忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3996] [3995] [3994] [3993] [3992] [3991] [3990] [3989] [3988] [3987] [3986]

「ハイスクールD×D BorN」 6→5

 実家のような安心感(嘘)。こんな実家、嫌だ。

 初期配点は何のテンションなのかちょっとやり過ぎてたので戻させてもらいましたが、別にご不満はございません。いつも通りに、いつもの中身が展開されただけです。流石にどんな作品でも3期もやれば年季による見せ方ってのは安定してくるもので、こちらもいい加減にどう観ればいいかを心得ているので積極的に呼吸を合わせていくことが出来るわけです。ナイス連携。わざわざ息を合わせなきゃ観られないようなもんなのか、って話だけども。まー、そりゃ手放しで喜んで正座しながら観るような作品ではないわな。

 特に大きく褒めるつもりもないが、今期は2期よりも好きだったかもしれない。2期は「1クールしかないくせに二部構成」というなんだかよく分からない展開で、そこに特徴を見出すほどのものでもなかったので半端になってしまった印象だったのに対し、今期は芯を貫くシナリオラインが良くも悪くも安定しており、非常に観やすい、ベタベタの展開が微笑ましい。「イッセー頑張る」→「敵がもっと強い」→「だからもっと頑張る」というだけの少年漫画展開であり、毎回そこにちょっとだけ違うヒロインが調味料として加味されるだけ。今回は途中のアーシア救出編からクライマックスのリアス部長対決編まで、素直に1クールの中で物語が膨らんでいることが分かりやすく、インフレを繰り返す少年漫画設定で飽きてきそうなものなのに、適度にヒロイン勢の刺激が変わってくるだけで何となく観られてしまう。2期で加わったゼノヴィア、ギャスパーに大きな活躍のシーンがなかったのは残念だが、小猫ちゃん、朱乃さん、そしてアーシアというオリジナルメンバーにそれぞれ見せ場があったのだからこれはしょうがないところか。特に朱乃さんはリアス部長と肩を並べながら丁々発止の関係性でやり合ってる図が活き活きしてて良かった。

 あとはやっぱり開けっぴろげな健全エロ要素が最大の売りなわけでね。どこぞの光だらけ作品と違って、すっぱりさっぱりとさらけ出してくれるのはストレスがないし、ちゃんと作品の個性として活きてくるので良いことですよ。作画は毎回しっかりしてるし、「ちゃんとそこに力入れてくれてるんだなぁ」というのが分かるのはとても良い。そしてそれがギャグ要素の方へと落とし込まれ、単にあけすけなエロばかりにならない心遣いも嬉しいじゃないですか。まぁ、最終話のラストはどうやねんとは思うが……梶君の熱唱に笑ってしまうわ。

 とりあえず、今回のお話で無事にグレモリー軍団は全ての駒をそろえたことになる。せっかくなら全部の駒が揃った後のお話もみたいよねぇ。4期は……ある気がするなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター