忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4001] [4000] [3999] [3998] [3997] [3996] [3995] [3994] [3993] [3992] [3991]

「ハロー!!きんいろモザイク」 5→5

 常にように終わり、去っていく日常である。夏休み明けのところで次クールののんのんびよりにパスするってのはうまい展開だぜ……と思ったけど、だからのんのんびよりはきらら系作品じゃないんだっての。

 いわゆる「日常系シンパ」の中ではかなり大きな存在感を持つ作品となっているようだが、私の中ではあくまでも「そういうものの1つ」であり、そこまで肩肘張って観るような必須栄養素ではない。ひだまりが終わる時には膝から崩れ落ちるような衝撃を受けるが、忍たちとの日常の閉幕はそこまでのダメージにはならないのである。いや、嫌いじゃないけどね。ずっと観てても退屈しないのは良いことだけどね。

 新番チェックの時にも書いてるけど、個人的には今作の大部分を占めるのは中の人の話題なのですよ。2期に入って各キャラクターの出番が満遍なく散らされてきたが、中でも兄弟が登場した陽子の出番が多かったことは大変によろしい。普段は低音域がメインで突っ込みに回ることが多い内山夕実が、今作では突き抜けたアホテンションで色々と引っかき回してくれるので、それだけでも大変貴重なのです。やっぱりポンコツになったゆーみんの魅力はひとしおである。もちろん、そこにはいつも通りの鬼畜ぽいんてしがいるし、テンションの高いキャラの中にもどこか安心感を与えてくれる奈央坊がいる。たねちゃんの百合キャラにきゅんきゅんしつつ、まなみんの流暢な英語と、溢れ出る愛らしさに頬を緩ませる。先生陣2人も今期は様々な場面でかき回すトリッキーな役回りを果たしたし、存在感のある猪熊ツインズは、キャストも含めて濃密な時間を提供してくれた。

 そして、2期に入ってからは今作独自の危ない方向性も加速。1期の時に「あれ? こいつらひょっとしてマジモンじゃ……」と思っていた部分が確信に変わり、1期は「こいつらキチ○イやで」がオチだったのに、2期に至っては「まぁ、キチ○イなのはいいとして」という前提からスタートするお話になっているのである。忍がコワレの筆頭みたいな印象ではあるのだが、アリスのヤンデレ要素は実は作中最大の闇でもあるし、綾の百合要素は百合っていうかガチレズにまで昇華されている。本来なら一番のかき回し役であるはずのカレンが実は一番まともなヤツっていう可能性すらある。いや、絶対そうだ。この狂気は割と癖になる要素なので、当然3期があるなら喜んで観たいと思いますよ。原作ストックってどれくらいあるのかしらね。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター