忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4541] [4540] [4539] [4538] [4537] [4536] [4535] [4534] [4533] [4532] [4531]

「最弱無敗の神装機竜」 4→4

 いつも通りだよ! まぁ、これはこれでいいんじゃないでしょうか。ラノベレーベル各社は、毎シーズン談合して、1クールに1本ずつ放送するくらいに調整すれば、世界に不幸なつぶし合いも起こらなくなるんじゃないでしょうかね。

 ぶっちゃけ、特に悪いところはない。ラルケ製作ってことで「機巧少女は傷つかない」と非常に似たイメージの画面ではあったが、大きく崩れることも無かったし、機竜のCG戦闘もとり立てて目新しさは無いが無難な出来。これくらいのデザイン性では「綺麗な画面」と褒められるようなこともなくなってしまったが、安定していたことは美徳だと認めてもいいだろう。実は意外に各ヒロインの描き分けも出来ていたし、画面だけを見ていれば、昨今のラノベハーレムの中でもよく出来ていた方なのかもしれない。

 ……でも目を引かないよね……。しょうがないんだ。こればっかりはこの作品が悪いわけではない。現代ラノベアニメの風潮が悪い。まぁ、そんな中でこれをアニメ化したことが悪いと言えなくもないが……ストーリーの中で何一つ引っかかるところがなく、全ての要素がところてんのようにスルスルと胃の腑に落ちていく。消化も大変良くカロリーもゼロ、一服の清涼感だけを残して去っていく。後に残って身になりそうなものは特にない。うーむ、清く正しき大量生産アニメではあるのだが……やっぱりこう、もうひとつ頑張りがほしいところではあるよなぁ。見飽きた修学旅行のコースをパック旅行で見せられてるようなもんでなぁ。あらゆる展開が「それ知ってるヤツ」だしなぁ。別にサザエさんとかドラえもんでこのクオリティなら申し分ないんだろうが、わずか1クールで去っていく単品タイトルなんだから、もう少し爪痕を残して去ってほしいと思うのは贅沢なんだろうか。

 まぁ、個人的には「現代の若手女性声優の名鑑」として的確に役割を果たしてくれていたからそれはそれでいいんですけどね。本当に、誂えたように揃っている最近の主力選手たちの顔ぶれは、「今日から現代声優について勉強したい人は、とりあえずこのキャスト表を覚えてくるように」みたいな安心感がある。そんな中でメインヒロインを務めたのがLynnというのは意外だが、最終的に姫様のスタンスってあんまり得した感じがしなかったので残念ではある。大抵こういう作品ってサブヒロインの方がメインエピソードが多いから美味しい役回りになるのよね。個人的に推しキャラとしてあげたいのはダントツでクルルシファーさん。藤井ゆきよの低血圧な演技もドはまりして、非常に妖艶で格好良いキャラになっていた。あとは取り巻き三人娘が結構好き。ゆーみんとしーたむのガヤっぽさ、圧倒的サブキャラ感がたまらん。

 そして、今作で収穫だったのは、「主人公のCVが女性キャストだと一気にヘイトが下がるな」という発見があったこと。田村睦心による主人公・ルクス。典型的なラノベ主人公であり、彼こそが最大の「なんの引っかかりもないキャラ」なのだが、多分松岡・逢坂あたりを当てていたら「ハイハイ、いつものヤツいつものヤツ」って気分になっただろうが、むっちゃんによる「女装主人公」はなんか変なツボに入ってちょっと面白かった。ん? 単に女性声優が好きなだけだろうと? まぁ、そうかもしれん。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター