忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3817] [3816] [3815] [3814] [3813] [3812] [3811] [3810] [3809] [3808] [3807]

「新妹魔王の契約者」 3→4

 続編おめでとうございますぅ。意外や意外、今期の「区別がつかないラノベラッシュ」の中から、ちょっとだけ持ち直してきたのがこの作品だった。いや、先に断っとくと「面白かった?」って聞かれたら「いや、別に」って答えると思うんだけど、多分1話目の印象が悪すぎたおかげで、思い切りハードルが下がったからなんだろうな。

 作画のひどさについては、1話目が逆ピークだったという何とも不思議な状況。全編通じて「こいつぁ綺麗だ!」ってびっくりするような作画面ってのがあるわけではないのだが、2話目以降は平均値まで持ち直し、そのまま大きく崩れることなくクリア出来た。「俺ツイ」でボロボロになっていたプロダクションアイムズであるが、今回はなんとか制作体勢を維持出来たようだ。今作の最大の売りは「エロ」である。いや、もうそんなアニメは叩いて捻って蹴散らしたいほどにあふれているのだけれども、今期並んだ他のラノベアニメとの相違は、開き直りエロの正当化。何しろメインヒロインの従者にサキュバスがいるのだから、エロくなるのはしょうがない。エロい契約をして、エロを中心に人間関係を作っているのだし、積極的にエロいことをしようと思っているキャラが中心で活動しているのだから、それはちゃんとストーリーに関わってくる良いエロだ。描写も割と本気だったし、「ハイスクールD×D」とか「聖痕のクェイサー」みたいに「馬鹿エロチャレンジ」作品としては一定以上のクオリティを保っていただろう。惜しむらくはAT−Xですら本当に無粋な修正が入りまくったことであるが、分かりやすい「円盤買えばいいじゃない」作品なので諦めもつく。こうしてきちんとアニメのジャンルが二分され、無用なエロはさっさと取り除き、エロ専門アニメが頑張ってエロい画を作ればそれで良いのだと思う。

 シナリオラインについては「ふつーのラノベ」なので取り立てていじるポイントもないが、万理亜のキャラはそれなりに立っていたかな。ちゃんとシリアスに絡んでそれなりの設定もあったし、最初の契約部分さえクリアしてしまえば、メインとなる刃更・澪の関係も無理矢理って感じではない。魔王設定、勇者設定はあんまり活かされてた感じはないので、もっとあっさりした舞台でやれていれば余計な匂いもつかず、先入観も取っ払えたのでベターだった気もするんだけど。まぁ、これは後考えではあるな。やろうとしてることは潔いのだから、これで他作品との差をアピール出来る個性があればなぁ。

 中の人については、「中村と杉田が楽しそうにしてるからそれでいいんじゃね?」というので大体片付く。最初に杉田が仮面つけて出てきた時は流石に笑ったわ。「中村さん、それ確実に突っ込み待ちなんだからはよ突っ込めよ」ってずっと思ってた。そして万理亜役の福原香織が今作のキーパーソンかな。かおりん最近だいぶ落ち着いてきたけど、こういうちゃかちゃかした役はやっぱりしっくり来るわね。主演の朝井彩加は無難な仕事ぶりなので、まだ何とも言えない。プロダクションエース組は、いつもお疲れ様です。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
25 28 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
バーコード
ブログ内検索
カウンター