忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3811] [3810] [3809] [3808] [3807] [3806] [3805] [3804] [3803] [3802] [3801]

「アブソリュート・デュオ」 4→3

 さぁ、ラノベアニメ最終回ラッシュの時間だよ! 出会いがあれば別れもある。惜しむ別れもあれば……ホッとする別れもある。今期は怒濤の「区別がつかないラノベラッシュ」があったわけで、当然「区別がつかないラノベ最終回ラッシュ」もあるわけなのです。そんなラッシュの中で、本作はどんな位置取りになっただろうか。

 一言でいうなら「残念」である。個人的には視聴モチベーションは完全に「ヤーちゃん役ののじょさん頑張れ」だったんだけど、あの子あんまりしゃべらないからなぁ……結局ハーレムアニメになるから、正妻ポジションのインパクトもそこまで強くないし。そもそも「デュオ」っていうシステムのおかげでどこをどういじってもユリエが不動のパートナーであることは疑いようもなく、他のハーレムラノベみたいに恋のさや当てで物語が膨らまないんだよね。そりゃま、途中で告白して振られたヒロインの1人がヤンデレ化するなんて事件もあったけども、元々主人公にそこまでやる義理もないし、ヤンデレ状態もそんなに大事件にいたらずに収束しちゃうし。もう少しみやびちゃんたちの百合関係が強く出ればラストの達成感も違ったのだろうが、基本的なシナリオ回しは中の下である。

 そして、そんな中の下ポジションを更に下げるのは、何と言っても作画のショボさ。特徴的なオープニング映像なんかで期待を呼んだ部分もあるにはあるのだが、それが作中のクオリティには繋がっていない。1話時点で「なんか作画のディティールが適当過ぎないか?」って思ってた部分がモロに悪い方に進んでしまい、櫻井が引き連れる謎のパワードスーツ軍団とかシュールなレベルで世界に溶け込まないCGモデルの量産機がギャグにしかみえなかったし、顔だけ出てる状態の雑コラ感、それが手描きパートとバトルするときのカクカクした救いようの無いモーションなど、「CGが売りだったはずのエイトビットがこんなもん作るなんて」というショックが大きかった。エロパートで巻き返そうという意気込みはあったのかもしれないが、もう、そんなもんは求めてないのよ。このアニメだけで見られるセールスポイントってなんだったんだ、って話。強いて良かった点を上げるなら…………なんか円卓会議みたいなお偉方の集まりがあったときのキャストクレジットが笑える、っていうことぐらいかな。こういう世界の二つ名って、お互いが考えてつけてあげる文化なんでしょうかね。怖いわ。

 中の人については、まぁ、のじょさんは頑張った。「山本希望主演作品」っていう看板があればこそ、最後まで視聴が継続出来た部分は大きい。あと「先生役」という年相応の部分でやまなこの2人が楽しそうにしてたのはほっこりする。エイトビット製作アニメだと田村ゆかりが謎ウサギにならなきゃいけない決まりでもあるんでしょうかね。

 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター