忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4049] [4048] [4047] [4046] [4045] [4044] [4043] [4042] [4041] [4040] [4039]

○「赤髪の白雪姫」 6

 読売のMANPAで始まった作品、しかも一目見て少女漫画っぽいと分かったので、「緋色の欠片みたいな枠かな、適当に見れば……」と思ったら、監督のクレジットに安藤真裕が出てきたのでいきなり正座をするという。そういう作品。

 しかも、原作は「LaLa」に掲載。つまり、私と相性が良いことで(私の中では)有名な白泉社作品である。作品としての流れも「それでも世界は美しい」→「暁のヨナ」→「コレ」と綺麗な流れにのっており、すげぇ適当な理由ながらも期待はしてしまうのである。その他にも「はやみん主役で赤髪ってめっちゃ珍しい」とか、色々と期待を寄せる要素は多い。

 1話目の導入は本当にいかにもな少女漫画風であり、そういう意味では「それせか」が一番近いだろうか。無礼な呼び出しをかけてきた王子の方は全力でお断りだけど、成りゆきで出会ってお世話になっちゃった王子の方にはコロリといくのはどうなんだ、とは思うが、それが人柄ってもんだからしょうがない。出会いの妙なんてのはそういうもんだ。多分福山王子の方も決して面相は悪くないのだろうが、性格があれじゃどうしようもないわな。メインヒロイン白雪の性格は「それせか」のニケほど気丈でもなく、ヨナほど素直というわけでもない中間地点くらいだが、決して鼻につくような言動はしていない。男連中の方は王子様が「家庭の事情で毒は効かないんだ」ってどこぞの殺し屋ファミリーの男の子みたいなドヤ顔してたのが気になるが、特にイラッとするような要素もない。つまり、この2人がくっつくまでの成りゆきを見守るのにそれほどのストレスは感じない。まー、ニケ×リビのカップルやヨナ×ハクのコンビのように応援できるかどうかはまだ分からないが、1話目を見る限りでは大丈夫なんじゃないかと思う。

 あとは安藤真裕×ボンズというタッグを堪能するだけだ。この組み合わせは「絶園のテンペスト」と同じものだが、まぁ、どこのスタジオだろうと安藤監督の手の込んだ画作りに間違いはないよ。1話目も、あまりに急な展開だったのに駆け足になっている感じは殆どしないし、要所での止め絵の見せ方などは相変わらずのもの。動画部分でもスタッフの気合いが入っているようで、格闘シーンの無茶苦茶な振り切れ方は少女漫画には勿体ないくらいのものである。是非とも、私の信頼する白泉社との関係性をこのまま保ち続けてほしいものである。

 中の人については……はやみんで赤髪って珍しいですね(2回目)。今回はテーマソング歌唱も担当しており、引き続きはやみん天下は続く様子。良いキャラに育ってほしい。残りはまだどんなキャラが出てくるか分からんけど、逢坂君はいつも通りだな。あとお付きの女性が名塚佳織の渋めのキャラってのも面白い。あんまり聞かないテイストのかもさんだ。どんな展開になるのかしらね。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター