忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4026] [4025] [4024] [4023] [4022] [4021] [4020] [4019] [4018] [4017] [4016]

「ニセコイ:」 5→5

 今シーズンもつつがなく。これでいいのだ。

 2期開始時に想像していた通り、1期よりも更に穏当な出来になっている。「穏当」ってのはシャフト的演出がどぎつい方向に向かわず、どんどん普通のアニメになっていることを表している。元々大して中身がある作品じゃないのでシャフトお得意の引っかき回し方には向かないし、そうしたデコレーションを必要としていない作品なので、自然と原作のテイストに寄っていくのは当然のこと。そして、別にそれは悪いことではない。どれだけ普通と言っても「シャフトはシャフト」なので、それなりに自己主張をしつつ、数多の原作ファンに怒られない程度にアニメを陰から彩るだけである。

 2期に入ってから「穏当な」出来になっていった理由はもう1つあって、ストーリーが進むことでキャラが増えたり、描く要素が増えたことで、自然と「それで足りる」ようになっているためだろうという気がした。ぶっちゃけ、アニメ見てても、現在の原作をリアルタイムで読んでてもほとんど代わり映えしないその圧倒的「変わらなさ」は恐ろしいくらいだと思うが、それでも一応、作中で時間軸は進んでいる。それがはっきりと分かるのはキャラクターの数で、今回のアニメでは主に春ちゃん、そして千棘の母親の華さんなど家族が増えた。これにより、単にエピソードを追いかけるだけでも充分賑々しく、話を進めることが出来るのである。個人的には春ちゃんの登場が一番大きなトピックですかね。いや、そりゃもちろんあやねるの仕事も立派なもんだけど、彼女のおかげで小野寺家の描写が増えたからね。小野寺母の出番も増えるからね。そういうこと。

 結局、この作品の見方は「誰が好き?」っていうのを決めてやわやわとヒロインの戯れを見るのが正しいわけですよ。そういう意味でシャフトの大崩れせずに適度な崩しを入れてくれるデザイン性はやっぱり今作に向いているのかもしれません。

 最終回は千棘回で幕を閉じたわけですが、僕はちゃんと途中でるりちゃん回(舞子回?)があったので不満は無いです。エンディングテーマも良かったし。あ、でも原作にあったるりちゃんのおじいちゃん回までは見たいな。原作持ってないから覚えてないけど、あれってどれくらいアニメが続いたら観られるんでしょうね。3期はあるのかなぁ。あるとして、羽先生が登場したらキャストは誰になるのかなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター