詰め込んで、前後の脈絡や整合性を犠牲にしながらどんどん流していった。そんな印象を受ける。全体を通してみると不思議と筋が通って全体像がまとまっているようにも見えるのだが、まず、それが本当にまとまっているのかすら怪しい。少なくとも、最終盤では様々な要素が考察対象となっており、これ即ち「投げっぱなし」ではあるのだ。「あんなめちゃくちゃなシナリオの作品、何が良いのだ」と問われれば、その答えは「お説ごもっとも」しかない。事実私は丸投げ代表である「魔法戦争」を酷評している。ただ、「お説ごもっとも」と平伏しておきながら、その上で「でも楽しかったろ?」と開き直りたい自分がいる。この脚本は、突っ込みどころが多すぎるし、とっ散らかってるのは間違いないのだが、少なくとも「予測不能の展開」だったのは間違いないし、考えを突き詰めていけば、ひょっとしたら答えがあるかもしれないという期待感がある。何か好奇心を刺激するものがある。それがヒーローもののエッセンスではないだろう、ということは分かるのだが、現時点では「放っておけない何か」としか言いようがない。おそらく倉田さんに聞いたところでこれ以上はあんまり教えてもくれないだろう。「作品を観ればいいじゃない」と言われておしまいだ。そういうものに、まず引かれるか引かれないかというのが大きな「問題点」。

 そして、こちらはどうにもフォローは出来ないのだが、ぶっちゃけ、あんまりアニメとしての質が良くなかったのである。個人的には「大森監督の新作だ! ひゃっほう!」と浮かれるだけ浮かれていたわけだが、まさかディーンやブレインズベースでなくマングローブになったことで、「作画の致命的な崩壊」というとんでもない事態に見舞われるとは思ってもみなかった。まぁ、作画があかんのはスタッフを揃えきれなかった制作側に問題があるわけで、監督責任では無いのだから気にしなくても良いのだが……せっかくの大森作品、出来れば万全の状態で見せて欲しかったよなぁ。監督の真骨頂である音響面では、まだまだ若手の増田君とかがすごい良い仕事をしていただけに、それに見合った画を用意出来れば、この作品の求心力はもっともっと高まったと思うのだが。何となく感想とかをチラ見してると(ギロチンゴリラによる峻別は置いとくとして)フラメンジャー編あたりが一番評価の分かれた部分のように思えるのだが、あのあたりが正直一番作画の辛い時期だった。フラメンジャー、フラメンロボが、それこそサンライズばりのスペシャルな動画で動いてたら、この作品はどうなっていただろう。……いや、あのチープさだったからギャグとして引き立った部分もあるかもしれないが……え? ひょっとしてそこまで狙ってたわけではないよね。

 まぁいいや。とにかく「シナリオがチャレンジャー」「作画が残念ジャー」という2つのポイントから、この作品はなかなか客観的に太鼓判を押しにくいのである。その上で私が好きだった理由については……各回の感想などから類推して下さい。このテンションはたまらなく好きですよ。大風呂敷を広げるだけ広げた設定も魅力的だし、ちょいちょいぶっ込まれるメタレベルの高い救いようの無いネタもこの作品のオリジナル。未だかつて「世界なんて征服してどうすんねん、管理が大変やろが」なんて言ってきた悪の親玉いないもんな。そりゃ確かにみんな思うけども。

 ひとまず、この無理難題に最後まで挑み続け、きちんと結果を残した大森監督、倉田氏の両名にはお疲れ様を。あとは主演の増田俊樹、相方としてインパクト絶大だった杉田あたりにもGJと。最後までちゃんと見ると「やっぱり後藤さんすげぇな」ってなるもんな。忘れがちだけど、後藤さんって一回世界救ってるからね。あとはやっぱりフラメンコガール・真野マリちゃん。悪い戸松に出会ったことはほとんどないが、これは本当に良い戸松。彼女に股間踏みつぶされるために悪の道に走るまである。いや、無い。怖い。ミネミラは、本当に安定した仕事を見せるM・A・Oに加え、いきなり萌ちゃん、ロボ子とインパクト絶大の仕事を繰り出してきた山崎エリイも光って、本当にいいユニットだったなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[09/24 NONAME]
[09/20 トマト]
[09/20 トマト]
[09/03 Serra]
[08/31 ろはん]
バーコード
ブログ内検索
カウンター