忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4058] [4057] [4056] [4055] [4054] [4053] [4052] [4051] [4050] [4049] [4048]

○「青春×機関銃」 5

 何の予備知識も無い状態で視聴。オープニングが流れ、歌唱が「前野×松岡×みかこし」というトリオであることが分かる。「んー、女1の男2ってことはそういうラブコメかしら? ってことはちょっと苦手なタイプかなー」とか思っていたが、冒頭、主人公の立花が襲い掛かる不良を思いきり返り討ちにするシーンで割と引かれた。いい動きしてる。意外に、悪くないかも。

 原作はGファンタジー連載ということで、ここからどっち方向に進んでいくのかは正直想像がつかない。今、Gファンってどういう層が主な読者になってるんだろう。どうしてもCMのおかげで「黒執事」あたりのイメージが強いので、やっぱり私はメインターゲット層から外れてるんだろうな、っていうイメージではあるのだが、もともと「ぱにぽに」の雑誌やしなぁ。予断は禁物か。1話目では、主人公の男勝り女子がまさかのホストにほだされるというところからスタートする。「サバゲが趣味のホスト」っていう時点でキャラとして色々と謎ではあるが、確かにそういうホストがいたっておかしくないよな。ボクの持ってる「チャラくて信用出来ない」ホスト像なんてあくまでも妄想の産物でしかないわけで、私なんかよりもよっぽどコミュニケーション能力が高く、むしろコミュニケーションの化け物といえるのがホスト。だったらその人がコミュニケーションゲームとしてサバゲーを嗜んでいてもおかしくない。純粋に銃が好きなのだって、男の子の証である。なんだ、すごく普通の設定じゃないか。どっちかっていうとメインヒロインの男勝りな人物像の方がよっぽどファンタジーである。そういう目で見ると、だんだん立花が異物に見えてくるな。

 ここ最近、立て続けに「サバゲ」が主題のアニメが作られていたが、「C3部」「さばげぶっ」に共通するのは、どちらも女の子だけの「萌えサバゲー」であったこと(まぁ、どちらも萌え要素からはほど遠い結果になったが……)。それに対して、今作は参加者の中にたくさんの男性が含まれているだろうし、純粋な身体能力でもってサバゲに挑もうとしている部分が逆に新鮮。もちろん、そこに男2女1のラブ要素も絡んでくると思われるが、立花がホストに籠絡される様は正直あまり見たいと思える要素ではないので、出来たらサバゲを延々やるアニメになれば楽しめる……うーん、ムリダナ。ギャグ方向になにか吹っ切れてくれればいいんだけど。

 ひとまず、1話目のバトルシーンは大雑把に勢いがあってなかなか楽しいものになっている。流石に立花のスペックが無茶過ぎる気がするが、多分今後のサバゲ展開で彼女の身体能力が活かされるお話になるのだろうし、男と対等に戦っていく上では必要な描写なの……かな? 個人的に、「強いと自負していた男勝りな女の子が結局男の策略に負けて屈辱的な命令を出される」という設定の時点でもう汚れた心がどうにもならないので、新堂エルあたりに助けてもらわないと平静な心で今作を見られない気がするよ。ほら、だってCVみかこしの時点でかなりのチョロインなわけで……。これから一体どんなひどい目に遭うのでしょうね。ホスト相手に対等に戦いたいなら、藤岡ハルヒさんくらいの強い芯を持った女性でないとなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター