忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4055] [4054] [4053] [4052] [4051] [4050] [4049] [4048] [4047] [4046] [4045]

○「モンスター娘のいる日常」 6

 春クールは謎のケモっ子シーズンとなっていたわけだが、夏になり、人間が開放的になると、更に上に向かうようです。最近流行りの(??)人外萌えの代表作の1つである。

 原作は少しだけ既読。確かどっかで1巻だけ読んだ気がするけどあんま覚えてない。「なるほど、これは良いものだ」と思った記憶はあるが、購入するまでには至っていないってことだ。まー、言ってしまえば非常にベタなラブコメではあるからね。私の知り合いにいる「うっかりケンタウルス娘抱き枕を買ってしまう」みたいな人種とはちょっと違うので、そこまでダイレクトに響くわけではない。いや、Zトン絵も良いと思うけど。あくまで「抵抗なく受け入れられる」だけであって、「そこに焦点を絞って嗜好したい」わけではないんです。決して。

 世間的にはどうなんでしょうね、こういう人外ものって。そりゃまー、脳姦とか食人とかまでいっちゃうと私のキャパを超えるわけですが、一応やってることはまっとうな人間同士のソレと大して変わらないし、むしろ今作は「生物学的にもなるべく『らしい』ディティールで描いてやろうぜ」っていうのが元々の始まりなわけで、下手したらソフトタッチの「エロコメ」よりもエロい要素は多いのではなかろうか。「形が違う」ことなんて、昨今のアニメにおけるヒロインの属性細分化の流れの中ではごく自然なものであるし。「ツンデレ」「巨乳」「ケモ耳」「下半身が蛇」。ほら、大して変わらない。(?) ま、これより上のレベルになってくるとしんどくなってくるんだろうさ。

 そんなわけで、個人的には割と楽しみだった作品。監督は何とこれまた「人外」アニメであった「むろみさん」を担当した吉原達矢。これもなんかのご縁なんでしょうかね。製作がラルケってのは意外であるが、今期は「乱歩奇譚」と同時進行で大丈夫なのかどうかは分からない。製作には「ラルケ×セヴァ」っていう連名がクレジットされてるけど「セヴァ」が何なのかもやっぱり分からない。そういう部分は少し怖くもあるのだが、少なくとも1話目では心配するような部分は無かった。主人公がフルパンチする動画なんかは最大の見せ場という意識を持っていたようなのでなかなかに決まってたし、悪くないんじゃないでしょうか。そして、個人的にポイントが高いのは、最低限の修正できっちりエロさをアピール出来る画作りですね。そりゃま、要所要所で修正は入ってるけど、ほぼ視聴の邪魔にならない程度で、ソフトにぼかしながらも、最大限に色っぽさを見せる構図が考えられている。結局この手の作品は「ヒロインが可愛く見えてナンボ」なわけで、こういうところで努力を怠らずに満足いくものを見せてくれるのは嬉しいものである。そういうわけで、今後もゆるゆると続いていくと思われるが一応期待はしておく。

 キャストについては、1話目はミーア無双だったので雨宮天の印象しか残らないわけだが、この子も小器用になんでもこなすので文句のつけようが無い。引っ張りだこになるのには理由があるわけでね。その他に、今後も続々ヒロインは追加されるだろうから、次なる異形がどのようなキャラとして出てくるのかを楽しみにしていよう。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター