忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2968] [2967] [2966] [2965] [2964] [2963] [2962] [2961] [2960] [2959] [2958]

「ドキドキ!プリキュア」 5→5

 とにかく1年間お疲れ様。まずはそこだ。特に今作の場合、主演のナバが色々と思いをかけながら頑張っていたこともあって、まず真っ先に彼女の1年間にお疲れ様を言いたい。いや、これまでの歴代戦士たちも頑張ってたわけですけどね。

 今作の最大の特徴といえば、なんと言っても主役であるマナの扱いである。プリキュアといえば、初代が「2人は」と題されていたことからも分かる通り、「たった1人の主人公」の作品ではない。私がしっかり見られたのはここ数作であるが、去年のスマプリは本当に5人が等しく「主役」であるところをキュアハッピーが締める、というポジショニングだったし、「スイート」はメロディの比重が比較的高いが、後から追加されたビート、ミューズには、それぞれメイジャーランドでの過去を巡っての物語が別軸として用意され、「2人+2人」の構成という印象だった。その前のハトプリはえりかの存在感のおかげでやはり「2人」だ。

 しかし、今作は本当に「マナのための」プリキュアであり、「マナによる」プリキュアという絶対的な位置取りが特徴的であった。一応サブを務めるのは六花ということになるのだろうが、彼女のマナへの思いと、脇を固めるありす、真琴の愛情に大きな差があるというわけではない。メンバー全員が、等しく「マナのため」を思い、献身に献身を重ねたプリキュアだった。追加された亜久里とレジーナも、最終的に「プリキュアの正義」ではなく「マナの正義」に引き込まれることになったことからもそれは分かるだろう。ここまで「1人」を軸にしたプリキュアというのは、改めて見ると本当に新機軸だったのではあるまいか。ちょうど、去年の「スマプリ」がゴレンジャーだとするなら、テーマ的にも、「ジャッカー電撃隊」におけるビッグワンみたいなもんである(まぁ、マナはハートだからポジションは違うんだけど)。ってことは、来週から始まる「ハピネスチャージ」はバトルフィーバーになるってことか?(ならない)

 そんな「1人のためのプリキュア」という構図は、1年という長丁場を考えると、良い点も悪い点もあったと思われる。まず、良い点としては、物語の構造が非常にシンプルにまとまり、適正な対象である小さい子供に見やすかったであろう、ということ。絶対正義、涙を見せないマナという存在は、明確にヒーローとして憧れるのに最適な存在であり、「正義のストーリー」として非常に骨子がはっきりしている。悪の組織にしても、マナたちの存在のおかげで最後まで「悪」を貫き通した存在はほとんどおらず、ジコチューもあくまで人間の一側面でしかなく、それぞれの思いによって良くも悪くもあるのだ、という結末も、マナの誇示する「博愛」を無難にまとめた結果と見える。単なる「押しつけの正義」ではなく、「意志を持って自分と回りの世界に思いを巡らせて、初めて正義も悪も現れるのだ」という論説は、情操教育としても含蓄に富んだものであろう。まぁ、そのせいで多少マナの「正義」は強すぎるものにもなってしまったが……それくらい分かりやすい方がいいからね。

 もちろん、その結果現れる難点としては、マナに依存しすぎるがために、他の部分がおろそかになりやすいということである。終盤になるとジョナサンの出番がほとんど無くなり、結局トランプ王国の未来が大丈夫なのかどうかがよく分からなくなっていったし、徹底的にサポートに回されたため、六花、ありすあたりの物語はちょいと弱め。5人全員に平等に活躍してもらう必要は必ずしもないだろうが、出来ることなら「マナを介して」ではない2人の物語ももう少し見てみたかったかもしれない。

 でもまぁ、個人的には「見やすさ」の方が勝っていたんじゃないかな、というのが最終的な評価である。レジーナを巡る問答無用の「愛」なんて強引極まりないのに無理矢理ねじ伏せられてしまったし、作中で一度たりとも迷いを持ったことが無いというマナのその強さは、これまでにない、独特なプリキュア像を作り上げたんじゃないかと思う。他のキャラのサイドストーリーがやや弱いとは言っても、「マナとの関係性」においてはみんなががっつりと描かれていたわけだし、「女の子の友情物語」としてはかなりの高密度である。アイドルに憧れるのと同じように、憧れられるプリキュア像としては、1つの完成形じゃなかろうか。まー、大きなお友達の目から見たら誰が一番人気なのかは分かりませんが。今作はねぇ、個人的にはなかなか優劣がつけられないんだよね。マナを別にしたとしても、ちょっとクレイジーなレベルでマナを愛する六花の姿も素晴らしかったし、静かな狂気を臭わせるありすの存在感も馬鹿に出来ない(最終話の巨大ランスとか凄かった)。最初は中の人のおかげでちょっとビハインドがあったまこぴーも、あまりに阿漕な天然キャラで確実にポイントアップしてたし……あ、亜久里は小学生なので別枠とする(良くも悪くも)。誰か1人選べと言われたら……ダビィかなぁ……。

 というわけで中の人ですが、個人的には最近どっぷりはまっているせいでダビィ&DBの中の人、内山夕実の声が毎週聞けるのが楽しみでした。裏番組である「ダイヤのA」は毎週出るわけじゃないから。あと、ジコチュー側の3人のやりとりも好き。すげぇ贅沢なキャストだったしね。回を重ねるごとにどんどんお茶目になっていくベールが良い。海賊王と少佐とケロン人が力を合わせた敵軍とか、よく倒せたもんやで。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター