忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4045] [4044] [4043] [4042] [4041] [4040] [4039] [4038] [4037] [4036] [4035]

○「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」 5

 おっ、「生徒会役員共」の3期目が始まったのかな?! ……まぁ、大体同じやろ。

 タイトルからして「そういうラノベ」だってことは一発で分かるようになっている親切設計。事前に放送していた中の人による特番で作品の中身は大体把握。あとはどの程度の攻め姿勢になるか、っていうのと、ギャグとシリアスのバランスがどうなるか、っていうのが気になるポイントだった。まず、こうして「世界の常識の一部が変わっている」という世界設定を起点にするラノベ(というか創作全般)は非常にデリケートな問題がある。それは、「いや、その要素が変わってしまったら、世界の変化はそんな小規模で済むはずがないやろ」という、世界の在り方のリアリティの問題。そのあたりについて全く無頓着だったおかげで世界観がボロボロになっていたのが「RAIL WARS!」あたりだし、「もう少し考えればそうはならないって分かるんじゃ?」と訝しむことしか出来なかったのが「魔法科高校の劣等生」あたり。作品世界なんてものは作者が自由に作りあげるものなのだから、「この作品ではこうなんだよ!」と言われてしまえば文句も言えないのだが、やはり「適当に思いつきで世界を1つ作れるほど甘くない」ということは肝に銘じておく必要がある。

 そうした偏狭な視点から見ると、やはりこの世界もおかしい。「下ネタ」の定義が分からないし、抑圧されるという過激な動きがあったとしても、どう考えても「こういう」世界にはならない。仮に日本がこのまま児ポ法を悪い方向にどんどん進めていって規制が進んだとしても、少なくとも青少年達に首輪をつけて発言を統制する世界にはならないし、そんなことをする意味は全く無い。「そういう常識の世界なんだよ」と言われればそれで納得するしかないが、人間存在が生殖と切っても切れないものである限り、やはりこの世界の下ネタ云々の設定には無理があるだろう。

 でもまぁ、そんなことをしかつめらしく考えることに意味が無い、っていうのはすぐに分かることで。うん、やっぱり「生徒会役員共」なんだよ。とにかくそういう単語が言えれば幸せ、っていう人たちのものなんだよ。実際、ちんこまんこ言ってれば楽しいっていう文化は確実にあるわけで、下ネタが盛り上がるトークの鉄板、っていう文化形態は間違いなく存在している(ボクだってそうだもの)。そういう「単に言いたい、言ってるだけで何か楽しい」を存分に楽しむために作られたのが「生徒会役員共」であり、この作品なわけだ。純然たるエロ作品ではまかなえない不思議なニーズっていうのは、いつの時代も変わらないものだからね。実際、今作のメインヒロイン綾女さんの活躍は、見ているだけで割と楽しいものなのである。パンツ被ってることには全く意味がないのだが、それだけで「あぁ、馬鹿だなぁ」としみじみ出来るっていう。この方向性、この潔さは、今後も充分楽しめるものになる気がしますよ。

 まぁ、だからといって1話目がすげぇ面白かったかと言われると特にそういうわけでもないのだが……BDの売り上げ向上のためだろうけど、割とピー音が多めに入ってて何言ってるか分からないのがちょっと辛いわね。「光を入れて作品が見えなくなるくらいならやるな」というのがボクの基本的な主義主張ですので、今作における音声の聞き取りづらさはやっぱりマイナス要因になります。でもまぁ、そこは商品としての性質上しょうがないんだろうね。アニメーションとしての質は平均か、やや上くらいを維持しており、特に綾女さんの活き活きした表情なんかは、見ているとこちらまで元気が貰えそうである。これ、キャラデザが藤井昌宏氏なんだね。なんだか久しぶりに見る気がするし、初見で全然気づけなかった。このままのクオリティでドタバタと賑やかなアニメが続くなら、これはこれで楽しみな作品かもしれません。

 中の人については、特番でもフル回転でガンガンぶっ込んでいたが、とにかく石上静香の好演が光る。この人は音域が割と好みなので前々から活躍してほしいと思っていた人だが、主役デビューが「ダイミダラー」、さらにこんな作品でも白羽の矢が立つという……なんか、持ってますね。素敵です。相方を務める小林裕介も、必ず女性に振り回される役を任されるあたりは流石だと思います。その他、生徒会長には「ピュアで清楚な」まつらい先輩。そして謎の科学部員に後藤(弱)さん。うーむ、なにこの完璧な布陣。まつらいさんはまたおっぱい大きい役だよ。よかったね! そして、生徒の中で一人喘ぎ声を上げているのが小倉唯ちゃんだったんだけど、あれ、なんだったんでしょうね……。

 さらにエンディングを歌ってるのがすみぺだったわけだが、この曲、番組曲じゃなくてあくまでタイアップ扱いなのかよ。えーと、んーと……なにしてんの?

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター